AndroidスマホのGPS改善方法。位置がズレる、おかしいなどの不具合に

トラブル

道に迷ったりした時や、初めての場所に向かう際にスマートフォンを使ってマップを見たりすると思います。

実はそのマップのアプリはGPSを使って、私たちの居場所を示してくれています。

しかし、時にアプリを開いても自分の居場所を表示するのに時間がかかったり、向いている方向がグルグル回って、挙げ句の果てには変な位置が表示されてしまう事ってありませんか?

今回の記事では、そういった時にお試し頂きたい改善方法をご紹介していきます。

GPSとは

まず、GPSとは「Global Positioning System」の略です。

スマートフォンだけでなく、車のカーナビなどでも聞いた事があるのではないでしょうか?

スマートフォンの位置情報を把握する為に、重要な役割を担っています。

宇宙にはGPS衛星と呼ばれる人工衛星が地球を周回しており、GPS衛星から電波を飛ばした発信時刻と受信時刻との差異などから、現在地を知る事が出来ています。

しかし、GPSの電波は宇宙から飛んでくるので、高いビルが立ち並んだ都心部や、木々が多い山間部、天候等、現在地の状況により正確な位置情報を把握する事が困難になる場合もあります。

スマホの設定によっては、影響が出る事もありますので、設定時には気をつけましょう。

設定を見直してみよう

スマートフォンでは先ほどのGPSの他に、モバイルネットワーク、Wi-Fi、Bluetoothの機能を利用し、より正確に位置情報の取得ができる様になっています。

しかし、設定によってはその様な機能が最大限に発揮されませんので、設定の確認を行いましょう。

時刻の設定

GPSの仕組みの1つであるGPS電波の送受信時刻に対して、スマートフォンの設定時刻が自動日時設定や、タイムゾーンが自分の居る国になっていない場合は、誤差が生じるなど影響が発生します。

設定方法
設定 →  日付と時刻 →  日付と時刻の自動設定をONにする →  タイムゾーンを自動設定をONにする(タイムゾーンが滞在国になっているかチェック)

Wi-FiをONにする

基地局からの電波状況に左右されるモバイルネットワークに比べると、Wi-Fiの通信は比較的安定した通信と言えます。

Wi-Fiには位置情報のデータが組み込まれていますので、モバイルネットワークと組み合わせて利用する事により、精度の高い位置情報の取得が可能になるのです。

しかし、「パスワードも分からず接続できない外では意味がないのでは?」と思われる方もいらっしゃるかと思いますが、実はWi-Fi自体にはインターネット接続が出来なくても問題はありません。

あくまで、Wi-Fiの電波に含まれる位置情報のデータを取得するだけなので、検知が出来ればそれだけで精度が上がります。

設定方法
設定 →  Wi-Fi  → Wi-FiをONにする

位置情報の設定

Androidのスマートフォンでは、位置情報の設定が、

「高精度」(GPS、Wi-Fi、モバイルネットワークを利用)
「バッテリー節約」(Wi-Fi、モバイルネットワークを利用)
「端末のみ」(GPSを利用)

の3つの中から選択が出来ます。

もちろん、1番精度が高いのは「高精度」です。

基本的には「高精度」の設定をオススメしますが、その分電池が消費されやすくなります。

GPSを利用するタイミングでは「高精度」を設定しておき、どうしても電池持ちが気になる場合は「端末のみ」するなど、使い分けをするといいでしょう。

設定方法
設定 →  位置情報 →  位置情報をONにする →  位置情報の検出方法(モード) →  高精度にチェック

最後に

いかがだったでしょうか?

以上がAndroidスマホのGPS改善方法です。

旅行などで知らない土地に行く時は、とても便利なGPS機能ですが、位置情報が分からない時ほど不安になる事はありません。

以上の設定の確認方法を事前に理解しておくだけで安心して、楽しい時間を過ごす事ができるのでがないでしょうか。

ぜひ、お試しください。