AQUOS R SH-03JのOSバージョンアップに不具合発生。対処法は?

トラブル

ドコモが発売している『SH-03J』は、2019年1月23日からOSアップデートを提供していましたが不具合が発生し、同月29日よりOSアップデートの中止がアナウンスされました。

今回はOSアップデートによる不具合や何があったのか等をご案内したいと思います。

OSアップデートで起こった不具合とは?

今回のアップデートによる不具合はドコモ公式ホームページ上で公表されております。

SH-03Jの一部の端末でOSアップデート後に、電源再起動を繰り返され操作ができない…という症状です。

Twitter上ではOSアップデートによる不具合が発症した人のつぶやきが散見されており、操作しようにも再起動を繰り返す為にどうにもならないという状態のようです。

OSアップデートで発生した不具合の対処法は?

現状、OSアップデートで発生した不具合に対し有効な手段や対処法は残念ながらありません。

ドコモ公式ホームページ上でも『ドコモショップ(故障相談窓口)にご来店ください』と表示されているので、残念ながらユーザー側ではどうしようも無いとの事です。

スマホが使えないのはビジネスでもプライベートでも大きな弊害ですので、もし不具合が発生したらすぐにドコモショップに持ち込みましょう。

発生した原因も不明の様子

電源再起動を繰り返す症状が起きた原因もいまだアナウンスされていない状況も見ると、ドコモ側でも調査中だが正確な原因は判明していないと思われます。

ドコモ以外のスマホではOSアップデート後に症状が起きておらず『SH-03J』の一部端末のみOSアップデート後に起きているという状態です。

『SH-03J』端末独自の仕様が原因なのか、Google開発者サービスを始めとするアプリ起因の可能性もありますが続報を待ちたい所です。

まだアップデートしていない人はどうする?

まだSH-03Jのアップデートを行っていない人は、不具合に対処したアップデート修正版を準備が出来次第ダウンロード可能になるようです。

ドコモ公式ホームページで通知するともアナウンスされていますので、通知が確認出来たらアップデートをすると良いでしょう。

更新ファイルをダウンロード済みの人は一旦待とう

SH-03J以外の端末でもそうですが、Android端末はOSアップデートのファイルをダウンロード後にアップデートする仕様になっています。

その為、SH-03Jを使っている人でまだアップデートしていない人には今回の不具合を起こすアップデートファイルがスマホ本体に保存されている可能性があります。

SH-03Jのアップデートが終わっていない人は画面上部の通知バーにアップデートのお知らせがある場合はアップデートせずにそのままお待ちください。

アップデートしたか分からない場合の確認方法は?

「問題なく使えているが、もしかしたらアップデートをしてしまったかも…」

と思っている方は、以下の操作方法でスマホからビルド番号というのを確認してみて下さい。

  1. 設定を開く
  2. 『システム』をタップする
  3. 『端末情報』をタップする
  4. 『ビルド番号』を確認する

ビルド番号が『03.00.01』という数字表記になっていたら既にアップデートは完了しており、問題なく動作しているなら不具合の対象から外れている端末です。

そのままお使いいただいて問題ありませんが、ビルド番号が『03.00.01』以外だった場合はアップデート前の状態です。

その場合はアップデートせずに、修正版が出てきてからアップデートしましょう。

一刻も早い修正版を望みたい

今回のアップデートの内容は

  • 自動調整バッテリー機能の実装
  • ワンタッチ固定ボタンの設置
  • ファイル管理アプリの刷新
  • 外出中に耳にSH-03Jを当てるとエモパーが役立つ情報を話す

といった機能が実装される予定でしたが、障害により実装が見送られてしまったのは残念です。

ドコモ側には一刻も早めの修正版アップデートの配布を願いたいところです。