完全無制限のポケットWiFi17社を徹底比較!おすすめ4社を厳選してご紹介!

光回線・ルーター

昨今増えているのが、データ上限なし・完全無制限のポケットWiFi。自宅の外でも好きなだけWiFiが使える、非常に魅力的なサービスです。

しかしながら、あまりに多くの会社があるため、どこを選べばいいか分からないという方も多いのではないでしょうか?

各社のサービス内容を比較して、自分にぴったりの一社を見つけ出しましょう!

今回は、ポケットWiFiについての基礎知識を解説したうえで、各社のサービス内容を比較します。おすすめの会社も紹介しますので、ぜひ契約の参考にしてみてください。

完全無制限のポケットWiFiの特徴

まずは、本記事のメインテーマである「完全無制限のポケットWiFi」の特徴について、解説します。

データ上限なし!使い放題!

4GLTEのポケットWiFiが登場した当初は、月間7GB程度のデータ上限が設けられているのが一般的でした。より多めのデータ量にはなっているものの、現在でもdocomoやSoftBankのポケットWiFiには月間のデータ上限があります。

しかしながら、ここ数年新しく登場したポケットWiFiの多くは、月間のデータ上限なし・使い放題。どこでもデータ量を気にせずにネットが楽しめる、非常に魅力的なサービスです。

WiMAXやワイモバイルとは何が違う?

月間のデータ上限がないポケットWiFiというと、WiMAXを思い浮かべる方が多いのではないでしょうか?

WiMAXは月間のデータ上限がなく、完全無制限のポケットWiFiが台頭している現在でも、人気のサービスの一つです。

しかし、WiMAXのポケットWiFiは、直近3日間で10GB以上を利用した場合、翌日18時~26時頃まで速度を1Mbpsにするという制限があります。制限後もそれなりの速度が出るとはいえ、ヘビーユーザーにとって不便なことは間違いないでしょう。

アドバンスモードで月間のデータ上限を撤廃できるワイモバイルも、同じく3日間で10GBの制限を設けています。

完全無制限のポケットWiFiの多くには、月間のデータ上限だけでなく、「~日間で~GBまで」という制限もありません。

厳密にいえば、完全に無制限のサービスはない

先ほども解説したとおり、完全無制限のポケットWiFiの多くは、月間データ上限も「~日で~GBまで」という制限も設けていません。しかしながら、ほぼ全ての会社が、以下のような場合に速度を制限すると明言しています。

  • 通信品質に影響を与えうるほどの大容量通信を行った場合
  • 違法ダウンロード・不正利用の疑いがある場合

違法ダウンロード・不正利用については問題ないでしょうが、気になるのは「通信品質に影響を与えるほどの大容量通信を行った場合」について。

この大容量通信の定義は会社によって違いますが、月間使用量が100~300GB程度に達した時点で制限が入ることが多いようです。

つまり、「厳密にいえば完全に使い放題のポケットWiFiはない」ということですね。

通常の動画視聴・ネット・ゲーム程度ならばおそらく問題ないでしょうが、使い方によっては制限が入りうることは押さえておきましょう。

使用回線は大手キャリアのもの

完全無制限のポケットWiFiの多くは、大手キャリアのLTE回線を借りてサービスを提供しています。

特に注目が集まっているのが「トリプルキャリア」対応のサービス。クラウドSIMという技術で、大手3社の中から最適な電波を、いつでも自動で選択してくれます。

端末の通信スペックは低め

大手キャリアやWiMAXでは、最大下り1Gbps前後、最大同時接続数14~15台という、超高速の最新機種も取り扱っています。

対して、完全無制限のポケットWiFiの機種の多くは、最大下り150Mbps、最大同時接続数は5台程度。スペックだけを比較すると、完全無制限のポケットWiFiには不安が残ります。

とはいっても、10Mbpsもあれば動画視聴もできることを考えると、通常の使用にほとんど問題はないでしょう。逆をいえば、仕事などで高速通信や接続台数を求める方には、あまり向いていないサービスともいえます。

海外利用や多機能端末

完全無制限のポケットWiFiの多くは、面倒な手続きや設定をしなくとも、そのまま海外で利用することができます。料金は国内向けの定額とは別で請求されますが、海外向けのレンタルWiFiと比較してもさほど高くありません。

さらにいくつかの会社では、WiFiルーターの本体で「翻訳」や「地図」が利用できる、多機能端末も取り扱っています。

完全無制限のポケットWiFi!知っておきたい比較ポイント!

つづいて、完全無制限のポケットWiFiを比較するうえで、着目すべきポイントについて解説します。

「完全」に無制限か

先ほど解説したとおり、無制限のポケットの多くは、月間のデータ上限だけでなく、「~日で~GBまで」という短期間制限も設けていません。しかし、中には「月間のデータ上限はないが1日2GBまで」などという制限を設けている会社も。

無制限のポケットWiFiを選ぶ際は、「完全」に無制限かどうか、細かい条件をよく確認しましょう。

今回本記事では、短期間制限を設けている会社についてははずし、完全無制限のポケットWiFiだけに絞って比較を行っていきます。

使用回線はどこか

先ほど解説したとおり、完全無制限のポケットWiFiの多くは、大手キャリアのLTE回線を借りてサービスを提供しています。

どこの回線を借りているかは会社によって違いますが、2020年3月現在、よく見られるのは以下の2パターンです。

  • SoftBank回線
    SoftBankの電波を借りています。
  • トリプルキャリア
    docomo・au・SoftBank、大手3社全ての電波を借りています。クラウドSIMという技術で、大手3社の中から最適な電波を、いつでも自動で選択してくれます。

いうまでもないことですが、広く安定的なつながりが期待できるのは、SoftBank回線よりもトリプルキャリアの方です。他が同条件ならば、トリプルキャリアの方を優先的に選択しましょう。

端末の違い

同じ完全無制限のポケットWiFiであっても、提供される端末は会社によって異なります。最大同時接続数や電池容量など、できるだけ端末スペックの良い会社を選ぶことをおすすめします。

また、端末は主にレンタルか購入で提供され、それぞれの特徴は以下のとおりです。

レンタル 購入
料金 レンタル無料  無償提供 
解約金 ゆるめの傾向  厳しめの傾向 
解約時 返却必須 (紛失や傷に注意)  返却不要

それぞれにメリット・デメリットがあるので、レンタルと購入のどちらがいいかは、一概にはいえません。それぞれの特徴を加味して、自分にあったほうを選択してください。

解約金の違い

同じ完全無制限のポケットWiFiでも、解約金システムは会社によってまったく違います。解約金を設けていないところもあれば、2年未満は2万円近くとられる会社も。利用期間を考慮して、自分にあった会社を選ぶようにしましょう。

その他サービスの違い

先ほど解説したとおり、完全無制限のポケットWiFiの多くは海外利用も可能であり、中には多機能端末を提供しているところもあります。魅力を感じるサービスがあるのならば、そのあたりにも注目しながら比較してみると良いでしょう。

また、サービスに不安が残る場合は、「返金」や「お試し」の制度がある会社を選ぶのも、一つの手段です。

完全無制限のポケットWiFi17社を徹底比較

完全無制限のポケットWiFi17社の概要を、以下の表にまとめました。自分にあったポケットWiFiを見つける参考にしてみてください。

会社名 月額 使用回線 本体 違約金 その他
どこよりもWiFi 1年間契約更新プラン:3,380円

2年間契約更新プラン:2,980円(台数限定300円割引。通常3,280円)

全プラン:口座振替は+700円

ソフトバンク レンタル

U2s・JT101

最大同時接続5~10台

9,500円

2年間または1年間自動更新

更新月1か月

U2sのみ海外利用可
MUGEN WiFi G4 3,880円

U2s 3,280円

トリプルキャリア 無償提供

U2s

最大同時接続5台

(24か月以内の解約は返却必須)

1~12か月目

9,000円

13~24か月目

5,000円

25か月目以降

0円

海外利用可

30日間お試しあり

hy-fi G4 3,880円

U2s 3,280円

(口座振替3,980円)

トリプルキャリア レンタル

G4かU2s

最大同時接続5台

9500円

2年間自動更新

更新月1か月

海外利用可
hi-ho GoGo WiFi 3,355円 トリプルキャリア 無償提供

U2s

最大同時接続5台

1~12か月目

18,000円

13か月目以降

9,500円

1年間自動更新

更新月1か月

海外利用可
Chat WiFi 3,380円(クーポン利用料金) ソフトバンク レンタル

機種名記載なし

なし 海外利用可
クラウドWiFi東京 3,380円 トリプルキャリア レンタル

U2s

最大同時接続5台

なし 海外利用可
よくばりWiFi 1か月レンタル

4,880円

24か月レンタル

3,450円

ソフトバンク レンタル

U2s

最大同時接続5台

1か月レンタル

解約金なし

24か月レンタル

1~12か月目

18,000円

13~24か月目

12,000円

26か月目以降

9,500円

2年間自動更新

更新月1か月

海外利用可
STAR WiFi 無制限プラン

3,480円

(クーポン利用価格)

ソフトバンク レンタル

G3000

最大同時接続5台

なし 7日間お試しあり
めっちゃWiFi 3,480円 トリプルキャリア レンタル

U2s

最大同時接続5台

1~24か月目

9,800円

25か月目以降

0円

海外利用可
THE WiFi THE WiFiライト

(WiFiスポットなし)

3,480円

THE WiFi

(WiFiスポットあり)

3,842円

トリプルキャリア レンタル

U2s

最大同時接続5台

1~24か月目

9,800円

25か月目以降

0円

海外利用可

WiFiスポット15万カ所以上利用可

(THE WiFiプランのみ)

どんなときもWiFi クレカ払い

2年間3,480円

3年目~3,980円

口座振替

2年間3,980円

3年目~4,410円

トリプルキャリア レンタル

D1(=U2s)

最大同時接続数5台

1~12か月目

19,000円

13~24か月目

14,000円

26か月目以降

9,500円

2年間自動更新

更新月1か月

海外利用可
ギガゴリWiFi 50GB超プラン

1年間3,050円

2年目~3,500円

ソフトバンク レンタル

FS030W

最大同時接続15台

1~12か月目

18,000円

14か月目以降

8,000円

1年自動更新

更新月1か月

限界突破WiFi 3,500円 トリプルキャリア 無償提供

オリジナル端末

最大同時接続8台

24か月以内

18,000円

26か月目以降

5,000円

3年目以降1年間自動更新

更新月3か月

海外利用可
SAKURA WiFi 3,680円 ソフトバンク レンタル

FS030W・ARIA2・601HW・602HW

最大同時接続10~15台

なし 3週間以内全額返金保証あり
FUJI WiFi 快適クラウドプラン

3,980円

(おまとめ支払い12か月で3,480円)

トリプルキャリア レンタル

G3

最大同時接続5台

なし 海外利用可
NOZOMI WiFi 無制限プラン

4,480円

ソフトバンク レンタル

U2s

最大同時接続5台

なし 無制限プランは海外利用不可
King WiFi 5,000円(おともだち割適用で

被紹介者:永久1,400円引き

紹介者:1人紹介あたり永久200円引き)

ソフトバンク レンタル

F030WMB1

最大同時接続15台

602HW

最大同時接続14台

 

なし おともだち割あり

返金保証あり

※表内は全て税抜き表示、また2020年3月17日時点の情報です。

完全無制限のポケットWiFi おすすめ4選!

つづいて、上記の比較表をもとに、おすすめのポケットWiFiを4つご紹介します。

総合的に最もおすすめ!MUGEN WiFi

あらゆる点でマイナスポイントが少ないのが、MUGEN WiFiです。概要については、以下をご覧ください。

月額料金 G4 3,880円

U2s 3,280円

使用回線 トリプルキャリア
端末 無償提供 U2s

最大同時接続5台

(24か月以内の解約は返却必須)

解約金 1~12か月目 9,000円

13~24か月目 5,000円

25か月目以降 0円

その他 海外利用可

30日間お試しあり

トリプルキャリア対応かつU2sなら最安級の料金で利用できるMUGEN WiFi。解約金の縛りも2年目5,000円・3年目以降0円と比較的ゆるく、端末も無償提供されます。

トータルでみると、今回比較した17社の中で最も優秀といえるでしょう。

30日間であれば安心全額返金保証がつくため、エリアやサービスに不安がある方も、安心して契約できます。

公式サイト:Mugen WiFi

月額料金が安い!どこよりもWiFi

とにかく月額料金にこだわりたい方におすすめなのが、どこよりもWiFiです。概要については、以下をご覧ください。

月額料金 1年間契約更新プラン

3,380円

2年間契約更新プラン

2,980円

(台数限定・定価は3,280円)

全てのプラン口座振替は+700円

使用回線 ソフトバンク
端末 レンタルU2s・JT101

最大同時接続5~10台

解約金 9,500円

2年間または1年間自動更新

更新月1か月

その他 U2sのみ海外利用可

どこよりもWiFiの2年間契約更新プランの定価は3,280円。定価でも最安級ですが、さらに2020年3月17日現在、台数限定で300円割引の月額2,980円で提供しています。月額料金の安い完全無制限のポケットWiFiを探している方は、早めの申し込みを検討しましょう。

トリプルキャリア回線でなくソフトバンク回線である点は少々残念ですが、3,000円をきる価格設定は非常に魅力的です。

公式サイト:どこよりもWiFi

トリプルキャリアで解約金もなし!クラウドWiFi東京

使用回線と解約金、双方にこだわるなら、おすすめなのがクラウドWiF東京です。概要については、以下をご覧ください。

月額料金 3,380円
使用回線 トリプルキャリア
端末 レンタル U2s
最大同時接続5台
解約金 なし
その他 海外利用可

今回比較した17社の中で、トリプルキャリア対応かつ解約金が無料なのは、クラウドWiFi東京とFUJI WiFiの2社のみでした。中でも料金が安いのが、クラウドWiFi東京。さらに解約金がない7社の中で単純に比較しても、料金は最安です。

短期間での利用を考えている方には、最もおすすめしたい会社です。

公式サイト:【クラウドWiFi東京】

端末で選ぶなら!限界突破WiFi

端末にこだわるならば、おすすめしたいのが限界突破WiFiです。概要については、以下をご覧ください。

月額料金 3,500円
使用回線 トリプルキャリア
端末 無償提供 オリジナル端末
最大同時接続8台
解約金 24か月以内 18,000円

26か月目以降 5,000円

3年目以降1年間自動更新

更新月3か月

その他 海外利用可

限界突破WiFiで最も特徴的なのが、オリジナルの端末です。これはjetfonのOEM機種であり、ルーター本体でも翻訳と地図が利用できます。

さらに同時接続数も8台と、完全無制限のポケットWiFiの中では比較的多め。月額料金は3,500円とそれほど安くありませんが、多機能端末が利用できる会社に絞れば、今回の17社の中で最安です。

解約金縛りが少々厳しい印象はあるものの、端末の機能でみれば、充分検討の価値があるでしょう。

公式サイト:限界突破WiFi

会社によって魅力は様々!自分にあった一社を探そう!

同じ完全無制限のポケットWiFiといっても、会社によって月額料金・使用回線・解約金・端末など、条件は様々です。多くの会社を比較し、ぜひ自分にあった一社を見つけてみてください。

今回比較した17社の中では、総合的にMUGEN WiFiがおすすめです。

月額料金にこだわるならどこよりもWiFi、短期利用ならクラウドWiFi東京、多機能端末なら限界突破WiFiも視野に入れてみてください。