見ながら解決!SIMカードが挿入されていませんの原因と対処法

トラブル

スマホで調べ物しようとしたら・・・何かおかしい?Webページの表示されない?

通信状況が悪いのかと思ったら「SIMカードが挿入されていません」とメッセージの表示されている。

今回は、こんな「スマホのSIMカードが挿入されていません」の原因と対処法を解説していきます。

上から順に試していけば、難しいことをせずに解消できるように紹介しているので、流れにそって見ながら対処して下さい。

まずは簡単な方法から

あれこれとやってしまうと余計面倒なことになりかねませんので、まずは本体に影響の少ない簡単な方法で試してみましょう。

  • 機内モードのオン/オフ
  • 電源の再起動
  • SIMカードの抜き差し

ステータスバーにもあるのですぐに試せる方法です。それぞれの方法で改善された場合の原因も解説していきます。

機内モードに切り替えてみる

モバイルデータ通信を一時的にオフできる「機内モード」をオン/オフしてみましょう。

いちばんカンタンですし、これだけで治る場合もあります。

機内モードで改善されるようなSIMカード読み込みエラーが頻繁に起きる場合は、本体がエラーを起こしている可能性があります。

電源の再起動

本体のエラーが、SIMの読み込みセンサーに影響している場合もあります。電源の再起動は必ず試してみましょう。

スマホの動きが遅かったりしている場合は、メモリ解放やキャッシュの削除もして本体を軽くしてあげると改善される可能性があります。

定番SIMカードを抜き差ししてフッ!

スマホの「SIMカードが挿入されていません」というメッセージが表示されている場合、原因は機種かSIMカードに問題があります。

どちらに原因があるにしても試して見るべき方法は、

SIMカードをカードスロットからトレイごと外してフッと息を吹き込む 

どちらに原因があるにしても、SIMカードの読み込みエラーなのですからセンサーのホコリなどを除去すれば改善される事が多くあります。

落とした衝撃などでSIMカードの位置がズレている場合などにも有効的です。

SIMカードは古くないか?

本体を疑う前に、SIMカードが古くなっていないか?ということも疑ってみましょう。

スマホの機種変更で交換してもらってない場合は、nanoSIMでも4年経過していることも考えられます。

金属部分を触って指紋やホコリなどでくすんでしまうこともあります。

本体かSIMに原因があるか確かめるには、本体に友人や家族のスマホのSIMカードを挿入してみましょう。

SIMテストの確認すること
  • 同じ携帯キャリアである
  • Android機種でSIMカードのサイズが同じ
  • お互い入れ替えて本体とSIMカードどちらもチェックする

入れ替えの際にSIMカードを失くさないようにして下さいね。

本体が違うSIMカードを読み込んだ場合は、SIMカードに問題がある可能性が高いです。

SIMカードを新しくする場合は、契約している携帯キャリアのショップなどで手数料2,000円程度で交換してくれます。

同じ携帯キャリアのAndroidスマホがいなくて試せない場合も、ショップで相談してみましょう。店頭で違う機種などでテストしてくれますよ。

本体の調子が悪いときは?

SIMカードの読み込みエラーがほとんどの理由なのですが、スマホのメモリ不足やアプリの影響で「SIMカードが挿入されていません」となる場合もあります。

修理を担当していると、SIMも新しく問題なさそうで本体もいろいろやってみたが改善されない・・・。このような場合はメーカーに送って基盤など内部を見てもらいます。

ただ、修理に送る前にリセット処理をして初期化するのですが、初期化後に何の問題もなくSIM読み込みされることが多くありました。

ショップから修理に出すのであれば、バックアップをしっかりとって自分で先に初期化してみると治ってしまうかもしれません。

試してみるリセット処理は

  • ネットワーク設定のリセット
  • 初期化 

「設定」→「バックアップとリセット」でこの処理はできます。

「ネットワーク設定のリセット」は、WiFiなどの情報だけが削除されるだけなので、ほかのデータには関係ありません。一度は試してみましょう。

初期化はバックアップをしっかりとってから行うようにして下さいね。

関連記事:Androidスマホのトラブルは初期化で治る!必要なバックアップを解説