Androidスマホで動画が重い・読み込みが遅い!と感じた時の対処法【YouTubeやAbema TV等】

トラブル

YouTube、AbemaTV、NetflixやdTVなど、さまざまな動画配信サービスで気軽に動画を視聴できるようになってきました。

しかし、「読み込みに時間がかかる」「再生中に何度も止まる」といったトラブルが突然起こることもあります。

Androidスマホで動画が重い、読み込みが遅いといった症状になったとき、どのように対処したら良いのでしょうか。

当記事では、すぐに実践できる具体的な対処法を紹介していきます。早い段階で対処してストレスのない動画再生を楽しんでいきましょう。

Androidスマホで動画が重い・遅い5つの原因

Androidスマホで動画が重くなったり、再生が遅くなったりする原因は5つ挙げられます。どんなときに症状が出る可能性があるのか解説します。

回線への接続が不安定になっている

動画を視聴するとき、LTE回線やWi-Fi接続をして再生します。けれども、スマホやWi-Fiルーターの何かしらのトラブルによって、うまく回線と接続できないことがあります。

また格安スマホやモバイルWi-Fiサービスなどでは、回線が混み合っている時間帯は遅くなる可能性があります。混雑時を避けて利用するなど対策が必要です。

さらに回線の通信速度そのものが、もともと遅いといったことも原因になります。

速度制限になっている

速度制限にかかっている可能性も忘れてはいけません。

たとえばWiMAX系モバイルWi-Fiの3日で10GB制限や、料金プラン内で使える毎月のデータ量の上限に到達したことが考えられます。

速度制限中は低速になってしまうため、かなり動画再生に影響してくるでしょう。

スマホのストレージやメモリの空き容量が足りない

スマホは十分な空き容量と作業領域がなければ快適に動きません。スマホ本体の中で動画アプリが身動き取れない状態になっていると、動画が重いと感じることがあります。

動き続けているアプリを終了させたり、ほとんど見ることのない不要なデータを削除したりするなどの対策が必要です。

YouTubeやAbemaTVなど動画アプリの不具合

動画アプリそのものがエラーや不具合を起こしていることも考えられます。アプリの更新、キャッシュ削除など、できることはいくつかありますので順番に試してみましょう。

また動画再生とは関係のない、ほかのアプリが動作に影響していることもあります。

YouTubeやAbemaTVなどのサービス側のトラブル

サービス側のトラブルは滅多にありません。もしサービス側のトラブルであれば、何かしらのエラーメッセージが表示、または公式サイト内で情報が出るはずです。

情報を確認した上で、サービスが復旧するのを待ちましょう。

Androidスマホで動画が重い・遅いときの対処法9選

実際に動画を見ようと思ったときに「動作が重い」「読み込みが遅い」と感じたときにはどう対処したら良いのでしょうか。具体的な対処法を9つ紹介します。

おおよそ回線への接続やアプリ側の原因が多いですが、場合によってはスマホ本体のトラブルの可能性もあります。

大切なデータが消えてしまう恐れもありますので、対処法を試す前にデータのバックアップを取ってから操作しましょう。

速度制限が終わるのを待つ・容量を追加する

速度制限になっていて動画の読み込みが遅いなら、制限解除されるまで待つしかありません。

選択しているスマホの料金プランの中には、制限中でも1Mbps程度の速度が出るものもあります。1Mbpsの速度があれば、少し遅く感じたとしても通常どおり動画再生は可能です。

しかし128kbpsまで速度低下する料金プランの場合は、かなりストレスを感じるでしょう。ほぼ動画再生はできないと言ってもいいくらいになります。

速度制限の期間が長くなるときは、追加でデータ容量を購入したりプランの変更をしたりするのも検討してみてください。

動画の画質設定を変更する

接続しているネット回線の通信速度と、読み込もうとしている動画サイズがかみ合っていないと、動画が重くなることがあります。

まず現状で通信している速度がどれくらいなのか計測してみましょう。

計測するには、

  • 速度計測できるアプリをダウンロードする
  • Googleで「スピードテスト」と検索するとサイト上で確認できる

などがありますので、どちらかで確認してみてください。動画再生時に目安となるのが下り(ダウンロード)速度です。

結果が出たら以下の表に当てはめてみてください。YouTube公式ヘルプページで画質と通信速度の目安が案内されています。

動画の解像度  推奨される持続的な速度
4K 20Mbps
HD 1080p 5Mbps
HD 720p 2.5Mbps
SD 480p 1.1Mbps
SD 360p 0.7Mbps

このように高画質の画像を再生しようとするには速い速度が必要です。

たとえば通信速度が1Mbpsしか出ていないのに、YouTubeが4K画質に設定されていたら、何度も読み込みが必要になり重くなるというわけです。

YouTubeの場合、画質設定は自動調整されます。けれども実際の通信速度に合っているとも限りません。

重たいと感じたときは接続している回線速度と画質設定が合っていない可能性もありますので、手動で設定変更してみてください。

スマホの電源再起動

一時的なトラブルだった場合、スマホの電源を再起動することで解消することがあります。軽い不具合であればすぐ解消するので、調子が悪いと感じたら電源再起動してみましょう。

同時にスマホの中で動き続けている余計なアプリが終了できるのもポイントです。

スマホのシステムやアプリが作業できる場所もスッキリとリセットされるので、動画アプリが重たくなったときに試してみてください。

回線へ再接続をする

一時的に回線への接続がうまくできていない可能性があります。上記の電源再起動で改善がなかったときは以下の操作をしてみてください。

どの回線に繋いでいるかで対処法は異なります。解説する操作方法はGalaxy S8+、AndroidOS 9での手順です。

LTE回線で通信中
  1. 設定
  2. 接続
  3. モバイルネットワーク
  4. 「モバイルデータ」をOFF・ON
モバイルデータのOFF・ONをする方法
Wi-Fi接続で通信中
  1. 設定
  2. 接続
  3. 「Wi-Fi」をOFF・ON
Wi-FiのOFF・ONをする方法

Wi-Fi通信中の場合、スマホではなくWi-Fiルーター側が原因になっていることもあります。スマホの設定OFF・ONで改善がないときは、Wi-Fiルーターの電源も再起動してみてください。

YouTubeやAbemaTVアプリのキャッシュ消去

キャッシュとは、読み込みを早くするために一時的に保存されたデータのことです。キャッシュデータがあることで、画面に表示されるまでの待ち時間が少なくなるメリットがあります。

しかし使うたびに蓄積していくので、動作が重い原因になってしまうのです。

キャッシュは消しても問題のないデータです。ただし、アプリによって設定項目がリセットされることがありますので注意しましょう。

YouTube・AbemaTVのキャッシュ消去手順
  1. 設定
  2. アプリ
  3. アプリを選択
  4. ストレージ
  5. キャッシュを消去
YouTubeアプリのキャッシュを削除する方法

「キャッシュを消去」のとなりにある「データを消去」にすると、アプリが初期化してしまうので誤ってタップしないように気を付けましょう。

YouTubeやAbemaTV以外の動画アプリでもキャッシュの消去手順は同様です。

また動画アプリではなく、ブラウザで動画を視聴しているときはブラウザアプリにキャッシュが蓄積されます。

スマホに標準搭載されているブラウザアプリや、Google chromeなどもキャッシュ消去しておくと良いでしょう。

アプリの再インストール

アプリそのものが不具合を起こしている場合があります。そういったときはアプリをアンインストール(削除)して、再ダウンロードし直すのも有効です。

ただしYouTubeアプリは、Androidスマホに標準搭載されているものですので消すことができません。

この作業はアプリを初めから設定し直す方法です。アプリ内のデータや設定がすべてリセットされる点を理解した上でやってみてください。

アンインストールして消えてしまったアプリ内データは元には戻せません。

アプリによってはデータの引き継ぎ設定ができるものもあります。それぞれのアプリを確認し、設定を実施してから作業を始めましょう。

スマホのストレージの空き容量を確保する

スマホのデータ保存場所に、空き容量が少なくなっていて重たくなることがあります。以下のできることを試してみましょう。

  • 使っていない不要なアプリの削除
  • ダウンロードした後、見ることのないファイルの削除
  • 撮影した写真や動画などをSDカードやクラウドに移動

ある程度の空き容量が確保されていれば、動画アプリも快適に動けます。

スマホのOSバージョンアップ・その他のアプリの更新

スマホのシステムの不具合によって、調子が悪くなることもあります。スマホのOSバージョンアップや、ソフトウェアの更新がされていないときは、最新バージョンに変更してみましょう。

また動画再生に関係のないアプリが影響していることも考えられます。動画アプリ以外で更新していないものがあったら、最新版にしてみてください。

スマホを初期化する

最終手段になりますが、スマホを買ったときの状態まで戻す方法もあります。電話帳から写真データまですべてリセットされますので、しっかりとしたバックアップは必須です。

けれども、3年以上使ったスマホを初期化し直して使うなら、機種変更してしまったほうが快適です。本体のスペックも向上しているので、動画のサクサク感も変わってくるでしょう。

対処法を実践しても改善がないときは・・・

動画が重い・読み込みが遅いときの原因と対処法について解説しました。9つの対処法を試すと改善の糸口が見えてくるはずです。

それでも改善がないときは、スマホそのものの故障も考えられます。一度、故障窓口に相談してみましょう。