楽天モバイル(MNO)とLINEモバイルを比較!料金・エリア・キャンペーンの違いを解説

未分類

MVNOとして格安の料金プランを競い合ってきた、LINEモバイルと楽天モバイル。

2020年2月にはLINEモバイルが料金プランをリニューアルし、同年4月には楽天モバイルがMNOとして新たなスタートを切りました。

両社が新たなプラン・システムをスタートさせた今、LINEモバイルの「ベーシックプラン」と楽天モバイルの「Rakuten UNLIMIT」、料金が安いのは一体どちらなのでしょうか?

今回は、LINEモバイルと楽天モバイルについて、エリア・速度・料金を比較していきます。

LINEモバイルと楽天モバイル エリアの比較

まずは、LINEモバイルと楽天モバイルのエリアについて、比較してみましょう。エリアについて比較した、以下の表をご確認ください。

LINEモバイル 楽天モバイル
自社回線 MVNOのためなし 楽天回線エリア

東京近郊・大阪・名古屋などの一部

au回線 auの4G LTEエリアと同等

4G LTE:バンド1・3・11・18・26・28・41・42

auの4GLTEエリアとほぼ同等

パートナー回線エリア:基本的に4GLTE バンド18・26のみ

ドコモ回線 ドコモのサービスエリアと同等

3G バンド1・6・19、
4GLTE バンド1・3・19・21・28・42

ソフトバンク回線 ソフトバンクのサービスエリアと同等

3G バンド1・8
4GLTE バンド1・3・8・11・28・42

MVNOであるLINEモバイルは、au・ドコモ・ソフトバンクそれぞれの電波を借り受け、3種類の回線を提供しています。モバイルWi-Fiルーターのように「トリプルキャリア」というわけではなく、ユーザーが好みの回線を1つ選択する形式です。

どの回線を選択しても、大手キャリアと「ほぼ同等」または「同等」のエリアで利用できます。

MNOとなった楽天モバイルは、東京近郊・大阪・名古屋などを中心に、自社の基地局によるサービスエリアを広げています。

しかしながら、2020年5月現在、そのエリアは日本の一部のみにとどまっており、大手キャリアのように広域をカバーするものではありません。そのため、auの一部電波を借り、自社回線を補う形でサービスを提供しています。

auの電波が日本の広域をカバーすることから、楽天モバイル全体としてのエリアはauと「ほぼ同等」のレベル。

こうして比較すると、LINEモバイル・楽天モバイル共に、大手キャリアと「ほぼ同等」以上のエリアを有することが分かります。エリアという観点では、双方大きな差はありません。

LINEモバイルと楽天モバイルの通信品質・速度

MVNO(格安SIM)であるLINEモバイルとMNOの楽天モバイルの回線には、一般的に以下のような差があります。

MVNO MNO
使用回線 MNOの電波を一部借りる形 自社で整備した電波を利用
速度 時間帯・場所によっては遅くなることがある 格安SIMよりも安定した速度が出やすい

MNOが自社で整備した電波を好きに利用できるのに対して、格安SIMはMNOから借りた電波しか利用できません。そのため、混雑する時間帯・場所では、速度が落ちる傾向があります。

格安SIMであるLINEモバイルも、やはり時間帯・場所によっては不便に感じられることがあるようです。ネット・SNS上では、「特に夜は遅め」といった内容の口コミが見られました。

一方の楽天モバイルは、MNOとしてスタートした「楽天回線エリア」が高評価を集めています。口コミの中には、「MVNO(格安SIM)時代と比べると差は歴然」というものも。

MNOになったことで、以前にも増して速度は期待できそうですね。au回線による「パートナー回線エリア」も、概ね評価する声が多いようです。

LINEモバイルと楽天モバイルの料金を比較

最後に、LINEモバイル「ベーシックプラン」と楽天モバイル「Rakuten UN-LIMIT」、両社の料金を比較します。

LINEモバイル「ベーシックプラン」は、SIMの種類・データ量・データフリーオプションを好きなように組み合わせられるプランです。音声通話SIM以外にデータSIMが選択できるほか、対象のSNSが使い放題になるのが特徴です。

楽天モバイル「Rakuten UN-LIMIT」は、楽天回線エリア内で上限なし、パートナー回線で5GBまで利用できるプランです。Rakuten Linkアプリで国内通話が無料になるほか、66か国で2GBまでの海外ローミングも利用できます。

では、データ使用量と料金についてまとめた、以下の表をご確認ください。

容量 楽天モバイル LINEモバイル(音声通話SIM)
LINEデータフリー SNSデータフリー SNS音楽データフリー
~500MB 2,980円
1,100円
~3GB 1,480円 1,760円 1,960円
~5GB 2,200円 2,480円
2,680円
~6GB 2,980円

パートナー回線エリアは1Mbpsに速度制限

データチャージ:1GB500円

~12GB 3,200円 3,480円 3,680円
12GB超 速度制限
データチャージ:0.5GB 500円、1GB 1,000円
通話料金 Rakuten Linkアプリ利用で国内通話無料 いつでも電話アプリ利用で30秒10円
10分電話かけ放題オプション 880円

※表内全て税抜きです。

条件をそろえるため、LINEモバイルは音声通話SIMの料金で比較しました。データSIMの料金で比べたい方は、500円引いた値段で比較してください。

料金のボーダーラインは6GB

表で比較すると、6GBまでならばLINEモバイルの方が、6GBを超えるならば楽天モバイルの方が安いことがわかります。

ただし、楽天モバイルは、パートナー回線エリアで5GB以上使用した場合、1Mbpsまで速度が制限されます。動画やゲームを楽しみたい場合は、快適な利用が難しいでしょう。

楽天回線エリアの外にあたる方は、6GBを超えてもLINEモバイルの検討をおすすめします。

音声通話が不要ならLINEモバイル「ベーシックプラン」

楽天モバイル「Rakuten UN-LIMIT」が音声通話SIMのみを提供しているのに対して、LINEモバイル「ベーシックプラン」は音声通話SIM・データSIMの選択が可能です。

データSIMの場合は音声通話SIMよりも500円安くなるので、たとえ12GBのプランを選択したとしても、LINEデータフリーで2,700円(税抜き)、SNSデータフリーで2,980円(税抜き)。SNS音楽フリー以外は、楽天モバイルと「同等」または「それ以下」になります。

音声通話が必要ない場合は、LINEモバイルをより前向きに検討してみてください。

音声通話が多いなら楽天モバイル「Rakuten UN-LIMIT」

LINEモバイル「ベーシックプラン」がアプリ利用で30秒10円の通話料に対して、楽天モバイル「Rakuten UN-LIMIT」はアプリ利用で国内通話無料。

通話時間が長ければ、6GB以下であっても楽天モバイルの方が安くなるケースも考えられます。通話時間が長くなりがちな方は、楽天モバイルの方が気兼ねなく利用できるかもしれません。

料金比較のポイントは、エリア・データ通信量・通話の有無

LINEモバイルと楽天モバイルのどちらが安く利用できるかは、以下の3点から総合的に判断できます。

  • 楽天回線エリアに該当するか
  • データ量が6GBを超えるか
  • 通話が極端に少ない・多いことはあるか

まずは自分に必要なデータ量・平均的な通話料などを把握し、両社の料金を比べてみてください。

楽天モバイルは1年間無料キャンペーン開催中かつ解約金もないので、まずはお試し感覚で1台増やしてみるのもおすすめです。

キャンペーンを比較

続いて、LINEモバイルと楽天モバイルのキャンペーンについて、比較・解説します。

LINEモバイル

キャンペーン名 特典 期間
月額基本利用料2カ月無料キャンペーン 初月の利用料金が無料、2カ月目の利用料金が1,480円引き。データSIMと500MBプランは対象外 終了日未定
データフリーオプション2カ月無料キャンペーン SNSデータフリー、SNS音楽データフリーのオプション料(初月と2カ月目)が無料。 終了日未定
新生活応援!最大5,000円相当選べるキャンペーン 5,000円相当のLINE Pay残高かLINEポイント。3GB以上の音声SIM契約が対象 5月20日まで

楽天モバイル

キャンペーン名 特典 期間
1年間無料キャンペーン 基本料金が1年間無料 先着300万人申し込み後終了(人数は増減する可能性あり)
オンラインお申し込みキャンペーン オンラインで契約+Rakuten Link使用で3000ポイント 申し込み:6月30日まで
開通:7月31日まで
お申し込みキャンペーン Rakuten UN-LIMIT契約&Rakuten Link使用で3300ポイント 終了日未定
対象製品購入でポイント還元キャンペーン 対象機種購入で最大15,000ポイント 終了日未定

契約後1年間で比較すると、楽天モバイル!

上記のキャンペーンによる割引や還元額を計算すると、LINEモバイルが1万円弱、楽天モバイルは4万円以上になります。

契約後1年間に期間を区切って考えれば、楽天モバイルが基本利用料0円に対して、LINEモバイルは最低でも6,000円程度はかかります。

キャンペーンという観点で見ると、楽天モバイルが圧倒的にお得なことが分かります。

楽天モバイルは解約金もないので、まずはお試し感覚で1台契約してみるのもいいかもしれません。

公式サイト:楽天モバイル Rakuten UN-LIMIT