楽天モバイル(MNO)とワイモバイルはどっちがお得?エリア・料金プランを比較!

未分類

大手キャリアとは一線を画す格安プランで、それぞれ人気を集めてきたワイモバイルと楽天モバイル。

2020年4月には、楽天モバイルが新MNOとして初めてのプラン「Rakuten UN-LIMIT」を発表しました。

では、MNOとなった楽天モバイルとワイモバイル、一体どちらがお得なのでしょうか?

楽天モバイル(MNO)とワイモバイルについて、エリア・料金プラン・キャンペーンなどを分かりやすく比較していきます。

エリア・つながりやすさの比較

まずは、ワイモバイルと楽天モバイル(MNO)のエリア・つながりやすさについて解説します。

ワイモバイルのエリア

MVNOと勘違いされることも多いワイモバイルですが、実は大手キャリアのソフトバンクが運営・提供を行っています。

そのため、ワイモバイルの電波網はソフトバンクと全く同じもの。Massive Mimoや4×4MIMO、キャリアアグリゲーションなどの最新技術にも、しっかりと対応しています。

auやドコモと比較しても、エリアや安定性でそれほど劣ることはありません。

楽天モバイル(MNO)のエリア

楽天モバイル(MNO)のエリアは、「楽天回線エリア」と「パートナー回線エリア」を利用できます。

エリア 特徴
楽天回線エリア 楽天の自社基地局による回線。エリアは拡大予定だが、2020年5月現在、主要都市周辺に限定されています。
パートナー回線エリア auの800MHz帯を借りて提供。人口カバー率99%

以上の2つのエリアを合わせたものが、楽天モバイル(MNO)のエリアとなります。

MNOとしての楽天モバイルのエリアは、2020年5月時点ではauありきのものといえそうです。

両社共に大手キャリア並!

エリアの広さという面では、ソフトバンクと全く同じエリアを持つワイモバイル、auとほぼ同等のエリアを持つ楽天モバイル(MNO)、どちらも共に大手キャリアと比べても遜色のないサービスが期待できます。

しかしながら、楽天モバイルがauの「一部」電波帯を借り受けているのに対して、ワイモバイルが利用しているのはソフトバンクの「全て」の電波帯。

厳密にいうと、速さや安定性という面では、ワイモバイルが若干有利です。

ワイモバイルの料金プラン

ワイモバイルの料金プランは、2020年5月現在、スマホベーシックプランのみです。月額料金が割引になる、おうち割光セット(A)・家族割引・新規割についてもあわせて、詳しく解説します。

スマホベーシックプラン

1回10分以内の国内通話無料と、Sプラン3GB・Mプラン9GB・Rプラン21GBのデータがセットになったプランです。

詳しい料金について、以下の表にまとめました。

プラン Sプラン Mプラン Rプラン
月額料金 2,680円 3,680円 4,680円
データ量 3GB 9GB 14GB
通話料金 1回10分以内の国内通話無料(10分超過分は30秒20円)
スーパーだれとでも定額(国内通話完全定額サービス)1,000円/月
5Gサービス 2020年5月現在、ワイモバイル公式からの言及はなし

※表内全て税抜きです。

加えて、月額500円(税抜き)の「データ増量オプション」を申し込むと、Sプラン4GB・Mプラン12GB・Rプラン17GBまで利用できるようになります。

おうち割光セット(A)

ソフトバンク光・SoftBank Airなどの対象サービスとスマホをセットで契約すると、スマホの月額料金が割引になります。

割引金額はスマホベーシックプランS・M・R共に、一律毎月500円(税抜き)。

期間に定めはなく、条件を満たす限り永久に割引が入ります。

家族割引

ワイモバイルが規定する家族回線の条件を満たせば、2回線目から毎月500円(税抜き)が割引されます。おうち割光セット(A)とは併用できません。

新規割

新規・乗り換えなどでワイモバイルを新しく契約した場合、契約翌月から6カ月間、月額料金を700円(税抜き)割引するキャンペーンです。

楽天モバイル(MNO)の料金プラン

楽天モバイル(MNO)のプランは、Rakuten UN-LIMITのみです。月額料金が安くなる1年無料キャンペーンについてもあわせて、詳しく解説します。

Rakuten UN-LIMIT

楽天回線エリア無制限・パートナー回線エリア5GBのデータが利用できるプランです。Rakuten Linkアプリを利用すれば国内通話無料のほか、速度制限後も1Mbpsで利用できます。

詳しい料金について、以下の表にまとめました。

月額料金 2,980円
データ量 楽天回線エリア:無制限
パートナー回線エリア:5GBまで(速度制限後1Mbps)
通話料金 Rakuten Linkアプリ利用で国内通話無料
Rakuten Linkアプリ非利用時30秒20円
5Gサービス 2020年5月現在、未提供
2020年6月にスタート予定
その他 海外66か国でデータ2GBまで利用可能(月額料金込み)

※表内全て税抜きです。

1年無料キャンペーン

楽天モバイル(MNO)では、2020年5月現在、300万人限定でRakuten UN-LIMITの月額料金を1年間無料にするキャンペーンを行っています。

料金プランの比較!データ量によってどちらがお得かが変わる!

ワイモバイルと楽天モバイル(MNO)の比較を、以下の表にまとめました。

楽天モバイル(MNO)

ワイモバイル
通常時 家族割引またはおうち割光セット(A)適用時
~3GB 2,980円 2,680円 2,180円
3~4GB 3,180円 2,680円
4~5GB 3,680円 3,180円
5~9GB 2,980円
パートナー回線エリアで5GB以上利用の場合は1Mbpsに制限。追加データチャージは1GB 500円
9~12GB 4,180円 3,680円
12~14GB 4,680円 4,180円
14GB~17GB 5,180円 4,680円
通話料金 Rakuten Linkアプリ利用で国内通話無料

Rakuten Linkアプリ非利用時30秒20円

1回10分以内の国内通話無料(10分超過分は30秒20円)

スーパーだれとでも定額(国内通話完全定額サービス)1,000円/月

※表内全て税抜きです。

ワイモバイルの料金は、スマホベーシックプランプランS・M・Rのそれぞれのデータ量と月額料金に加えて、データ増量オプションを申し込んだ場合のデータ量と料金を記載しました。

比較してみると、「データ量3GBまで」または「データ量4GBまででおうち割光セット(A)または家族割を適用」というケースを除いて、楽天モバイル(MNO)が安くなることが分かります。

ただし、パートナー回線エリアにて5GB以上のデータが必要になる場合は、楽天モバイル(MNO)では1Mbpsの速度制限が入ってしまいます。ウェブ検索・SNS利用などは問題なく利用できるでしょうが、ゲーム・動画の利用は厳しいでしょう。

よって、どちらがお得になるかは、以下のように分類できます。

割引なし 家族割引またはおうち割光セット(A)あり
~3GB ワイモバイル ワイモバイル
3~4GB 楽天モバイル
4~5GB 楽天モバイル
5GB~ 主に楽天回線エリアで利用できるなら楽天モバイル
主にパートナー回線エリアでの利用ならワイモバイル

ワイモバイル・楽天モバイル(MNO)どちらがお得かは、「利用するデータ量」「楽天回線エリア内かどうか」によって変わってくるといえそうです。

ケースによっては楽天モバイル(MNO)の方がおトク!

速さや安定性の面では、若干ワイモバイルに劣る楽天モバイル(MNO)。しかしながら、プラン内容や料金の面では、楽天モバイル(MNO)の方がお得になるケースも多々あります。

ご自分の「データ量」と「楽天回線エリア内か」を確認して、どちらがお得になるかチェックしてみてください。

楽天モバイル(MNO)に申し込む方法

ワイモバイルから楽天モバイル(MNO)に乗り換えるためには、以下のような手順が必要です。新規契約の場合は、①の手順のみを省いてください。

  1. ワイモバイル側でMNP予約番号を発行
  2. 楽天モバイル Rakuten UN-LIMIT」で契約の手続き
  3. 郵送されてきたSIMカードを挿入
  4. 必要に合わせて端末の設定