「Apple TV+」と「Apple Arcade」の内容と特徴!2019年秋提供予定

未分類

2019年3月26日にSteve Jobs TheaterにてAppleの発表会が行われました。

イベントに先駆けてiPad Airなどの新製品が発表されたこともあり、発表会の内容は主に

Appleが展開する新しいサービスの発表がメイン内容になるだろうという大方の予想が見事に

的中し、発表されたのは「Apple TV+」と「Apple Arcade(アップルアーケード)」の2つが目玉となりました。

今回はこの新サービスについて簡単にご紹介をいたします。

「Apple TV+」とは

NETFLIXやamazon Prime Videoなどのような定額制の映像配信サービスのAppleオリジナルバージョンです。

「Apple TV+」でしか見ることができないオリジナルのTV番組やドキュメンタリーなどを見ることができます。

クリエイターとして参加するのは、同イベントに登壇もしたスティーブン・スピルバーグやJ・J・エイブラムスなどの有名な映画監督などが参加するようなのでかなりクオリティには期待できるのではないでしょうか。

主な特徴

「Apple TV+」の主な特徴は以下の点です。

・サブスクリプションサービスである(広告などが表示されない)

・Apple TV+内の番組はダウンロードすることができる

・ダウンロードした番組はオフラインでも視聴可能

視聴している時に広告が表示されないのは、やはりストレスなく見ることができるので望んでいる方も多いと思います。

また、ダウンロードもできるので自宅のWi-Fiであらかじめダウンロードした番組を外出先で楽しことができるのも良いですね。

ただ、ダウンロードした番組が永遠に見られるということは、他社のサービスなどを見ていると無いと思います。他社のほとんどのサービスがダウンロードした番組に関しては一度視聴すると

それから何時間か後に自動的に見られなくなるという形を取っていますので、ダウンロードしたものの管理については、サービスが開始してから確認をする必要がありますね。

今後の展開

「Apple TV+」のサービス自体は2019年の秋に開始する予定だと発表されてます。

定額制ということもあり利用料金が気になる方も多いと思いますが、価格についてもサービス開始と同時期の発表となっております。

このサービスに関連しての展開としてまず2019年5月に「Apple TV アプリ」の刷新、「Apple TV チャンネル」サービスが実施、公開されると同イベントで発表されています。

「Apple TV アプリ」はiPhoneやiPad、Mac、Apple TVなどのApple製デバイスで利用できるだけでなく、amazonのFire TVのようなストリーミングデバイスでも利用可能のようです。

アプリを介して様々なデバイスで映画などを共有して楽しめるようです。

「Apple TV チャンネル」は、チャンネル内から様々なケーブルテレビや衛星放送のプロバイダと個別に課金をすることができ、それぞれが提供している番組などのサービスを「Apple TV アプリ」から楽しむことができる。

また、iTunes Store内にある映画や番組なども「Apple TV チャンネル」内から購入やレンタルすることが可能になるようです。

Apple TV+|Apple(日本)

 

「Apple Arcade」とは

前述した「Apple TV+」のゲーム版と言えるゲームの定額制サービスです。

利用できるのはiPhoneやiPadのiOS端末、MacコンピュータのmacOS、Apple TVのtvOSのどれでも利用できるようです。

サービスの開始予定は「Apple TV+」と同様に今秋を予定としているようです。

主な特徴

「Apple Arcade」の主な特徴は以下の点です。

・月額費は一つのプランのみ。家族6人までプランの共有可能

・サービス加入で「Apple Arcade」内のすべてのゲームがプレイ可能

・広告表示なし

・アプリ内課金なし

・オフラインでもプレイ可能

・複数デバイスでプレイデータを共有可能

今流行しているスマホゲームなどは、基本的にダウンロードやプレイするのは無料で、ゲーム内のアイテムなどを課金して購入することができるという仕組みを取っています。

この仕組みでいろんなゲームを試しやすい形にはなっていますが、逆にダウンロードが有料のアプリなどは普及が進んでいないというのがAppleの見方のようです。

今回の「Apple Arcade」はそんな現状を解決するための手段と考えているようです。

一つ一つのアプリを購入するのではなく、月額費制にしてサービスプラットフォーム内のアプリはプレイし放題という形をとります。

「Apple Arcade」を利用することで、一つ一つではあまり購入されない有料アプリも多くの人に楽しんでもらえる可能性がありますので、開発者サイドにとっても有益なサービスとなる可能性が高いと思います。

そして、スマホゲームのほとんどはオンラインでなければゲームプレイができないのがほとんどですが、この「Apple Arcade」内のゲームは外出先でも続きからゲームプレイすることが可能になります。

なので、通信制限などを気にしなくてよくなりますし、自宅のWi-Fiでしか基本的に使わないiPadなどもそのまま持ち出してゲームをすることができるようになります。

Apple Arcade|Apple(日本)

 

最後に

今回はAppleイベントで紹介された「Apple TV+」と「Apple Arcade」についてご紹介をいたしました。

いかがでしたでしょうか。

「Apple TV アプリ」を活用することで「Apple TV+」で独自のコンテンツを楽しめるだけではなく、「Apple TV チャンネル」で様々な会社のサービスをお持ちの複数デバイスで楽しめるようになりますし、「Apple Arcade」でもっと素敵なゲーム体験ができるようになるかもしれません。

気になる方はAppleからの続報を一緒に待ってみましょう。