2018夏モデル「Xperia XZ2」はどう変わった?XZ1と比較

Xperia XZ2 最新機種情報

ドコモ、au、ソフトバンクから2018年夏モデルとして登場する注目の機種「Xperia XZ2」

この記事では、Xperia XZ2とXperiaXZ1の違いや特徴、各社で販売する機種代金について紹介しています。

Xperia XZ2はドコモ・au・ソフトバンクから5/31発売開始!

ディスプレイサイズの変化はあるものの長らく見た目の変化がなかったXperiaシリーズでしたが、今回のXZ2は背面にカーブを描いた曲線デザイン。

本体色はリキッドシルバー、ディープグリーン、リキッドブラック、アッシュピンクの4色。

今までメタル素材だったボディも強化3Dガラスとメタルフレームの採用で今までと大きく印象が変わっています。

ディスプレイは期待されたベゼルレス(枠ブチなし)ではありませんが、XZ1と手に持った大きさはほぼ同じで、一回り大きい5.7インチとさらに大きいディスプレイとなっています。

Xperia初のワイヤレス充電に対応、XZ1のバッテリー容量2700mAhからXZ2では3060mAhにアップ。

ゲームや視聴映像に合わせて振動する「ダイナミックバイブレーションシステム」は、PS4のコントローラー”デュアルショック”を彷彿させます。

CPUの機能も大きく向上しているのでよりスマホゲームの醍醐味を楽しめる仕様なのはさすがソニー!というところですね。

前期モデルXZ1とXZ2の主な機能を比較

どこが変わった?XZ1とXZ2スペックの違いを比較

XperiaXZ2 XperiaXZ1
OS Android 8.0 OREO
ボディ素材 3Dガラス+アルミフレーム アルミ素材
重さ 198g 156g
CPU Snapdragon845 オクタコア

2.8GHz x4+1.8GHz x4

Snapdragon835 オクタコア

2.45GHz x4+1.9GHz x4

メモリ 4GB
ストレージ 64GB
対応SDカード microSDXC 最大400GB対応 microSDXC 最大256GB対応
バッテリー容量 3060mAh

ワイヤレス充電Qi対応

2700mAh
ディスプレイ 5.7インチ(2160×1080) 5.2インチ(1920×1080)
本体サイズ 72mmx153mm 73mmx148mm
指紋認証認証 背面に設置 右側(電源ボタン)に設置
イヤフォンジャック なし あり

残念な点としてはBluetooth推奨によるイヤフォンジャックがなくなっています、最近のスマホの傾向ではありますが、ワイヤレスイヤホンのバッテリー切れの時困るんですよね。タイプCからの変換アダプターは付属しています。

Xperia XZ2 ドコモ、au、ソフトバンクの月額は?

現在発表されている機種代金をご紹介します。

ドコモ au ソフトバンク
本体代金 分割x24回 月額3,591円×24回(86,184円) 月額3,960円×24回(95,040円) 月額4,280円×24回(102,720円)
月額割引 -2,295円x24回(-55,080円) -1,656円×24回(-55,296円) 新規、機種変更は-1,800円×24回(-43,200円)
MNPは-3,600円×24回(-86,400円)
実質月額 実質1,296円x24回(31,104円) 実質1,980円x24回(47,520円) 新規、機種変更は2,480円×24ヵ月(59,520円)
MNPは680円×24回(16,320円)

ドコモ、auはオンラインショップでの購入価格です。ソフトバンクは新規、機種変更の発表価格で乗り換え(MNP)では安くなるようです。

auの料金の注意点としては、新プランの”ピタットorフラットプラン”では毎月割がありません。

月額は24回分割で3960円が、基本料金に足されるので高額です。新プランの購入では48回払い(1,980円x48回)がおすすめになります。

ドコモの独占終了!?Premiumはauからも発売

Xperia XZ2の姉妹機の”Compact”と”Premium”の発売も予定されています。

画面が小さく、機能や仕様が違う廉価版ともいえる”Xperia XZ2 Compact”はドコモから6月下旬発売予定。

そして、画面が大きいだけではなくXZ2と比べても、さらに高機能な”Xperia XZ2Premium”はドコモとauからも発売されます。

予定は今夏になっており、高級一眼デジカメ並みの機能を搭載したデュアルカメラやほぼベゼルレスといえるディスプレイなど大きな期待がもたれています。

機能の詳細やキャリアそれぞれの価格などわかり次第、紹介していきます!