Androidスマホで動画が重い・読み込みが遅い!と感じた時の対処法【YouTubeやAbema TV等】

トラブル

YouTubeやAbema TVをスマホで視聴している方は少なくありませんが、急に読み込みが重くなってしまう症状が起きる時があります。

しかも大抵の場合、他の人は問題なく視聴できているのに何故か自分だけが重い…という理不尽に感じる場面がほとんどです。

何故急に重くなってしまうのか?対処法は何か?Google公式ヘルプも参照しつつご案内したいと思います。

YouTubeやAbema TV等の動画配信サービスが重いと感じた時の原因は何か?

YouTubeやAbema TV、Netflix等のインターネットで動画配信サービスが重いと感じる原因は主に4つあります。

  • 視聴しているスマホのインターネット回線が原因のケース
  • 視聴しているアプリが不具合を起こしているケース
  • キャリアのインターネット回線全般が障害を起こしているケース
  • 動画配信サービスのサーバーやホームページで障害を起こしているケース

『キャリアのネット回線全般が障害を起こしている』『動画配信サービス側で障害を起こしている』この2ケースは滅多に起こりません。

自分以外のユーザーも影響が出ているはずなので、自分だけ動画配信が重いと感じる原因は接続しているネット回線かアプリかに原因があると判断できるでしょう。

快適に動画を見られる通信速度の目安はどのくらい?

動画配信サイトで高画質な動画を見ようと思ったら、ある程度の通信速度が無いといけません。

画質が高くなればなるほど求められる通信速度は上昇し、Google公式ヘルプページではYouTubeの動画を例に以下の目安を案内しています。

動画の解像度 推奨される持続的な速度
4K 20Mbps
HD 1080p 5Mbps
HD 720p 2.5Mbps
SD 480p 1.1Mbps
SD 360p 0.7Mbps

YouTubeの標準画質は『SD 360p』なので最低限の画質で動画を見ようと思ったら0.7Mbps以上、読み込みを極力挟ませたくないなら最低でも1Mbpsは欲しい所です。

最低でも1Mbps…これは後のインターネット回線が原因の時の目安になりますので、頭の片隅に留めておいて下さい。

スマホと接続しているネット回線が原因で読込が頻繁に入って重いと感じる時は?

スマホと接続しているネット回線が原因で読込が頻繁に入っていると、度々読み込みが入るので重い…と感じる時もあります。

この場合は接続しているネット回線の速度と、設定されている動画の画質が噛み合っていないことがほとんどです。

まずはPlayストアからネット回線速度の無料アプリをインストールし、ネット回線の速度を計測してみましょう。

通信速度に合わせた画質に調整して視聴しよう

ネット回線の速度を計測したら、先の表で『推奨される持続的な速度』の値にどれが一番近いか調べ、YouTubeやAbema TVの画質を落として調整しましょう。

速度が1Mbpsしか出ていないのに4K画質に設定されていたら、読込が度々入るので重く感じるのも当然です。

YouTubeは接続しているネット回線の速度によって、画質を自動調整する機能がありますが、最適な画質に切り替わっていないこともあるので手動で切り替えましょう。

急に通信速度が遅くなった場合は速度制限になった可能性もある

通信速度が急に遅くなった時の原因の1つに、ネット回線の速度制限にかかった可能性はあります。

特にソフトバンクの3日間3GB制限や、UQ WiMAXの3日間10GB制限等の短期間のデータ通信制限にかかってしまった事も考えられます。

速度制限中でも1Mbpsの速度が出るなら、YouTubeの標準画質は見られますが、1Mbps未満なら動画を見るのが難しいので速度制限解除まで待ちましょう。

4G LTE回線とWi-Fi回線を再接続してみるのも有効

速度制限にかかっていない場合は、一時的にネット回線の接続が上手くいっていない不具合が起きている点も考えられます。

  • 4G LTE回線で視聴中…設定アプリからモバイルデータ通信を一旦OFFにして再度ONにしなおす
  • Wi-Fi回線で視聴中…設定アプリでWi-FiのON/OFFで再接続を試したり、Wi-Fiルーターを再起動する

これでネット回線を再接続できるので、これで解消できるか確かめてみましょう。

アプリの挙動がおかしくなっているケース

インターネット回線が原因の他に、使用しているスマホのアプリの挙動がおかしくなっているケースも考えられます。

アプリのタスクキルや電源再起動を行っても、YouTubeやAbema TV等が重いと感じたら以下の手順を試してアプリの挙動を正常化してみましょう。

ブラウザアプリで視聴している際の対処法

YouTube等の動画配信サイトは、専用アプリをPlayストアからインストールして視聴するのが一般的ですが、Chrome等のブラウザアプリからでも視聴可能です。

Google公式ホームページによると、YouTubeをブラウザアプリから視聴する場合の手順は以下の通りです。

  1. モバイルブラウザを再起動する
  2. デバイスを再起動する

Google公式ホームページの手順は以上ですが、可能であればキャッシュの消去とChromeのタブ消去もトラブルシューティングなのでおすすめです。

YouTube専用アプリで視聴している際の対処法

  1. YouTube アプリをタスクキルして再度起動させる。
  2. スマホを再起動する。
  3. スマホのモバイルデータ通信 or Wi-Fi接続をオフにしてから再度オンにする。
  4. YouTube アプリのキャッシュを削除する。
  5. YouTube アプリをアンインストールしてから再インストールする。
  6. Android を最新バージョンにアップデートする。

YouTube専用アプリで視聴している場合の、アプリの対処法としては上記のようになります。

4『YouTubeアプリのキャッシュを削除する』までを行えば改善することがほとんどですが、改善が見られず重いままの場合は一旦YouTubeアプリ自体をアンインストールします。

正確にはAndroidにはYouTubeが標準装備なので、YouTubeのアップデートファイルの削除になりアプリそのものが消える訳ではありません。

再度YouTubeの再インストールを行えば、自動的に最新版のYouTubeになるので後はGoogleアカウントで再ログインすれば今まで通り使用可能です。

Abema TVアプリで視聴している際の対処法

ちなみにAbema TV公式ホームページにも同様のQ&Aページが存在し、以下の手順で対処可能のようです。

  1. スマホを再起動する
  2. AbemaTVアプリを再起動する(Abema TVアプリのタスクキル)
  3. モバイルデータ通信を利用している場合は、Wi-Fi回線に切り替える
  4. Wi-Fi回線を利用している場合は、ネットワーク設定をリセットする
  5. アプリのキャッシュを消去し、スマホのメモリを解放する

表記こそ違う点はありますが、アプリが不具合を起こしている場合は、YouTubeもAbema TVも同様の操作を行って改善されるか試すようです。

アプリのキャッシュ消去と再接続が基本

今回は割愛しましたが、他の動画配信サイトのアプリが重い時も、YouTubeやAbema TVと同じくアプリのキャッシュ消去やネット回線への再接続が基本です。

キャッシュ消去とタスクキル、電源再起動とネット回線の再接続で改善されることも多いので、他の動画配信サイトで重いと感じたら試してみると良いでしょう。

動画配信サイトが重いと感じたらネット回線の調子をまず調べてみよう

YouTubeやAbema TV等の動画配信サイトは取り扱うデータの容量が大きいので、ネット回線の調子によって視聴環境の快適さは大きく左右されます。

今まで視聴出来ていたのに急に重くなった…と、感じたらまずはネット回線の調子が悪くなっていないか?速度計測アプリ等で計測してみましょう。

速度規制ではなく一時的なネット回線の不調なら、スマホやWi-Fiルーターの電源再起動でも改善することもあるので試してみるのがおすすめです。