海外でスマホを安く使う方法はデータ定額が定番!

未分類

海外でスマホのネット通信を使う場合は、出発前や到着後に設定を行う必要があります。

そのまま使える機種もありますが、何も設定せずに使用すると、通信量等で料金が跳ね上がってしまう可能性があります。

今回は大手三社の海外でのスマホの設定方法をまとめました。

auのスマホを海外で使うなら世界データ定額

auのAndroidスマホを使っているなら、世界データ定額アプリを使います。

適用条件:データチャージオプション(無料)に加入している事
月額料金:無料
アプリ利用時の料金:24時間で980円
利用可能国数:150国以上
入手先:au Market

このアプリの特長は
・海外で一日中データ通信を使っても最大980円
と、言う点でしょう。

更に店頭やお客様センター等で、無料で登録できるau STARに加入していれば、一日分が毎月一回利用できるメリットがあります。

その為、海外に弾丸ツアーで行く場合、やろうと思えば、海外の通信は世界データ定額アプリのau STAR無料分だけで済ませて、後は機内モードで一切通信費をかけない…といった強引な事も可能です。

他にも国内で設定する事、海外に到着後に設定する事がアプリ上で分かりやすい為、auのスマホを海外で使う場合は、このアプリは必須となっています。

docomoのスマホを海外で使うならパケットパック海外オプション

docomoのスマホの場合はパケットパック海外オプションとなっています。

適用条件:WORLD WINGの契約+SPモードの契約+パケット定額サービス加入済み
月額料金:無料
アプリ利用時の料金:24時間で980円
利用可能国数:205国以上
入手先:ドコモ公式HP

料金等は既に案内しているauと、実はかなり似通っているのが分かります。

適用条件がたくさんありますが、パケット定額サービスやSPモードはdocomoのスマホ契約にはほぼ必須ですし、WORLD WINGも無料且つ店頭やお客様センターで契約可能なので、適用条件を満たすことは非常に容易です。

Softbankのスマホを海外で使うなら海外パケットし放題

SoftbankのAndroidスマホの場合は海外パケットし放題となっています。

適用条件:無
月額料金:無料
アプリ利用時の料金:24時間で最大2,980円
利用可能国数:150国以上
入手先:海外パケットし放題サポートアプリはPlayストアから入手可能

大手三社の内、唯一料金が高くなっているのがSoftbankです。

段階製の料金設定となっており通信料が

・990KB未満で\0~\1.980
・990KB以上25MB未満で\1.980
・25MB以上で\2.980

の三段階で料金が変わりますが、最初の990KBは少しのネット閲覧であっさりと超える為、実質\1.980~\2.980と見ていいでしょう。

料金は高い分、必要なアプリや契約等は無く、スマホのデータローミングをONに設定するだけで、自動的に海外パケットし放題が適用されるのが特長です。

もし設定が分からなければ空港の店舗で聞いてみよう

ここまで海外で利用する場合のデータ定額サービスをご案内しましたが、どうしても公式ホームページ等を見ても分からない…というのであれば、それぞれのキャリアの空港で聞いてみるのも一つの手です。

au、docomo、Softbankの三社は、それぞれ主要空港に店舗を設置しているので、出発前に設定のアドバイスを受けるのもアリです。

ただし、空港という立地上、店頭の混雑が予想されます。もし出発前に店頭に寄るならば、早いうちに来店すべきです。

三社の空港での店頭を記載した公式ページは以下の通りです。
au|指定カウンターのご案内
NTTドコモ|国内空港でのサポート
ソフトバンク|国内用・海外用 レンタルWiFi・SIM空港店舗

Wi-Fiを使うなら敢えて機内モードにしたままでも可

渡航前にデータ定額の設定をするのは、三社共に共通ですが、宿泊のホテル等に無料Wi-Fiがあり、それを使ってネットをするなら、データ定額の設定をせずに、渡航先はWi-Fiで通信を行うという方法もあります。

Wi-FiにつながっていればLINEやSkype等の無料通話が出来るので、国際電話の番号や、ネットの使用料も気にする必要がありません。

もし渡航先のWi-Fiのある環境でしかスマホをネットにつながないなら、敢えて機内モードのままにしておき、Wi-Fiがつながる状況になれば解除する手もありでしょう。

海外でパケ死を絶対に避けたい

「たった1日しか使えないのに980円とか高すぎないか!?」

と、思うかもしれませんが、海外で通信を使う場合は、auの回線を使えないので海外の事業者を経由するので、当然料金は高くなります。

一例ですが、docomoのスマホでパケットパック海外オプションを使わない場合、1KBで1.6円と算出されています。

スマホで写真を一枚撮影すると、おおよそ2MB(2000KB)程と考えると、LINEで写真を一枚送るだけで3200円以上かかる訳です。

キャリア側でもオススメできないと公開する程なので、海外に行く場合は、必ずデータ定額オプションを利用するようにしましょう。