IIJmioと楽天モバイル(UN-LIMIT)を比較!エリア・プラン内容・料金の違いを解説

未分類

MVNOの中でも老舗であり、幅広いサービスで人気を集めてきたIIJmio。

一方の楽天モバイルは、2020年4月についにMNOとしてスタートを切り、新料金プラン「Rakuten UN-LIMIT」を発表しました。

MVNOの老舗であるIIJmioと新たなMNOである楽天モバイル、どちらを契約するべきか迷われる方も多いのではないでしょうか?

今回は、IIJmioと楽天モバイルについて、エリア・速度・プラン内容・料金を比較していきます。ご自分にあった一社を見つける参考にしていただければ幸いです。

IIJmioと楽天モバイルのエリア比較

まずは、IIJmioと楽天モバイル、双方のエリアについて比較します。

IIJmio 楽天モバイル
自社回線 楽天回線エリア

2020年5月現在、東京近郊など一部エリアのみ

au回線 4GLTEの電波を利用

auの4GLTEエリアと同等

パートナー回線エリア

基本的に800MHzの電波を利用

auのエリアマップとほぼ同等

ドコモ回線 3G・4GLTEの電波を利用

ドコモのエリアと同等

IIJmioはMVNOであるため、楽天モバイルのような自社回線は保有していません。auとドコモからそれぞれ回線を借りて、どちらかを選択する形でサービスを提供しています。

au・ドコモどちらの回線を選択しても、利用できるエリアは提供元の大手キャリアと同等レベルです。

一方、MNOとなった楽天モバイルは、東京近郊や大阪、名古屋を中心に、自社回線によるサービスエリアを保有しています。しかしながら、この「楽天回線エリア」がカバーするのは、あくまで日本のごく一部。2020年5月現在では、それをフォローするためにauの一部電波を借り受けて、サービスを提供しています。

借り受けているのがauの主力電波帯であるため、「パートナー回線エリア」を含めたトータルのエリアについては、auとほぼ同等レベルの広さを確保しています。

IIJmio・楽天モバイル、双方共に大手キャリアと同程度のエリアが期待でき、大きな差はありません。

速度はMNOである楽天モバイルが有利!

エリアこそ同等のIIJmioと楽天モバイルですが、速度の面ではやはりMNOである楽天モバイルが有利です。

IIJmioのようなMVNO(いわゆる格安SIM)は、MNOから一部の電波を借りてサービスを提供しています。借りているのがあくまで「一部」であるため、混雑する時間帯に速度が低下することも珍しくありません。

IIJmioは「格安SIMの中では比較的安定している」と言われてはいますが、やはりMNOとなった楽天モバイルには及ばないでしょう。

速度を重視するならば、楽天モバイルの検討をおすすめします。

IIJmioと楽天モバイル「 UN-LIMIT」のプラン内容を比較

続いて、IIJmioと楽天モバイルのRakuten UN-LIMIT、それぞれのプラン内容を比較します。

IIJmioでは、「音声通話機能付き」「SMS機能付き」「データ通信専用」の3種類のSIMがあり、それぞれ3GB・6GB・12GBから好きなデータ量を選べます。3GB・6GBのプランでは最大2枚、12GBのプランでは最大10枚のSIMを発行できるようになっており、家族などとデータシェアできるのが特徴です。

一方の楽天モバイルのプランは、Rakuten UN-LIMITのみ。パートナー回線エリアでは5GB、楽天回線エリアでは無制限でデータ通信を利用できます。

それぞれのプランについて、項目ごとの比較表をご用意しました。

楽天モバイル「Rakuten UN-LIMIT」 IIJmio
SIMの種類 音声通話SIMのみ 音声通話機能付き・SMS機能付き・データ通信専用SIM
データ量 楽天回線エリア内 無制限

パートナー回線エリア内 5GB

ミニマムスタートプラン 3GB

ライトスタートプラン 6GB

ファミリーシェアプラン 12GB

20GB・50GBのデータオプションあり

速度制限後対応 パートナー回線エリア内で5GB超過後1Mbps 最大200Kbps

(3日あたりの通信料が366MBを超えるとさらに制限)

バースト転送

(読み込みの瞬間だけ高速通信をすることで、非高速通信時のストレスを軽減)

通話料金 Rakuten Link利用で国内通話無料 みおふぉんダイヤル利用で30秒10円

(同一mioID間30秒8円)

誰とでも3分&家族と10分 月額600円

誰とでも10分&家族と30分 月額830円

海外利用 月額料金込み

海外66か国でデータ2GBまで

月額料金とは別料金

音声・SMSのみ(音声通話機能付きSIMの場合)

データ通信提供なし

データシェア ミニマムスタートプラン 最大2台まで

ライトスタートプラン 最大2台まで

ファミリーシェアプラン 最大10台まで

※表内全て税抜きです。

SIMの種類が選べるのはIIJmio

MVNO時代はSIMの種類が選べた楽天モバイルですが、MNOとなったのを機に音声通話SIMのみとなりました。

一方のIIJmioは、今も昔も変わらず、音声通話機能付き・SMS機能付き・データ通信専用の3種類からSIMを選ぶことができます。

データ量で選ぶなら、まずエリアをチェック!

Rakuten UN-LIMITは、パートナー回線エリアこそ5GBで制限がはいるものの、楽天回線エリアは上限なしの画期的なプランです。楽天回線エリア内であれば、楽天モバイルを契約して間違いありません。

ただし、先にも解説したとおり、楽天回線エリアは一部の限られた地域のみ。

パートナー回線エリアにお住いで5GB以上の通信をする方には、IIJmioの12GBプランや20GB・50GBのデータオプションをおすすめします。

速度制限後の快適さは楽天モバイル「UN-LIMIT」

IIJmioの速度制限時のスピードが最大200Kbpsであるのに対して、楽天モバイルのバートナーエリアでは約5倍の1Mbps。1Mbpsの速度があれば、ウェブ閲覧やSNS程度はほぼ問題なく利用できます。

IIJmioにもバースト転送機能があるとはいえ、やはり根本的な速度の差は埋められません。

通話が多いなら楽天モバイル「UN-LIMIT」

多くの格安SIMと同じく、IIJmioには通話が完全かけ放題のプラン・オプションがありません。一方楽天モバイルでは、Rakuten Linkの利用で国内通話が無料になります。

気兼ねなく音声通話を利用したいならば、楽天モバイルがおすすめです。

複数台契約ならIIJmioの複数SIMは要検討!

各プランにSIMを追加することで、契約したデータ量をシェアできるIIJmio。SIMの追加利用料はかかるものの、2台目以降の端末に安く通信機能を付与できます。

タブレットも含めて複数台持ちを検討しているならば、ぜひ一度IIJmioのプランでシミュレーションしてみてください。

IIJmioと楽天モバイル「UN-LIMIT」の料金比較

IIJmioと楽天モバイルのRakuten UN-LIMITについて、料金を比較します。双方の月額料金をまとめた、以下の表をご確認ください。

楽天モバイル IIJmio
音声通話機能付き SMS機能付き データ通信専用
~3GB 2,980円 1,600円 タイプD:1,040円

タイプA:900円

900円
~5GB 2,220円
タイプD:1,660円

タイプA:1,520円

1,520円
~6GB 2,980円

パートナー回線エリアでは1Mbpsに速度制限

データチャージ:1GB500円

 

~12GB 3,260円 タイプD:2,700円

タイプA:2,560円

2,560円
12GB超
12GBを超える場合は、上記金額に追加するとデータ量を増やせる

データオプション20GB:3,100円

データオプション50GB:5,000円

※表内全て税抜きです。

音声通話SIMで比較すると、6GB以下ならIIJmioが、6GBを超えるならば楽天モバイルが安くなります。

先ほど解説したプラン内容の比較も考慮しながら、ご自分にあった会社を選んでみてください。

MVNOの老舗IIJmio!MNOの優位性が光る楽天モバイル!

MVNOの老舗として有名なIIJmioは、料金の安さや選べるSIMなど、格安SIMならではの魅力が満載です。一方の楽天モバイルは、MNOとして安定した通信網を手に入れただけでなく、海外利用や自社エリアデータ使い放題など、画期的な新プランを打ち出しました。

重視するポイントを明確にしたうえで、ぜひご自分にあった会社を選択してみてください。