スマホの機種変更で分割払いに落ちた!?原因と傾向のまとめ

未分類

「スマホを機種変更する時に分割支払を申し込んだら断られた…」

分割支払が断られることなんてあるの!?って、驚く方もいらっしゃいますが、実はこれ、結構あるお話です。

スマホに限らず携帯電話を分割で購入する場合は、申し込めば必ず出来るわけではありません。

様々な要素を審査して問題ないと判断された場合のみ、分割支払いが出来る仕組みになっています。

 

今回は携帯電話の審査の裏側をほんの少し公開します。

どういった経緯で落ちてしまったのか原因と傾向を記載します。

クレジットカードやローン等の信用情報に引っかかるケース

まず最も落ちやすい原因が、申し込みをした人の信用情報によって分割支払が出来ないケースです。

信用情報とは何かと言いますと、クレジットカードや各種ローンの支払状況や借り入れ状況といった内容です。

これは指定信用情報機関CIC等の信用情報を用いて審査をしています。

どこかで未払いが無いか、借りすぎていないかを審査した結果落ちてしまうというケースです。

 

未払いや完済をする事で再度申し込み可能となりますが、信用情報の審査は申込みの都度行われます。

仮に未払いがあったとして全て払って、一切の債務を支払ったからといって

信用情報が更新されている訳ではありませんので、必ず審査に通る訳ではありません。

回線ごとの割賦上限に引っかかったケース

回線ごとに申し込める分割支払の数には上限があります。

例えば今使っている携帯電話と、その前の携帯電話で割賦が残っている状態で

更に追加で割賦を申し込んで合計3つの割賦になってしまい断られてしまうケースです。

 

この場合は上限以下になるように割賦を完済する事によって、再度申し込むことが可能です。

金額があまりにも高すぎるケース

分割支払を申し込む際に分割支払の合計金額も審査されています。

明言はされていませんが有名なボーダーラインとしては総額10万円を越えてしまうと、審査に落ちてしまう事が多いようです。

Androidスマホでは単体で10万円を超える機種はありませんが

イヤホンやスマホケースを一緒に購入すると10万円を超える事がありますので、

もし審査に通らなかったら総額10万円以下にして、再度申し込んでみると良いでしょう。

店舗やキャリアの判断で落ちるケース

申し込んだ人の状況によって落ちてしまうというのがあります。

信用情報も問題ない、回線ごとの割賦数も問題ない…しかし明らかに分割支払をするにはリスクが高い。

そのような場合でも分割支払が断られるケースもあります。

・申し込んでいる人の様子が挙動不審である

・不正契約が濃厚である。

・他の審査で審査基準を満たしているものの、可能な限り黒に近い灰色な状態である。

それらの理由で店舗やキャリア側で断る事もあります。

 

これに関しては対策の打ちようがない為、一括で申し込むしかありません。

判断基準は明示されていないので聞いても分からない

最後にこれらの分割支払で断られてしまう審査基準は明示されていません。

これは同じく基準を明示していないクレジットカードや各種ローンのように、分割支払が信用情報を使って審査を用いる為です。

 

その為、もし審査に通らなかったとして店員に詰め寄っても答えられません。

店員も何故断られたのか分からない為です。

 

一応、対策としてはどうしても契約したいなら一括で申し込み直すのが一番です。

ただ分割で支払いをしたいなら、クレジットカードやローンの未払いがあれば完済して

後日申し込み直すという手もありますが、それでも確実に申し込める訳ではありません。

 

分割支払が断られたら、一括で購入できるようお金を貯めてから再度申し込むほうがオススメです。