4眼カメラ搭載!OPPO A5 2020のスペックや発売日、価格。Reno Aとの違いは?

最新機種情報

OPPOからエントリーモデルであるAシリーズに、OPPO A5 2020が追加されました。2万円台でありながら4眼カメラを搭載した、特徴的なモデルとなっています。

この記事では、OPPO A5 2020の特徴・スペック・価格・発売日などをご紹介していきます。

OPPOの他機種、Reno AやAX7との違いにも注目して解説していきますので、ぜひ目を通してみてください。

OPPO A5 2020の特徴

OPPO A5 2020は、エントリーモデルであるAシリーズに属する機種であり、OPPO AX7の後継機種と言われています。

そんなOPPO A5 2020の特徴は、大きくは以下の3つになるかと思います。

  • 価格からは考えられない4眼カメラ
  • 使い勝手抜群の大容量バッテリー
  • 値段やスペックだけでは測れない!CPUの魅力

それではそれぞれ詳しく解説していきましょう。

価格からは考えられない4眼カメラ

OPPO A5 2020はなんと背面に4つものカメラを搭載しています。

多くのカメラレンズ搭載は最近のスマホのはやりであり、それによってズームやぼかし、暗い場所での撮影などが強化されるというメリットがあります。

今までも、HUAWEIやSamsungのスマホにおいて、4眼レンズを搭載したモデルはいくつか発表されてきました。

OPPO A5 2020において驚きなのはその価格です。詳しくは後述しますが、税込み29,480円、ギリギリ2万円台で4眼カメラを実現したのは驚異的と言えるでしょう。

OPPO A5 2020の背面には、メインカメラ1200万画素、広角カメラ800万画素、距離測定用カメラ200万画素、モノクロカメラ200万画素の4つが搭載されています。さらにインカメラも1600万画素の性能を誇っており、カメラ性能は間違いなくOPPO A5 2020の大きな特徴と言えそうです。

それでは、実際にどのような写真撮影が可能となったのか、簡単にご紹介いたします。

119°超広角レンズ

OPPO A5 2020に搭載された広角レンズは、119°のワイド撮影を実現しました。被写体から風景まで、目にしたままに近い美しい写真を撮影できます。

ウルトラナイトモード2.0

さらにOPPO A5 2020には、ウルトラナイトモード2.0を搭載しています。ウルトラナイトモード2.0は夜間撮影に適したモードであり、OPPOの他機種にも多く採用されてきました。

AIによる自動調整や複数の写真の合成で、暗い場所でもノイズの少ない美しい写真撮影が可能となっています。

ビューティーモードでセルフィーも

OPPO A5 2020においては、インカメラも1600万画素と非常に充実しています。

くわえて、ビューティーモードという自撮りに嬉しい機能も採用されました。肌の色味を美しく調整、顔を強調してくれるものであり、自然で美しい自撮りが可能になります。

ビデオの手ブレ補正も

OPPO A5 2020は、AI技術やジャイロセンサー、光学式手ブレ補正により、ビデオ撮影の手ブレを大きく軽減しています。

これにより、動きながらでも、暗い場所でも、誰にでもブレの少ないビデオ撮影が可能になりました。

使い勝手抜群の大容量バッテリー

OPPO A5 2020には5000mAhの大容量バッテリーが搭載されました。前モデルOPPO AX7も素晴らしいバッテリー容量でしたが、それを上回るスペックとなっています。

さらに別売りのOTGケーブルを利用することで、リバース充電をも可能にしました。OPPO A5 2020本体自体のバッテリー持ちはもちろん、必要な際にはモバイルバッテリーとしての働きも期待できます。

値段やスペックだけでは測れない!CPUの魅力

OPPO A5 2020はオクタコア、さらにCPUはSnapdragon665を採用しました。Snapdragon665は、現在エントリーモデルからミドルレンジモデルで多く採用されているものです。

このスペックだけを見ても、価格以上の操作感、日常操作や単純なゲームまでなら問題なく使えるレベルと言えるでしょう。

さらにOPPO A5 2020においては、Game Boost2.0を搭載。Frame BoostとTouch Boostを利用することで、反応がよくカクつきのすくない動きを実現しました。

実際にネット上でのレビューでは、「思ったよりもサクサク動く」という内容のものもあがっています。値段やスペック以上の実力が期待できるのではないでしょうか。

OPPO A5 2020のスペック

つづいて、OPPO A5 2020の詳細スペックを解説していきます。

こちらにスペック表をご用意しました。

ディスプレイ 約6.5インチ In-cell
サイズ(幅×縦×厚さ) 約W75.6 ×H163.6 ×D9.1 mm
重さ 約195g
OS ColorOS 6.0 (Based on Android 9.0)
CPU Snapdragon665 オクタコア(2.0GHz×4+1.8GHz×4)
内臓メモリ RAM:4GB ROM:64GB
外部メモリ micro SD 最大256GB
カメラ メイン:1200万+800万+200万+200万画素 サブ:1600万画素
バッテリー容量 5000mAh
防水・防塵 IP5X
充電端子 Type-C
生体認証 顔認証・指紋認証
その他の機能 ワンセグ&おサイフケータイは非対応

一番に目につくのは、特徴としてもあげた大容量バッテリーと飛びぬけたカメラ面でしょう。前述のとおり、CPUにもスペック表のみでは測れない魅力を感じます。

OSはAndroid9をカスタマイズしたColor OS 6.0を採用。便利な面も多いものの、OPPO製品が初めての方にはとまどいもありそうです。

ワンセグやFelicaは非対応、防水機能も非搭載となっており、細かい機能面では値段相応の部分も多々あると言えるでしょう。

ではOPPOの他機種、特に関連性の深いものと比べると、どのような位置づけができるでしょうか?

詳しく解説していきます。

OPPO AX7との違い!OPPO A5 2020はどう進化した?

OPPO AX7は2018年11月に発売されました。OPPO A5 2020は1年を経た後継機種となります。

ともにエントリーモデルと言われる2台ですが、どのようなスペックの違いがあるのでしょうか?

前述のとおり、OPPO AX7でも特徴的であったバッテリー容量は、さらにパワーアップしました。カメラも2眼から4眼に増え、機能が底上げされています。

CPU部分で見ると、Snapdragon450からSnapdragon665に変更、強化されました。動きの良さをサポートする機能も多数搭載され、全体としてワンランクアップしたと言えそうです。

OPPO A5 2020においては、OPPO AX7で好評であった特徴を残しながら、上手く進化したと言えるのではないでしょうか。

OPPO Reno Aとの違い!どちらを買うべき?

OPPO Reno Aは、エントリー~ミドルクラスのモデルとして、OPPO A5 2020よりも先駆けて10月に発売されました。

OPPO A5 2020との価格差は約1万円。今から買われる方は、OPPO A5 2020かOPPO Reno Aか、迷われる方も多いことでしょう。

2機種を比較すると、バランス型のOPPO Reno Aと特徴的なOPPO A5 2020という分析ができるかと思います。

OPPO Reno Aは防水機能、CPUのスペック面ではOPPO A5 2020よりも優れており、3万円台ながら画面には有機ELを採用しました。日本向けにFelicaも搭載しており、コスパの良いバランスのとれた機種と言えるでしょう。

一方OPPO A5 2020は、防水機能やFelica機能がなく、反面でバッテリーやカメラにふりきった特徴があります。

それぞれの良さがあるので、検討の上、ご自分にあった機種を選ばれると良いのではないでしょうか。

OPPO A5 2020の価格・発売日

OPPO A5 2020は、ブルーとグリーンの2カラー展開となりました。どちらも「自然」から着想を得た、美しく落ち着いた色味にしあがっています。

発売日は2019年11月1日、価格は税込み29,480円です。

キャリアとしてはUQモバイルが取り扱いを発表しました。

スペックや特徴面からすると、税込み3万以下の機種とはとても思えません。コストパフォーマンスはかなり高い1台と言えそうです。

OPPOらしい魅力満載!特徴的なOPPO A5 2020

OPPO A5 2020は、大容量バッテリーや4眼カメラに特徴的を持つ、OPPOらしい魅力的な機種です。2万台とは思えないスペック・機能を実現しており、コストパフォーマンスも抜群と言えるでしょう。発売日も迫ってきておりますので、気になる方はぜひ視野にいれてみてください。

source:OPPO A5 2020|OPPO 日本