mineo6GBコースが最安1,010円から使えるダブル料金割引の条件と適用方法

格安MVNO業者のmineoは2019年2月1日から、同年5月8日までを期間とした『月額基本料金500円3か月間割引キャンペーン』と『6GB・10GBコースがおトクに使える!キャンペーン』を実施します。

この2つのキャンペーンの最大の特長は、キャンペーンの併用が可能で組み合わせ次第によっては基本料金が3か月間1,010円と破格の料金になるというものです。

その適用条件にするにはどうしたら良いかご案内したいと思います。

目次

条件1 期間内にmineoをデュアルタイプで新規申し込みする

月々1,010円の料金プランにするには、まず2019年2月1日から5月8日までにmineoをデュアルタイプで新規申し込みする必要があります。

デュアルタイプとはいわゆるデータ通信+音声通話の組み合わせの事なので、要はデータ通信と音声通話の組み合わせで新規契約をするという事です。

期間内にデュアルタイプで新規申し込みをすれば『月額基本料金500円3か月間割引キャンペーン』の条件は満たすので、この時点で500円割引となります。

条件2 デュアルタイプ契約時に6GBコースを選択する

併用できるもう一つのキャンペーン『6GB・10GBコースがおトクに使える!キャンペーン』は、名前のごとく使えるデータ通信量を6GBか10GBに設定する必要があります。

6GBコースを選べば680円の割引が、10GBコースを選ぶと940円の割引が3か月間適用となります。

料金プランが安いのは当然6GBですが、もちろんデータ容量をたっぷり使う予定なら10GBを選んでも問題ありませんが、その分料金は最終的に高くなります。

最安値を狙うならauプランを選ぶ

mineoで利用できる回線はau、ドコモ、ソフトバンクの3つの回線プランから選べるようになっていますが最安値はauプラン(Aプラン)となっています。

  • 期間内にmineoでデュアルタイプで新規契約をする
  • 料金プランは6GBのプランを選ぶ
  • 回線の種類はauプランを選ぶ

以上の条件を満たす事により、新規契約後3か月の料金が1,010円とする事が可能になっております。

ただあくまでも基本料金プランの値段なので、別途事務手数料や有料オプション料金、端末代金があるならそちらも別途上乗せされます。

他の回線プランや10GBプランとの比較

auプラン以外でも格安の料金になっていますので、せっかくですので比較してみましょう。

料金プラン 6GB 10GB
auプラン(基本料金) 2,190円 3,130円
auプラン(ダブルキャンペーン適用時) 1,010円 1,690円
ドコモプラン(基本料金) 2,280円 3,220円
ドコモプラン(ダブルキャンペーン適用時) 1,100円 1,780円
ソフトバンクプラン(基本料金) 2,630円 3,570円
ソフトバンクプラン(ダブルキャンペーン適用時) 1,450円 2,130円

参照URL:mineo 2019年プレスリリースページ

auプランの安さも目を引きますがドコモプラン、ソフトバンクプランもなかなかの安さと言えるでしょう。

他にも新規向けキャンペーンがある

mineoは他にも有料のオプション『mineoでんわ 10分かけ放題キャンペーン』と『ウイルスバスターモバイル 月額版』が最大2か月無料となる『mineo オプションキャンペーン』を実施します。

『mineoでんわ 10分かけ放題は』毎月918円、『ウイルスバスターモバイル 月額版』は月々291円の料金がかかります。

そのオプションが2か月間無料となりますし、期間も2019年2月1日~5月8日までと上記のキャンペーン2つと同一なので併せて申込んでも良いでしょう。

ただiOS、iPhone等はウイルスバスターモバイルは安定してサポート出来ないとの事なのでiPhone契約時にはオススメしません。

価格最安値で契約したいなら一考の価値あり

格安MVNO業者の中でも3か月1,010円の基本料金プランは、他の業者と比べて安いと言えます。

3か月後の割引適用外の状態でも元々mineoの料金プランの料金自体は安いので、割引が外れて料金急上昇した!という事はありません。

もし格安MVNO業者で契約したい、でも料金はとことん抑えたい!という人にはmineoも一考の価値があるかと思います。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

20代から携帯電話のコールセンターや店頭販売で働き
裏話が知りたいだけを理由に審査担当部署に移った経験もある男。
就職当時から携帯電話業界にドップリ浸かったフリーライター。
よく聞かれる内容から表に出ないちょっとコアな業界の内容も含めて手広く記事を書いています。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次