【ドコモ】Wi-Fi STATION SH-52AのスペックをSH-05Lと比較!価格や料金プラン、発売日についても

最新機種情報

ドコモ初の5G対応モバイルWi-Fiルーターが発売されます。どのような機能があって、スペックはどうなっているのか気になりませんか?

そこで、Wi-Fi STATION SH-52Aについて調べてみました。端末の特長や発売日、価格、料金プランも解説するので参考にしてみてください。

さらに、すでに販売されているSH-05Lとのスペックも比較してみました。ドコモのWi-Fi STATIONの中で、機種をどれにしようか迷っている人、必見です。

Wi-Fi STATION SH-52Aの特長

Wi-Fi STATION SH-52Aはシャープ製のモバイルWi-Fiルーター。持ち運びのできるモデルで、外出時にスマホやパソコンなどと接続して通信がおこなえます。

以下でSH-52Aの特長を3つピックアップしてみました。

ドコモ初の5G対応Wi-Fiルーターで受信時最大4.1Gbps

SH-52Aはドコモでは初となる、5G対応のWi-Fiルーターです。

5Gエリアで受信時最大4.1Gbps、送信時最大480Mbpsの高速通信が可能となります。(2020年6月以降から提供予定)

SH-51Aを使えば、4Kや8Kなどの大容量の映像も送受信がスムーズです。Web会議も快適な環境でおこなえますよ。

LTE環境での通信も、ドコモのモバイルWi-Fiルーター史上最速の速度が実現しました。仕様上は受信時最大1.7Gbpsの通信が可能です。

5GエリアでもLTEエリアでも、高速通信で快適にデータのやりとりができます。

エリアは場所によって異なりますので、使う場所が5G対応になっているのか確認しておくと良いでしょう。

Wi-Fi6対応&有線LANポート内蔵

「Wi-Fi6」はWi-Fi規格の呼び名です。新しいWi-Fi規格で、これまでのWi-Fi通信より速いのが特長です。

SH-52AはWi-Fi6に対応しているので、スムーズにサクサク通信できます。

それから、ドコモ初の機能がもう1つ。SH-52A本体に有線LANポートが内蔵されたのです。

これまでの端末では、有線LANを使えても付属品のクレードルが必要でした。SH-52Aの本体にポートが内蔵されたことで、より手軽に有線接続できるようになります。

無線でつなぐより安定した通信が可能です。個人での利用も、ビジネスシーンでの利用もできる1台です。

接続設定が簡単

SH-52Aには簡単に機器と接続できる機能があります。

ディスプレイに表示されるQRコードをスマホカメラで読み込むと、あっという間に設定完了です。

細かくて入力が面倒なパスワードを手動で入れる必要はありません。タブレットやスマホなど接続機器を増やすときに便利に使えます。

もちろん、これまでのWi-FiルーターにあったWPS接続にも対応。ボタン1つで設定できるので簡単です。

Wi-Fi STATION SH-52Aの発売日

SH-52Aの発売日は、まだ確定していません(2020年4月13日現在)。時期として2020年5月下旬以降に発売が予定されています。

発売日が正式に決まるのを待ちましょう。

Wi-Fi STATION SH-52Aの価格

2020年4月現在、ドコモ公式ホームページではSH-52Aの商品価格は公開されていません。

けれども、報道関係者に向けた新商品発表会の場で価格のアナウンスがあった模様です。その情報によると、SH-52Aの価格は税込み68,904円。

既存のWi-Fi STATIONシリーズは、ドコモオンラインショップで税込み27,000円前後で販売しています。それと比較したら2倍以上の価格設定です。

さすが5Gに対応していてハイスペックになっているだけあります。

ただ、正式に確定した価格ではないので、目安程度にしておいてくださいね。ドコモの発表を楽しみにしましょう。

Wi-Fi STATION SH-52Aの予約

SH-52Aの事前予約は、ドコモオンラインショップでは実施しないことが発表されています。

「どうしても発売したらすぐ欲しい!」という人は、ドコモショップ店頭で相談してみると良いでしょう。

Wi-Fi STATION SH-52Aの料金プラン

SH-52Aの料金プランは「5Gデータプラス」です。税込み1,100円で利用できます。

しかし、たった1,100円のみで使えるわけではありません。SH-52Aとペアになる回線(スマホ)が必要で、契約を紐づけることで通信できるようになります。

つまり、スマホの料金プランと5Gデータプラス1,100円の合計が、毎月支払う料金になるのです。

ペアにできる料金プランは、

  • 5Gギガホ
  • 5Gギガライト
  • ギガホ
  • ギガライト

の4つのみです。選択したプランのデータ容量の範囲で、SH-52Aが使えるようになります。

5Gギガホを選択する場合、5G対応のスマホも必要になること、SH-52Aで通信できるデータ容量は上限30GBまでになる点に気を付けましょう。

ドコモの料金プランは、家族構成やドコモ光の有無によって月額料金が変わります。一度、料金シミュレーションをして確認することをおすすめします。

SH-52AとSH-05Lをスペック比較

SH-52Aのスペックを紹介します。一緒にSH-05Lとスペックを比較してみました。

SH-05Lはシャープ製のWi-Fiルーターで、ドコモのWi-Fi STATIONシリーズとして販売している機種です。

5Gが使える端末がいいか、LTEで使える端末でいいのか迷うこともあるかと思います。機種選びの参考にしてみてください。

機種名 SH-52A SH-05L
発売日 2020年5月下旬以降  2019年11月1日 
サイズ(高さ×幅×厚さ)  84㎜×157㎜×16㎜ 72㎜×108㎜×15㎜ 
重さ  未定  150g
最大通信速度 5G:受信4.1Gbps/送信480Mbps
4G:受信1.7Gbps/送信131.3Mbps 
PREMIUM 4G:受信988Mbps/送信75Mbps
LTE:受信150Mbps/送信50Mbps 
連続通信時間  未定 PREMIUM 4G:約5時間 
Wi-Fi通信規格 IEEE 802.11a/b/g/n(Wi-Fi4)/ac(Wi-Fi5)/ax(Wi-Fi6) IEEE 802.11a/b/g/n(Wi-Fi4)/ac(Wi-Fi5)
有線LAN IEEE802.3bz(2.5GBASE-T)
IEEE802.3ab(1000BASE-T)
IEEE802.3u(100BASE-TX)
IEEE802.3ab(1000BASE-T)
IEEE802.3u(100BASE-TX)
IEEE802.3(10BASE-T)
※クレードル利用時
バッテリー容量 4,000mAh 4,000mAh
ディスプレイ 不明 2.4インチ
同時接続台数 18台(Wi-Fi16台、有線LAN1台、USB1台) 11台(Wi-Fi10台、USB1台)
国際ローミング
USBテザリング
カラーバリエーション ブラック ブラック

発売日がまだ先になっているため、確定していないスペックもあります。

  • 5Gに対応し通信速度が向上
  • 有線LANポート内臓
  • Wi-Fi 6対応

など、スペックは向上していることがわかりました。スペックが高くなった分、SH-05Lと比べてサイズは大きくなっています。

今は未定になっている、端末の重さや連続通信時間がどのくらいになるのかも検討材料になりそうです。

5Gに対応していないエリアで使う場合、SH-05Lが候補に挙がるでしょう。

けれどもSH-52AはLTEエリアでの通信も速いです。仕様上は4Gの通信で受信最大1.7Gbpsとなっています。

4Gエリアでもより速い通信をしたいなら、SH-52Aのほうがおすすめです。今後、5Gエリアが広がることも見越して検討してみてはいかがでしょうか。

SH-52Aなら場所を選ばすに高速通信ができて便利!

SH-52Aについて解説してきました。

SH-52Aがあれば持ち運びができるので、いつでもどこでも機器と接続して5G通信ができます。5Gの高速通信を使えば、大容量動画のアップロードや再生などもスムーズです。

スペックも前モデルのSH-05Lと比較して向上しています。ストレスのない快適な通信をSH-52Aで楽しんでみてください。

source:Wi-Fi STATION SH-52A│NTTドコモ