auスマホ SIMロック解除のやり方。解約後の条件(2018年末版)

未分類

大手キャリア、格安MVNO業者どちらに乗り換える場合にせよ同じ機種を引き続き使用する場合はSIMロック解除を行う必要があります。

auで利用している機種をSIMロック解除する場合はauショップで行うか、パソコン・スマホ上から行う必要がありますので、その方法をご案内します。

方法1 auショップで行う方法

auショップに来店しSIMロック解除を行う場合は、後述する条件を満たしていればSIMロック解除が可能です。

事務手数料として3,000円かかる事と、au STARパスポートで来店予約をしておかないと受付に時間がかかるのが難点ですが、操作に自信が無い人にオススメです。

ちなみにこの手数料は店頭では支払わず、店頭で申し込んだ月の翌月に通信料金と一緒に請求されます。

SIMロック解除の手続きには、SIMロック解除を行いたいスマホ本体と本人確認書類が必要ですので忘れずにご持参下さい。

方法2 パソコン・スマホから行う方法

パソコンやスマホからMy auにアクセスする事でSIMロック解除をする事も可能です。

店頭で行わないので3,000円の手数料はかかりませんので、料金を節約したい人や操作に慣れている人にオススメです。

以下のURLから『SIMロック解除のお手続き』の項目にアクセスして、手続きを行ってみてください。

参照URL:au公式サポートページ

注意点としてSIMロック解除を行う場合は時間制限があり、朝の9時から21時30分までが受付時間です。

それ以外の時間帯では受付ができませんので注意が必要です。

SIMロック解除を行える条件を抑えておこう

SIMロック解除はどの機種でも、どんな人でも行えるものではなくSIMロック解除をするには条件があります。

  • 2015年4月23日以降に発売されてSIMロック解除に対応している事
  • 契約者本人が購入している事
  • SIMロック解除する機種がネットワーク利用制限中でない事
  • 機種を購入してから101日目以降である事
  • auを既に解約している場合は解約した日から100日以内である事

以上の5点の条件を全て満たす事がSIMロック解除をするために必要となっています。

ただし機種を購入して101日以内であっても以下の条件であれば、100日以内でもSIMロック解除が可能となります。

  • 機種を一括払いで購入している場合
  • 今回SIMロック解除する回線で過去にSIMロック解除しており、且つ前回のSIMロック解除から101日以降の場合

auはau購入サポート等、分割支払いでのみ受けられる割引やサービスがあります。

そのサービス適用中は、購入してから100日以降でないとSIMロック解除が出来ません。

逆にSIMロック解除が出来ない条件とは?

SIMロック解除の条件を満たしている場合でも唯一SIMロック解除ができない条件があり、それはSIMロック解除をしたい回線の料金を滞納している場合です。

もし料金を滞納している場合は、料金を支払って確認が取れた後に手続きとなります。

またSIMロック解除する機種が故障中の場合も、修理完了後に手元に戻ってきてからSIMロック解除が出来るようになります。

解約してからSIMロック解除する場合は期限切れに注意

最後にSIMロック解除を解約後に行う場合は100日以内に行う必要があります。

解約後100日以上経過している場合は、My auでもauショップでもSIMロック解除ができなくなり他社のSIMカードを挿しても使えません。

他社でも同じように解約後のSIMロック解除の期限が決まっておりますがauも例に漏れません。

解約後の機種を使うならばSIMロック解除を事前に行うか、解約後に忘れずに行って下さい。