PayPay『第2弾100億円キャンペーン』が開始予定!内容と変更された条件とは?

QRコード決済サービスのPayPayは、2018年の12月に『100億円あげちゃうキャンペーン』を実施しました。

キャンペーンとしては前代未聞の100億円という数字と、キャンペーン開始からわずか10日で100億円に達した等、その内容は各種メディアに報じられました。

そして今回『第2弾100億円キャンペーン』を2019年2月12日から開催するとの情報が入ってきましたので、内容や変更された条件等をまとめたいと思います。

目次

第2弾100億円キャンペーンの内容とは?

第2弾100億円キャンペーンの特典内容や条件をまとめました。

特典1 支払額最大20%のPayPayボーナスを付与

今回のキャンペーンの特典は2つありますが、そのうちの一つが最大20%分のPayPayボーナスを付与する特典で以下のように支払い方法によって変動します。

  • PayPay残高、Yahoo!マネーで支払った場合…20%
  • Yahoo!JAPANカードで支払った場合…19%
  • Yahoo!JAPANカード以外のクレジットカードで支払った場合…10%

最も多くPayPayボーナスを受け取るには、PayPay残高にチャージしてから決済を行う方法になります。

またPayPayボーナス付与上限も設定されており、一名につき合計5万円相当まで、且つ1回のお支払いにおける付与上限は1,000円相当になると公式で発表されています。

付与上限が決まっていますが、仮に一人の買い物で5万円のPayPayボーナスを受けるには最も付与の多いPayPay残高の場合でも100万円のお買い物を期間内に複数に分ける必要があります。

1回の支払いにおける付与条件もPayPay残高時では2万円分のお買い物を1回で行うと到達しますが、日常のお買い物程度では付与上限に達する事はほぼないと言っても良いでしょう。

特典2 抽選で最大1,000円相当PayPayボーナス付与の『やたら当たるくじ』

PayPay残高、Yahoo!マネー、Yahoo!JAPANカードでお支払い時に10回に1回の確率で最大1,000相当のPayPayボーナスが付与される『やたら当たるくじ』も特典です。

また月額462円(税抜)のYahoo!プレミアム会員の場合は、当選確率が5分の1と2倍にアップします。

5~10回に1回の確率で1,000円相当のPayPayボーナスは魅力的ですが、支払い方法がYahoo!JAPANカード以外のクレジットカードだと対象外になってしまいます。

その為、PayPay残高にチャージしておいてPayPayのお支払いにしておけば特典1も特典2の『やたら当たるくじ』も同時に応募する事が出来ます。

ちなみにソフトバンクユーザーはYahoo!JAPAN IDにスマートログイン設定する事で自動的に『Yahoo!プレミアム』会員となります。

ワイモバイルユーザーも個人で一部対象外の料金プランを除き、Y!mobileサービスの初期登録を完了したYahoo!JAPAN IDとPayPayユーザーID連携を行えば【Yahoo!プレミアム会員】です。

ソフトバンクユーザーとワイモバイルユーザーならではの特典とも言えるでしょう。

前回から変更された内容が『やたらあたるくじ』

第1弾と第2弾の100億円キャンペーンで最も違うのが『やたらあたるくじ』です。

第1弾はPayPay支払い且つ40分の1の確率で全額戻ってくるという内容でした。

第2弾はPayPay支払いかYahoo!JAPANカードかYahoo!マネー支払い時に5~10分の1で最大1,000円バックとなっています。

前回と比較すると当選時のバックは少なくなったが、その分当たりやすく支払い方法も増えたと言えるでしょう。

キャンペーンの適用条件はいつまで?

今回の第2弾100億円キャンペーンの期間は2019年2月12日午前9時から同年5月31日までとなっております。

期間は3か月半と長めにとられていますが、前回のキャンペーンの盛り上がりから察するに今回のキャンペーンも5月31日まで行われるか不明です。

期間中でも100億円に達した時点でキャンペーンが終了するようなので、もしキャンペーンに参加するなら早いうちに利用した方が良いでしょう。

参照URL:第2弾100億円キャンペーンページ PayPay株式会社

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

20代から携帯電話のコールセンターや店頭販売で働き
裏話が知りたいだけを理由に審査担当部署に移った経験もある男。
就職当時から携帯電話業界にドップリ浸かったフリーライター。
よく聞かれる内容から表に出ないちょっとコアな業界の内容も含めて手広く記事を書いています。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次