2019年秋冬モデル『AQUOS sense3』『AQUOS sense3 Plus』『AQUOS zero2』発表!気になる価格やスペックは?

最新機種情報

この記事ではSHARP2019年冬モデル『AQUOS』ブランド3台の、スペックと機能の紹介と価格を案内しています。

対象は「AQUOS sense3」「AQUOS sense3 Plus」「AQUOS zero2」です。

今回のAQUOSシリーズは、手に入りやすいエントリーモデルからガチゲーマー向きまで手広く販売されるようです。

2019年の冬にスマホを購入している方は、是非今回の記事を参考にしてみてくださいね。

前モデルからスペックを底上げした低価格スマホ『AQUOS sense3』

AQUOS sense3は、名前の通り前モデル『AQUOS sense2』の後継機に当たります。

前モデルからスペックを底上げし、カメラレンズも2つに増加させたのが進化点です。

AQUOS senseシリーズは格安SIM業者でも販売されており、既に楽天モバイル専売モデルでは30,000円台と判明しています。

「低価格で動作が機敏なスマホが欲しい」という方におすすめの1台です。

AQUOS sense3のスペック

AQUOS sense3のスペックは下記表の通りです。

CPU Snapdragon 630
OS Android 9 Pie
内蔵メモリ RAM 4GB ROM 64GB
ディスプレイサイズ 5.5インチ FHD+
カメラ画素数 標準カメラ…1200万画素
広角カメラ…1200万画素
インカメラ…800万画素
バッテリー容量 4000mAh
防水・防塵 対応

スペックはAQUOS sense2から、CPUを上位モデルに換装して内蔵メモリを増設しています。

基礎スペックが上がっているので単純に使いやすくなり、最新のアプリもサクサク動いてくれるでしょう。

3Dスマホゲームや動きの激しいゲームには向きませんが、SNSやWeb閲覧等の一般的な使い方には問題ありません。

総じてライトユーザーや、サブスマホにおすすめの1台です。

バッテリー容量は4000mAhと大容量!

AQUOS sense3のバッテリー容量は4000mAhと、非常に電池持ちの良いスマホです。

液晶画面も省エネIGZOなので、バッテリー切れに悩まされる心配は起こりにくいでしょう。

AQUOS sense2からスペックが上昇した事も含めて、普段使いの面でより使いやすくなりました。

カメラレンズ数が2個に増えてAIライブストーリーも搭載

AQUOS sense3のカメラは、広角カメラが追加されてレンズが2個に増加しました。

広角撮影機能が強化され、野外のパノラマ撮影で高画質な写真撮影が期待できます。

更に電子式手振れ補正やAIライブストーリーも追加されたので、カメラ性能はAQUOS sense2から大きく上昇しました。

楽天モバイル専売の『AQUOS sense3 lite』もある

AQUOS sense3は、楽天モバイル専売モデル『AQUOS sense3 lite』を販売します。

名前にliteと付いていますが、基本的なスペックに違いはありません。

唯一の違いはカメラレンズ数です。

AQUOS sense3との違いはカメラのレンズ数だけ

AQUOS sense3 liteとAQUOS sense3の違いは、カメラレンズ数のみです。

AQUOS sense3の背面カメラは標準カメラと広角カメラの2つですが、AQUOS sense3 liteは標準カメラの1つだけです。

AQUOS sense3背面部

AQUOS sense3の背面|SHARP

こちらはAQUOS sense3で、背面部にカメラが2つ付いています。

AQUOS sense3 liteの背面部も見てみましょう。

AQUOS sense3 liteの背面

AQUOS sense3 liteの背面|SHARP

AQUOS sense3 liteは広角カメラが取り払われて、代わりにおサイフケータイの表示があります。

カメラ性能はAQUOS sense3より少し下がるので、ご注意下さい。

AQUOS sense3の価格は3万円台か?

AQUOS sense3 liteは27819円(税別)と楽天モバイルが発表しています。

AQUOS sense3の価格は未発表ですが、広角カメラが追加しただけなので大きな値段上昇は考えにくいです。

AQUOS senseシリーズは元々低価格帯なので、恐らく3万円台になると予想されています。

AQUOS sense3 PlusはAQUOS sense3の上位互換モデル

2019年冬モデルの一つ『AQUOS sense3 Plus』は、名前の通りAQUOS sense3の上位互換に当たります。

基礎的なスペックを上昇させて、ディスプレイサイズも6インチにアップ。

ステレオスピーカーを搭載して音響効果も高めており、エンタメを楽しみたい人におすすめのモデルです。

AQUOS sense3 PlusとAQUOS senseをスペックで比較

AQUOS sense3とAQUOS senseのスペックを比較したのが下記表です。

機種名 AQUOS sense3 Plus AQUOS sense3
CPU Snapdragon636 Snapdragon630
内蔵メモリ RAM 6GB ROM 64GB・128GB RAM 4GB ROM 64GB
バッテリー容量 4000mAh 4000mAh
ディスプレイサイズ 6インチ FHD+ 5.5インチ FHD+
本体サイズ 160mm×75mm×8.7mm 175g 147mm×70mm×8.9mm 167g
カメラ画素数 標準カメラ…1220万画素
広角カメラ…1310万画素
インカメラ…800万画素
標準カメラ…1200万画素
広角カメラ…1200万画素
インカメラ…800万画素

AQUOS sense3の最大の売りであるバッテリー容量はそのままに、基本的なスペックを底上げしています。

背面のカメラ画素数も上がっているので、写真の画質もAQUOS sense3 Plusの方が上になるでしょう。

AQUOS sense3 Plusの価格は5万円~9万円未満か?

気になるAQUOS sense3の価格は未発表ですが、5万円~9万円未満のミドルレンジ級と予想されています。

これはAQUOS zero2の予想価格が9万円以上と見られている為です。

AQUOS sense3の3万円台と、AQUOS Zero2の9万円未満の中間に位置すると思われます。

追って販路や価格も発表されるようなので、続報を待ちましょう。

よりゲームやエンタメを楽しみたい人にAQUOS sense3 Plusはおすすめ

AQUOS sense3 PlusはAQUOS sense3の使いやすさを底上げしました。

更にディスプレイが0.5インチ大きくなり、ステレオスピーカー搭載と動画や軽いゲームに向いたスマホです。

「安いスマホには飽きた!ワンランク上のスマホで楽しみたい」そんな方におすすめです。

AQUOS zero2はSHARP製のゲーミングスマホ

2019年冬モデル最後の1台「AQUOS zero2」は、SHARP製のゲーミングスマホになります。

前モデルAQUOS zeroも、スペックの高さの割に重量が軽く、熱を持ちにくい点からスマホゲーマーに好評でした。

AQUOS zero2はスペックを上昇させながら、よりゲームに向いたスマホに進化しています。

特に瞬時に判断してタップする、対戦ゲームに強いスマホなので、勝利に貪欲なガチゲーマーおすすめの1台です。

AQUOS zero2のスペック

AQUOS zero2のスペックは下記表の通りです。

AQUOS sense3、AQUOS sense3 Plusとは一線を画す高性能なスペックを持っているのが分かります。

CPU Snapdragon855
OS Android 10
内蔵メモリ RAM 8GB ROM 256GB
ディスプレイサイズ 6.4インチ FHD+
本体サイズ 158mm×74mm×8.8mm 143g
カメラ画素数 標準カメラ…1220万画素
広角カメラ…2010万画素
インカメラ…800万画素
バッテリー容量 3130mAh
防水・防塵 対応

AQUOS zero2のスペック面で、特に秀でているのは下記3点です。

  • 最新のCPU『Snapdragon855』を搭載
  • 内蔵RAM8GBと大容量。CPUと併せて処理能力が高い
  • 2019年9月にリリースしたAndroid 10を標準装備

国内外含めてAndroidの中ではスペックが高いので、ハイスペックを要求する3Dスマホゲームもサクサク動かせるでしょう。

更にAQUOS zero2はスマホゲーマー向けに進化したポイントが2つあります。

重量が143gと軽いので長時間のゲームプレイでも疲れにくい

AQUOS zero2の重量は、143gと非常に軽いのが特徴です。

他のゲーミングスマホやハイスペックスマホと比較すると、とても軽いのが分かります。

機種名 重量
AQUOS zero2 143g
Xperia 1 178g
HUAWEI P30 Pro 192g
ROG Phone 200g
Black Shark2 205g
iPhone 11 Pro Max 226g

長時間のプレイでは、スマホの重量も馬鹿には出来ません。

重いスマホで長時間遊ぶと、手と手首に負担がかかってしまいます。

その点AQUOS zero2は軽いので、長時間のゲームプレイに強いスマホです。

重量の軽さは持ち運びのしやすさにもつながるので、屋外でもガッツリ遊びたい人におすすめです。

液晶画面の描画回数が4倍になり、タップの反応速度が上昇

AQUOS zero2のディスプレイは、画面の描画回数をAQUOS zeroの60回/秒から2倍の120回/秒に増加。

更に各フレームの間に黒画面を挿入することで、240回/秒の描画回数を実現しました。

結果として従来のスマホと比較すると、画面をタップした時の反応速度が上昇しています。

特に瞬時のタップを要求する、動きの激しいゲームに向いています。

AQUOS zero2の価格は9万円以上と高め?しかしヘビーゲーマーにはおすすめできるモデル

AQUOS zero2の価格は未発表ですが、フラッグシップモデルなので9万円以上するのではと予想されています。

前モデルAQUOS zeroも8~9万円台なので、少なくともAQUOS zeroの価格を下回ることはないでしょう。

しかしAQUOS zero2はゲームに特化しており、中でも240回/秒のタップ反応速度は、ゲーマーの腕ではカバーできません。

反射神経の良い人でも、スマホが追いついていないと、せっかくの勝利を逃すこともあります。

ゲームをガチで勝ちたい人にこそ、AQUOS zero2はおすすめです。

AQUOS最新スマホはライトユーザーからガチゲーマーまで対応できるのでおすすめ

AQUOS最新スマホ3台は、蓋を開けてみれば幅広いユーザーに対応しているのが分かりました。

ライトユーザー向けのAQUOS sense3、ワンランク上のスペックを持つAQUOS sense3 Plus。

ガチゲーマー向きのAQUOS zero2と、用途やお財布に合わせて選ぶようになるでしょう。

取扱いキャリアや正式価格は続報待ちですが、2019年冬モデルの中でも目が離せない3台になりそうです!

source:AQUOS 2019 Winter 最新モデル|シャープ