Huawei nova 5Tの特徴や発売日。Googleサービスは使えるの?スペック比較(P30 lite・P30 pro)も

最新機種情報

Huaweiから、4眼カメラを搭載したスマホnova 5Tが新しく発売されます。

エントリーモデルに冠されるというnovaの名がついていますが、果たしてnova 5Tの実力はどの程度でしょうか?

特徴からp30 lite・p30 proとのスペック比較、antutuスコアまで詳しく解説します。

注目が集まるGoogleサービスについても言及しますので、ぜひ目を通して見てください。

Huawei nova 5Tの特徴

まず初めに、Huawei nova 5Tの特徴をご紹介します。

4眼カメラ

Huawei nova 5Tには背面にマクロカメラ、メインカメラ、被写体深度カメラ、超広角カメラの4つが搭載されています。多くのレンズを搭載したスマホはズームやぼかしに強く、最近の流行です。

そんななかでもHuawei nova 5Tならではの特徴がマクロカメラ。被写体を大きく撮影するレンズであり、花や虫などの小さなものも迫力ある写真で表現できます。

パンチホールディスプレイ

Huawei nova 5Tではインカメラを画面の中に配置したパンチホールディスプレイを採用しました。ノッチは姿を消し、画面を最大限に利用することができます。

大容量バッテリーと超急速充電

Huawei nova 5Tのバッテリーは3750mAhと大容量。加えて超急速充電に対応し、30分で50%の充電が可能です。

ゲームプレイにも期待大!

Huawei nova 5TはHuaweiのハイスペックモデルに使用されるkirin980を採用。さらにAIがGPUターボなどで快適なゲームプレイをアシストしてくれます。

Huawei nova 5Tのスペック

つづいてはHuawei nova 5Tのスペックをご紹介します。

比較のために同じHuaweiのp30 liteとp30 proのスペックも表にしました。

機種名 p30 lite nova 5T p30 pro
発売日 2019年8月8日  2019年11月29日 2019年9月13日
メーカー Huawei
価格(税抜き) 39,420円   54,500円 82,080円
ディスプレイ  約6.15インチ TFT 約6.26インチ TFT  約6.5インチ 有機EL
サイズ(幅×縦×厚さ)  152.9mm×72.7mm×7.4mm 154.25mm×73.97mm×7.87mm  約158mm×73mm×8.6mm
重さ  約159g  約174g 192g
OS EMUI9.0(Android9ベース) EMUI9.1(Android9ベース)
CPU Kirin710オクタコア 2.2GHz×4+1.7GHz×4 Kirin980 オクタコア2.6GHz×2+1.92GHz×2+1.8GHz×4 Kirin980 オクタコア2.6GHz×2+1.92GHz×2+1.8GHz×4
内臓メモリ RAM:4GB ROM:64GB RAM:8GB ROM:128GB RAM:6GB ROM:128GB
メインカメラ トリプル 2,400万画素+800万画素+200万画素 クアッド 4,800 万画素+1,600万画素+200万画素+200万画素 クアッド 4,000万画素+2,000万画素+800万画素+ToFカメラ
サブ 2,400万画素 3,200万画
バッテリー容量 3,340mAh 3,750mAh 4,100mAh
防水・防塵 なし IP8X・IP6X
生体認証 指紋・顔
その他機能 なし おサイフケータイ

nova 5Tとp30 lite・p30 proを比較

p30 liteと比較すると、nova 5Tはあらゆる面でバランスよく上位互換されています。値段はnova 5Tのほうが15,000円程度高いですが、その価値があるスペックと言えそうです。

nova 5Tとp30 proを比較すると、防水やおサイフケータイなど、細かなスペックを押さえたp30 proの優位性が目立ちます。しかし、カメラ性能やCPUではnova 5Tも負けていません。

特に注目してほしいのはCPUです。nova 5Tもp30 proも、同じく高性能なkirin980を採用したオクタコア。しかしRAMはなんとnova 5Tのほうが優れています。

p30 proは全体的にバランスの良い、高スペックな機種です。一方、nova 5Tは細かなスペックは省かれているものの、値段以上のCPU性能を持つ機種と言えそうです。

防水は非搭載、CPUは高性能!

p30 liteやp30 proとの比較で見えてくるのは、nova 5Tの値段以上のCPU性能です。防水が非搭載なのは若干不便ですが、5万円台でこのCPU性能は非常に魅力的。

エントリーモデルと言われるnovaシリーズの名がついているものの、全体スペックはミドルクラス、CPUに限ればハイスペックモデルに匹敵する実力があるかと思います。

手ごろな価格で動きの良いスマホを求める方には、ぜひおすすめしたい機種です。

Huawei nova 5Tの発売日と価格

発売日 2019年11月29日
価格 54,500円(税抜き)

2019年11月29日により、MVNO各社や家電量販店などから発売されます。価格は54,500円(税抜き)。

Huawei nova 5Tを取り扱うMVNO

Huawei nova 5Tは、IIJmio・イオンモバイル・エキサイトモバイル・QTmobile・mineo・LINEモバイルで取り扱いの予定です。

すでに価格の発表をしているのはmineo・イオンモバイルの2社です(2019年11月28日時点)

会社名 本体価格(税抜き)
mineo 51,600円
イオンモバイル 53,800円

2019年11月28日現在は、mineoでの購入が安いと思われます。

Huawei nova 5T でGoogle playなどのサービスは使える?

Huaweiといえば、米中の禁輸措置により、一部のGoogleサービスが制限されると話題になりました。

実際、海外で発表されたハイエンド機種、Mate 30はGoogleアプリ非搭載。日本での発売は未定です。

しかし、Huawei nova 5TにはGoogle PlayストアをはじめとするGoogleサービスが問題なく搭載されています。

これは開発時期によるものであり、現状ではHuawei nova 5Tの購入に大きな心配はなさそうです。

Huawei nova 5T のantutuスコアはどう?

antutuとは、スマホやタブレットなどの性能を表す「ベンチマークスコア」をはかるアプリの1つです。

ネット上にはすでにHuawei nova 5Tのantutuスコアが出回っており、ハイスコア(総合スコア30万点以上)をたたき出しています。

やはり値段以上の動きの良さが期待できそうです。

4眼スマホHuawei nova 5Tは価格以上のCPU性能!

Huawei nova 5Tは他ハイスペックスマホにも匹敵するCPU性能があり、ネット上で出回るantutuベンチマークスコアもそれを示しています。

4眼カメラもマクロから広角まで、多彩な魅力が満載。

防水がないのは少し残念ですが、お値段以上に満足できる機種かと思います。

開発時期によりGoogleサービスも問題なく搭載されており、現状は特に大きな心配もありません。

気になる方は公式ページなどをぜひチェックしてみてください。

source:HUAWEI nova 5T|ファーウェイジャパン