LINEギフト対象『LINE Pay決済で50%還元キャンペーン』の利用方法と注意点

LINEが提供しているスマホの決済サービス『LINE Pay』は2019年2月1日から同月28日までの期間中に『LINEギフトが半額!LINE Pay決済で50%還元キャンペーン』を開催中です。

LINEギフトをLINE Payで送ると50%還元できるという内容で、実質半額と謳っているキャンペーンです。

今回は『LINEギフトが半額!LINE Pay決済で50%還元キャンペーン』の利用方法と注意点をご案内します。

目次

事前準備にLINE Payの開設とチャージが必要

今回のキャンペーンはLINEギフトで商品を購入し、購入時にLINE Payで支払うのがキャンペーンの適用条件となっています。

その為、事前にLINE Payを使えるようにしておくこととチャージ(入金)しておくことが必要です。

LINE PayはLINEアプリ内のウォレット項目から無料で開設できますし、銀行口座をチャージ用の口座としても設定できます。

キャンペーンに参加する場合は事前にLINE Payの開設とチャージは忘れないようにしてください。

キャンペーンの概要

『LINEギフトが半額!LINE Pay決済で50%還元キャンペーン』の概要は以下の通りになります。

キャンペーンの期間と対象人物

今回のキャンペーンの期間は2019年2月1日から同月末の28日までとなっております。

対象はLINEギフト内の商品をLINE Payで支払った人全員で、LINEギフトの送り先は友だちでも自分用に購入した場合でも対象です。

LINEギフト内の全ての商品がキャンペーンの対象なので、どれが対象商品か調べる必要もありません。

LINEギフトで実際に送るまでの手順

LINEギフトをLINE Payで決済する手順はLINE Pay公式ブログにも記載されていますが以下の手順で送る事が可能です。

  1. LINEアプリから『ウォレット』をタップして『LINEギフト』を選ぶ
  2. 送りたいギフトの商品を選ぶ
  3. 自分が購入するなら『自分用に購入』、友だちに送る場合は『友だちにギフト』をタップする
  4. 友だちに送る場合は友だち一覧あら送りたい友だちを選ぶ
  5. 購入手続きに移ったら支払い方法に『LINE Pay決済』を選び購入内容を確定する
  6. 『○○(購入金額)円の決済を行う』というボタンが表示されるのでタップする
  7. 決済のボタンをタップし、ギフトメッセージを作成する
  8. ギフトメッセージを送信し完了

送り側が行う操作は以上で、相手側が受取先を指定すればLINEギフトで購入した商品が相手に送付されます。

還元上限は500円までという点がネック

『LINEギフトが半額!LINE Pay決済で50%還元キャンペーン』は、半額と50%還元と謳っていますが還元される上限が最大500円までとなっています。

実際に還元されるLINE Payは期間中の利用金額の合計で決まり、以下の通りで還元されます。

  • 期間中の利用金額が1,000円以下…50%をLINE Payで還元
  • 期間中の利用金額が1,001円以上…一律500円相当をLINE Payで還元

1,001円以上利用した場合はどれだけ購入しても還元されるのは500円までとなっております。

その為、実際の所は期間中にLINE PayでLINEギフトの決済を利用すればするほど割引される割合は少なくなってしまいます。

この点が『LINEギフトが半額!LINE Pay決済で50%還元キャンペーン』のネックと言えるでしょう。

お試しでLINEギフトとLINE Payを利用する人にオススメ

『LINEギフトが半額!LINE Pay決済で50%還元キャンペーン』は、今までLINEギフトもLINE Payも利用した事が無い人にオススメ出来るキャンペーンです。

1,000円以内であれば50%還元、1,001円程度なら500円分還元されるので高額商品の購入が不要なので敷居は低く、手を出してみるきっかけにもなるでしょう。

ちなみにLINEギフトは相手が配送先を入力するので、送る側が住所等を知らなくても配送する事が可能です。

「今までLINE上でしかやり取りした事ないけどお世話になってるし何かお返しがしたい!」

「バレンタインチョコの代わりにLINEギフトで何か送りたい!」

という使い方も出来るので、是非一度使ってみて下さい。

「LINEギフト」が半額!LINE Pay決済で50%還元キャンペーン|LINE Pay 公式ブログ

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

20代から携帯電話のコールセンターや店頭販売で働き
裏話が知りたいだけを理由に審査担当部署に移った経験もある男。
就職当時から携帯電話業界にドップリ浸かったフリーライター。
よく聞かれる内容から表に出ないちょっとコアな業界の内容も含めて手広く記事を書いています。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次