限界突破WiFiの速度や端末は?どんなときもWiFiとの違いも解説!

光回線・ルーター

Xmobileは全国に80店舗を展開する、格安スマホの会社のひとつです。

そんなXmobileが提供するモバイルWiFiサービスが限界突破WiFi。数々の「限界を突破した」サービスで注目を集めています。

今回は、限界突破WiFiの料金・特徴・速度の口コミについて解説しました。

解約金やキャンペーン内容、特徴的な端末の実態にも迫りますで、ぜひ最後まで目を通してみてください。

限界突破WiFiの特徴

まずは、限界突破WiFiにどのような特徴があるのか、ご紹介します。

概要を表にまとめました。

データ量上限 なし
端末 JetfonのOEM機種
回線 docomo・au・SoftBankのトリプルキャリア
料金 3500円(税抜き)
支払い方法 クレジットカード
解約金 24か月以内18,000円、その後5,000円(1年間自動更新・更新月3か月)
海外使用 可能
その他 事務手数手料、本体無料キャンペーン開催中

データ上限なし

従来のモバイルWiFiの多くが、月に7GBや3日に10GBのデータ量上限を定めてきました。

しかし、限界突破WiFiはこれらの一切を撤廃。通常の使い方の範囲内であれば、速度制限を気にせずどれだけでも利用できます。

電波はトリプルキャリア

限界突破WiFiは、MVNOとして大手3社au・docomo・SoftBankの電波を利用しています。

場所によって最適な電波を拾うことができるため、より広い地域で安定的なつながりが期待できます。

海外でも利用可能

限界突破WiFiは簡単な設定で、海外でも利用できます。

利用可能な国は107か国、料金は380円~。複数国を周遊するためのお得なプランなども用意されており、Xmobile実店舗で相談にのってもらうこともできます。

限界突破WiFiの料金

限界突破WiFiのプランはひとつのみ、料金は月額永年3,500円(税抜き)です。

他の会社では2・3年目に料金があがるパターンもありますが、限界突破WiFiは一律。ただし、支払いがクレジットカードであることが条件です。

本体・事務手数料無料キャンペーン

限界突破WiFiは、2019年12月6日現在、本体価格・事務手数料無料のキャンペーンを行っています。

これにより、初月も手数料の加算がなく、日割り料金のみの請求。本体分割もないので、月額3,500円以外は一切請求されません。

非常にわかりやすく、シンプルな料金体系です。

キャンペーン終了日については特に記載がないため、しばらくの間は続くものと思われます。

限界突破WiFiの解約金

限界突破WiFiの解約金について、以下の表にまとめました。

24か月以内 18,000円
25~27か月目 0円
その後 5,000円(更新月は0円)

まず2年間の縛りがはいり、2年以内での解約は18,000円かかります。25か月目から3か月間更新月が設けられ、この間の解約金はかかりません。その後は25か月目を起点として1年の自動更新となります。更新月は常に3か月、解約金は5,000円です。

月額は安価でわかりやすいですが、解約金については高め、かつ複雑な印象です。特に2年以内の解約はペナルティが大きいので、注意しましょう。

限界突破WiFiの評判・口コミ

モバイルWiFiといえば、やはり最も気になるのは速度などの口コミです。SNSやWebから、限界突破WiFiについての口コミや評判を集めました。

速度についての評判・口コミ

SNS・Webでは「充分な速度」「満足」「なかなか快適」と、概ね前向きな意見が多いような印象でした。中には「WiMAXでつながらなかった場所で使えた」という口コミも。トリプルキャリア回線が実力を発揮しているようです。

マイナスな意見としては、「遅い」「解約を検討している」という口コミも見受けられました。

限界突破WiFiに限ったことではありませんが、やはりモバイルWiFiの速度については、場所や時間帯に左右される感は否めません。

その他接続に関する評判・口コミ

使い放題という点に関しては、やはり評価されている方が多い印象でした。

一方で、散見された口コミが「勝手に切断される」。どうやら限界突破WiFiとスマホの接続が、知らないうちにはずれてしまうという現象があるようです。

ただしこれに関しては、「アップデートで解消された」という話も出ていました。限界突破WiFi側も、快適に使えるよう試行錯誤を重ねているようです。

限界突破WiFiの端末

限界突破WiFiで提供される端末はJetfonのOEM機種であり、見た目は完全にスマホです。中身についても他のモバイルWiFi端末と違う点が幾つもあり、非常に特徴的。その実態を探ってみましょう。

まずは、公式で公開されているスペックを以下にまとめました。

画面 5.7インチ
同時接続 8台
最大利用可能時間 15時間
電池容量 3,400mAh
その他機能 地図・翻訳

Jetfonには「Jetfon」「Jetfon P6」がありますが、画面サイズを見る限り、限界突破WiFiで使われている機種は「Jetfon P6」に近いかと思われます。

参考までに「Jetfon P6」の簡単なスペックを以下にまとめました。

サイズ(幅×縦×厚さ) 約W74.2 ×H152.9 ×D8.5 mm
重さ 約162g
液晶タイプ LTPS IPS液晶
OS Android8.1.0
CPU Spreadtrum SC9850K(4×1.3GHz)

重さや大きさが「Jetfon P6」とほぼ同じとすると、モバイルWiFiとしては少々大きめ、かつ重さがあります。

持ち運びに若干難はありますが、画面が大きいので操作性が良く、電池も大容量。さらに地図・翻訳機能も搭載しています。スマホ以外で地図が使えるのは、意外と便利そうですね。

モバイルWiFiとしては特殊な端末ですが、それゆえのメリットも多そうです。

限界突破WiFiに店舗はあるの?

限界突破WiFiを提供するXmobileは、店舗を80店展開していており、契約・設定についてショップで聞くこともできます。

対面で質問ができる、端末が実際に操作できる、などは実店舗ならではのメリットです。

お近くに店舗がある方は、一度来店を検討してみてもいいかもしれません。

限界突破WiFiとどんなときもWiFiを比較

どんなときもWiFiは、限界突破WiFiと同じく使い放題のモバイルWiFiサービスを提供しています。2社間の違いについて比較しました。

以下の表をご覧ください。

サービス名称  限界突破WiFi どんなときもWiFi
データ上限  なし
端末  JetfonのOEM(本体無料) D1(レンタル無料)
回線  トリプルキャリア
海外使用  世界107か国対応 世界131か国対応 
料金  3,500円 クレジット払い3,980円(2年間3,480円)

口座振替4,410円(2年3,980円)

支払い方法  クレジット クレジット・口座振替
解約金  24か月以内18,000円

その後5,000円(1年間自動更新・更新月3か月)

12か月以内19,000円

13~24か月目14,000円

その後9,500円(2年自動更新・更新月1か月)

キャンペーン  事務手数料・本体無料  公式サイトからの申込で5,000円キャッシュバック

限界突破WiFi・どんなときもWiFiともにトリプルキャリアに対応し、海外使用も可能です。

料金に関しては、クレジット支払いの場合、2年間はどんなときもWiFiが20円安く、3年目からは限界突破WiFiが480円安くなります。

端末に関しては、どんなときもWiFiのD1も少々大きめなので、持ち運びの利便性はあまり変わりません。地図や翻訳の機能がある限界突破WiFiのほうが、若干優位かと思います。

総合的に見ると、料金的にも端末的にも、限界突破WiFiのほうが優位な印象です。

ただし、どんなときもWiFiには口座支払い可能というメリットがあります。クレジットカード払いに抵抗がある方は、どんなときもWiFiを検討してみてもいいのではないでしょうか。

限界突破WiFiは一律料金!端末も多機能!

限界突破WiFiはトリプルキャリア対応、データ上限もありません。さらに一律料金が分かりやすく、お得感もあります。特徴ある端末も、多機能で魅力的。時間帯や場所によるでしょうが、速度に満足という口コミも多く見受けられました。

使い放題のWiFiを探している方は、ぜひ検討してみてください。店舗がお近くにあれば、実機を触ってみるのもおすすめです。

source:限界突破WiFi