最新AirPods2は第1世代と何が違うの?進化した機能を紹介

最新機種情報

3月20日にAppleから最新の第2世代のAirPodsが発表されました。

完全ワイヤレスイヤホンを流行らせるきっかけとなったと言えるAirPods。

憧れている方も多いのではないでしょうか。

そんな中最新型が登場しましたので、この機会に購入を考えている方の参考になればと思います。

最新型AirPodsの機能紹介

では、そんな最新型AIrPodsの進化した点も含めて、機能を簡単にご紹介します。

ワイヤレスという利点の最大化。操作はよりシンプルに

新しいAirPodsは使っているiPhoneなどのデバイスに設定をしておけば、自動的にオンになる様にできます。

また、耳につけるだけでそれを自動的に感知して自動的に再生することができます。

一時停止する時には耳から取り外すだけでできます。

なので、AirPodsを装着している時にいちいちiPhoneを操作して、音楽を再生したり止めたりをしなくてもよくなります。

ワイヤレスならでは手軽さという利点がより進化していて、操作も簡単になってます。

しかもそれが、iPhoneであろうとMacであろうと端末に縛られることなく使えるので、複数Apple端末を持っている方であればよりその進化や利便性を実感できると思います。

Siriが声だけで使える

SiriとはAppleのiPhoneなどで使用できる音声アシスタント機能です。

今までの第1世代のAirPodsでSiriを使おうとする時には、AirPods本体を2回タップしなければなりませんでした。

それが最新のAirPodsではただ「Hey Siri」と話しかけるだけで使えます。

いちいち、AirPods本体を操作したりお使いのiPhoneを取り出して操作をしなくてもいいのです。

ただ「Hey Siri。〇〇に電話をして」と話しかけるだけで、その人に電話をかけてくれます。

より簡単に使える様になったSiriは間違いなく使っている方の役に立つと思います。

最新のApple H1ヘッドフォンチップでより高性能に

最新のAirPodsでは搭載しているチップ自体が新しくなったことで、より高性能になりました。

主には

・iPhoneとiPadなど使うデバイス間の切り替えは最大2倍速くなった

・電話の通話への接続は最大で1.5倍速くなった

・ゲームのレイテンシが最大で30%も低減した

という点です。

第1世代のAirPodsでネット上の声としていくつかみられたのが、「デバイス間の切り替えに時間がかかる」というものでした。それを新しいチップを搭載することで改善した様です。

また、ゲームのレイテンシが減ったという点ですが、そもそもレイテンシとは何かというと、

ゲームにおけるいわゆる「ラグ」というものです。要は画面や音のズレのことです。

最新のAirPodsにおいてゲーム音声のズレが30%も最大で減っているということです。

特に対戦型や流行のバトルロイヤル系のゲームをする時には音声のズレがそのまま不利や敗北に繋がってしまう可能性もありますので、ゲームをする方にはかなり嬉しい進化ではないでしょうか。

進化したバッテリー

最新のAirPodsは一回のフル充電で最大5時間の音楽再生が可能な様です。

さらに進化した点として、長時間の音楽再生に加えて最大3時間の通話が可能になった様です。

また、最新のAirPodsは、充電ケースに15分間入れておくだけで、最大3時間の音楽再生と2時間の通話ができる様になります。なので充電を忘れてしまった時は15分だけ我慢をしましょう。

そうすればまた音楽を聴くことができます。

バッテリー残量を知りたい時にはSiriを活用することで簡単に確認ができる様です。

電池残量が気になった時には「Hey Siri。 AirPodsのバッテリーはどのくらい?」と尋ねてみましょう。

ワイヤレスチャージに対応した新型充電ケースタイプの登場

最新型AirPodsには、通常のケーブルで充電するタイプの充電ケースと充電マットに置くだけで充電ができるワイヤレス充電に対応したWireless Charging Caseの2種類があります。

これからはiPhoneだけでなく、ケースに入れたAirPodsもワイヤレスで充電するのが日常になっていく方も増えていくことでしょう。

最新AirPodsの値段のご紹介

・AirPods with Wireless Charging Case:22,800円(税別)

・AirPods with Charging Case:17,800円(税別)

値段的には、やはりワイヤレス充電に対応したケースは通常のケースよりも5,000円ほど高価ですね。その代わりに「置くだけで充電できる」という利便性を得られるので、お好みで選んでみてはいかがでしょうか。

また、Appleオンラインストアを見ると、ワイヤレス充電に対応した充電ケース単体も購入が可能な様です。

Wireless Charging Case for AirPods:8,800円(税別)

これは全てのAirPodsに対応している様なので、すでにAirPodsを持っている方でワイヤレス充電をしてみたい方はこのケースのみを購入してみてはいかがでしょうか。

最後に

今回は最新型AirPodsについてご紹介をいたしました。

様々なメーカがワイヤレスイヤフォンを販売していますが、iPhoneやiPad、MacなどのApple製品をメインで使用している方はせっかくなので同社のAirPodsで豊かな音楽生活などを考えてみてはいかがでしょうか。

AirPods|Apple(日本)