androidスマホをwifiルーター中継機にする方法

Wi-Fi・Bluetooth

契約しているギガ数を越えて規制がかかって遅い!でもこの部屋はwifiが届かない場所・・・

同じようにパソコンやタブレットを利用していてwifiが届きにくい・・・という場合に使っていないandroidスマホがwifiの中継機になったら便利ですよね!

今回はandroidスマホをwifiルーターの中継機にする方法をご紹介します!

テザリング機能は3種類ある

wifiタイプのタブレットやノートPCなどをwifi環境のない場所でスマホのテザリング機能はとても重宝しますよね。

このテザリング機能の接続方法は3種類あることをご存知でしょうか?

・wifi
・USB
・Bluetooth

の3種類です。wifiとUSB接続はご存知でしょうが、Bluetoothを利用してテザリングも可能なんです!このBluetooth接続を使うことでほとんどのスマホがwifiの中継機として利用ができます。

まずは、それぞれの接続を利用してwifi中継機にする方法とメリット、デメリットを解説していきます。

wifi接続のテザリングの中継機能は?

テザリングの設定の中に”wifiブリッジ”という機能があります。この機能はまさにwifi中継機として最適な機能なのですが、ついているスマホはandroidでも少ないんです。

HUAWEI(ファーウェイ)の機種などで利用できますが、全ての機種で対応しているわけではありません。

設定方法
「設定」を開いて「その他」を開きます。
「テザリング」ではなく「テザリングとポータブルアクセス」という機能なら開くと「wifiブリッジ」という機能があります。
「設定」をタップしてSSIDとパスワードを入力すればwifi中継機として使うことができます。

メリット
・自宅やwifi環境下で届きにくい場所へwifiを届ける中継機として使える

・公衆無線LANや公衆wifiなどでスマホ1台を設定しておけば、他のパソコンやモバイル機器などは設定しなくていい

デメリット
非常に便利な機能なのですが、全てのスマホについている機能ではありません。通常のスマホでwifi接続中にテザリングをするとwifi接続は切断されてしまいます。

今後にSIMフリーのAndroid機種を購入するときは便利なのでwifiブリッジ機能が使える機種を選択肢にいれるというところでしょう。

USB接続のテザリングの中継機能は?

速度も速くつなぎながら充電もできるのでテザリング機能の中では最高なのですが、受信したい機器に接続しないといけないので「中継機」ではなく「受信機」です。

直接つなぐUSB接続はスマホの電波を利用する通常のテザリングでは、速度も安定しているので最適です。

ですが、タブレットなどモバイル機器に接続するにはUSBハブの変換などの機器も必要です。かさばりますし、なにより「中継」という形ではありませんね。

メリット
速度は安定している、充電もされるので長時間の使用できる

デメリット
中継ではなく受信機なのでwifiの届く場所になければいけない。

Bluetooth接続のテザリングの中継機能は?

主にオーディオ利用で使うBluetooth機能でテザリングも可能です。Wifi接続と違いテザリング機能でwifiが切断されないので中継機として利用できます。

Androidスマホ全てについている機能ではありませんが、エクスペリアをはじめとする多くのスマホにはついている機能です。

テザリング接続の中でバッテリーの消費が少なく、接続のない待ち受け状態でのバッテリー消費はほぼないという利点もあります。

設定方法ですが、イヤフォンなどオーディオ機器とのペアリングとほぼ同じです。

設定方法
設定→その他の設定→テザリング→Bluetooth接続をON

受信したい機器の設定の”Bluetooth”機能をONにして「使用可能なデバイス」にスマホの名称が表示されます。

中継機として使用する機種にも同様に相手の名称がでます。それぞれをタップしてパスキーを入力してペアリング

「インターネットアクセス」をONもしくはチェックマーク
以上で設定は完了です。

メリット
・ほとんどの機種で使用可能
・待ち受け時のバッテリー消費はほぼなく、接続時もテザリング接続では一番消費が少ない
・外で公共wifiを使うときでも設定はスマホ1台で済むので楽

デメリット
・Bluetoothのバージョンにもよるが3つの接続方法では一番速度が遅い
・3つの接続方法の中では設定が面倒

最後に

いかがでしたか?最後にまとめると・・・

・中継機能はwifiブリッジ接続できる機種は少ない。今後購入の参考にすれば便利
・USB接続は中継機としては使えないが、テザリング機能の中では最適。
・wifiブリッジ機能のあるスマホよりは遅いが、ほとんどのAndroid機種でbluetooth接続すれば中継機としては使える

スマホが規制中で遅いときやwifiが届きにくい部屋へ中継機で解消されるか?の試験的利用、たまにしかつかわない部屋での利用では十分役に立ちます。

自由度の高いAndroidスマホはアイデア次第でいろんなことに活用できるので、捨てたりせずに大切に使っていきましょう!