HUAWEI Mate 30 Pro 5GはGoogle Play非対応?価格や発売日、Mate 20 ProとP30とのスペック比較、キャリアの取り扱いは?

最新機種情報

ハイエンドの高性能端末からローエンドの端末まで豊富な端末を提供しているHUAWEIが、2020年3月16日に5G対応スマホ「Mate 30 Pro 5G」の日本発売を発表しました。

今回は、HUAWEIの5G対応スマートフォン「Mate 30 Pro 5G」の特徴や価格、対応キャリア、発売日について紹介します。

また、前任モデルのHUAWEI Mate 20 Proや人気モデルのP30とのスペック比較、気になるGoogle Playへの対応についても併せて紹介していきます。

HUAWEI Mate 30 Pro 5Gの特徴

HUAWEI Mate 30 Pro 5Gの特徴としては、「5G対応で高性能」「最新の4眼カメラ搭載」「湾曲ディスプレイ搭載」「大容量、急速充電対応バッテリー搭載」「タッチレスジェスチャー機能」です。

5Gに対応した最新の高性能チップセット搭載

Mate 30 Pro 5Gは次世代通信5G対応最新のチップセット「Kirin 990 5G」を搭載したハイエンドモデルです。

そのため、5Gネットワークを利用したネットゲームや動画コンテンツもきれいな画面でサクサク楽しめます。

最新の4眼カメラ、3D被写界深度カメラを搭載

アウトカメラは超広角、広角、望遠、3D被写界カメラの4眼仕様となっており、広角撮影、ズーム撮影などさまざまなモードできれいな写真や動画を撮影できます。

スーパースローモーションの動画撮影や一眼レフのような背景ボケの写真の撮影ができることも魅力です。

物理ボタンのない湾曲ディスプレイ搭載

ディスプレイはサイド部分まで覆った湾曲ディスプレイを搭載しております。サイドを含めて物理ボタンはなく、より広く画面を使えます。

サイドボタンはタッチ操作となり使いやすい位置に設定できます。

大容量バッテリーを搭載、急速充電にも対応

4500mAhの大容量バッテリーを搭載しており、急速充電にも対応しているため安心してゲームや動画を楽しめます。

さらに、ワイヤレス充電にも対応しておりケーブルレスで手軽に充電できます。

タッチレスジェスチャー機能対応

タッチレスジェスチャー機能はディスプレイ画面の前に手をかざすとスマホの操作ができる機能です。

手を握るだけでスクリーンショットが取れたり、指を上下に動かして写真をめくれたりと近未来的な操作ができます。

HUAWEI Mate 30 Proの価格、対応キャリア、発売日

HUAWEI Mate 30 Pro 5Gの価格、発売日、対応キャリアについてです。

価格:128,800円(市場想定価格)
先行販売(100名限定)の特別価格では、10,000円引きとなります。

発売日(一般販売):4月中旬
発売日(先行販売):2020年3月28日(100名限定)

対応キャリア:SIMフリー(2020年3月20日現在、キャリアからの販売予定はありません)

価格は、HUAWEI公式ページの価格となります。(2020年3月20日確認)

先行販売は3月16日~3月25日まで「HUAWEI公式ページ」で受け付けており100名限定の抽選販売です。受取は東京(銀座)、大阪(梅田)のファーウェイカスタマーサービスセンターでの受取となります。

また、先行販売特典としてワイヤレスイヤフォンのHUAWEI FreeBuds 3とワイヤレス充電器のHUAWEI SuperCharge Wireless Chargerがプレゼントされます。

4月中旬からの一般販売は、HUAWEIショップのヨドバシカメラ(Akiba店、梅田店、横浜店)・ビックカメラ新宿東口店、ネット販売ではHUAWEI楽天市場店、HUAWEI PayPayモール店での受付予定となっています。

HUAWEI Mate 30 Proのスペック比較(Mate 20 Pro、P30)

HUAWEI Mate 30 Proのスペックを前任モデルのMate 20 Proと人気モデルのP30と比較していきます。

機種名 Mate 30 Pro P30 Mate 20 Pro
メーカー HUAWEI HUAWEI HUAWEI
価格(※1) 128,800円
(市場想定価格)
56,999円
(価格.com最安値)
97,345円
(価格.com最安値)
ディスプレイ 約6.53インチ 約6.1インチ 約6.39インチ
サイズ(幅×縦×厚さ) 約73.1×158.1×
9.5mm
約71.4×149.1×
7.6mm
約72.3×157.8×
8.6mm
重さ 198g 165g 189g
OS EMUI 10.0(Android10ベース) EMUI 9.0 (Android9ベース) EMUI 9.0 (Android9ベース)
CPU HUAWEI Kirin 990 オクタコア 2.86GHz×2+2.36GHz×2+1.95GHz×4 HUAWEI Kirin 980 オクタコア 2.6GHz×2+1.92GHz×2+1.8GHz×4 HUAWEI Kirin 980 オクタコア 2.6GHz×2+1.92GHz×2+1.8GHz×4
内臓メモリ RAM:8GB ROM:256GB RAM:6GB ROM:128GB RAM:6GB ROM:128GB
外部メモリ NMカード対応※2 NMカード対応 NMカード 最大256GB
アウトカメラ クアッド 約4,000万画素+約4,000万万画素+約800万画素+3D被写界深度カメラ トリプル 4,000万画素+約1,600万画素+約800万画素 トリプル 約4,000万画素+約2,000万画素+約800万画素
インカメラ 約3,200万画素+3D被写界深度カメラ 約3,200万画素 約2,400万画素
バッテリー容量 約4,500mAh 約3,650mAh 約4,200mAh
防水・防塵 対応:IP68 非対応 対応:IP68
生体認証 画面内指紋認証
3D顔認証
指紋認証
顔認証
指紋認証
顔認証
その他の機能 NFC対応
ハイレゾ音楽対応
ワイヤレス充電
NFC対応 NFC対応
ハイレゾ音楽対応
ワイヤレス充電

※1 2020年3月21日現在の価格です。

※2 nano SIMスロットと併用(nano SIMは2スロット搭載)

高性能CPU搭載+最新のクアッドカメラ搭載

Mate 30 Proは最新のチップセット「Kirin 990」を搭載しています。Kirin 990の搭載により5Gへの対応と低消費電力、高パフォーマンスを実現しております。

また、カメラ機能が特に強化されておりMate 20 ProとP30がトリプルカメラに対して、Mate 30 Proは3D被写界深度カメラを含む最新のクアッドカメラを搭載しています。コンパクトデジカメ並みのイメージセンサーを搭載しておりスマホカメラ離れしたカメラ性能となっています。

撮影モードも豊富でウルトラスローモーション動画や超広角タイムラプス動画、暗い場所でもきれいに撮れるウルトラローライト撮影などさまざまな撮影モードがあります。

タッチジェスチャー機能が面白そう

個人的に一番気になっている機能がタッチジェスチャー機能です。

Mate 30 Proは3D被写界深度カメラがインカメラにも搭載されているため、ジェスチャーセンサーにより手の動きを感知できます。

映画のように手をひらひらさせるだけで触ることなくスマホの操作ができるようになります。

車の中でもワイヤレス充電ができる

急速充電ワイヤレス車載充電器を購入することで、車の中でもワイヤレスで急速充電が可能です。

自宅でも車でもオフィスでもどこでもワイヤレスで手軽に充電できます。

外部メモリはNMカード対応

Mate 30 Proの外部メモリは一般的なmicro SDカードではなくHUAWEI独自のNMカードとなります。

micro SDカードを利用しようと考えている方は注意してください。

HUAWEI Mate 30 ProはGoogle Playに非対応?

HUAWEI Mate 30 Proは米中の貿易による対立による禁輸措置のため、2020年3月20日現在「Google Play」には非対応です。

アプリのインストールはその代わりとして搭載されているHUAWEI独自のAppGalleryで行うこととなります。

GoogleマップなどのGoogleサービスの他、TwitterやFacebookなどは現時点では利用できないといった状況のため、どうしても使用したいアプリがある場合は確認しておきましょう。

HUAWEIの端末は素晴らしいだけに、今後の対応アプリの増加に期待したいところです。

HUAWEI Mate 30 Proは高性能で抜群のカメラ性能をもった5G対応スマホ

HUAWEI Mate 30 Proは高性能、抜群のカメラ性能をもっており5Gネットワークを利用した動画コンテンツの利用やネットゲームで遊ぶことに最適のスマホとなっています。

Google Play非対応は気になる部分ではありますが、HUAWEIとしてもAppGalleryの拡大を目指しているようなので、今後のアプリ増加に期待しましょう。

タッチジェスチャー機能などの面白機能も搭載しており、ガジェット好きにはたまらないスマホなのでぜひ手に取ってみてください。

source:HUAWEI|HUAWEI Mate 30 Pro 5G