「au PAY」サービス開始!特徴や残高チャージ・設定方法。三太郎の日などキャンペーンについて

未分類

4月上旬にサービス開始をしたauが提供するバーコード決済「au PAY(エーユーペイ)」。

これでドコモの「d払い」、ソフトバンクの「PayPay」と携帯電話会社によるバーコード決済が三つ巴となりキャッシュレスサービスがより身近になります。

2社に比べると後発となりますが、今回は特徴や設定、キャンペーンについて解説致します。

「au PAY」の特徴

前述した通り後発サービスではありますが、auにおいては既に「au WALLET プリペイドカード(以下、WALLETカードと呼称します。)」にて土壌が出来ていました。

実は今回のau PAYはこのWALLETカードの派生系と考えて貰って問題ありません。既に利用しているユーザーであれば「au WALLET」アプリのアップデートですぐに利用可能になります。WALLETカードのサービスが開始したのは2014年夏なのでauユーザーであれば所有している可能性が高いです。

au PAYで決済するという事はWALLETカードで決済していると同意義なので、この手のサービスにありがちな使える店が限られるという事もありません。

au PAY決済対応店舗ならau PAY、非対応なら物理カードのWALLETカードもしくはiPhoneユーザーならApple PAYという幅広い場所で利用可能なのが大きな特徴であり他社とは違う強みとも言えます。

設定方法

au PAYの利用にはスマートフォンが必要です。AndroidOSとはいえガラホは対応しておりません。

現在は最新バージョンで無い「au WALLET」アプリを起動するとアップデートを促されるので内容に従い更新するだけです。新たにアプリの導入は必要ありません。

注意点としてはWALLETカードの発行が無い場合は発行手続きが必要です。(アプリでそのまま行えます。)

チャージ方法について

au PAY利用にあたってチャージが必要になりますが、WALLETカードへチャージとなります。

  1. 店頭カウンター・チャージカード購入・専用チャージ機
  2. au WALLET ポイントチャージ
  3. クレジットカードチャージ
  4. かんたん決済チャージ(翌月請求への上乗せ)
  5. じぶん銀行チャージ

実はここまで幅広いチャージ方法があるのもau PAYやWALLETカードのみとなっています。

参考:au WALLET 残高へのチャージ(入金)方法 | ご利用ガイド | au WALLET

キャンペーンについて

PayPayをはじめとしてバーコード決済には大規模なキャンペーンが気付けば定番となりました。

au PAYもサービス開始直後という事でいくつかのキャンペーンを行っています。大規模といえるキャンペーンのみ今回ご紹介致します。

「auWALLET ポイント つかえる!たまる!キャンペーン」

auWALLET ポイントが1P=1円でチャージに使えるという強い利点がありますが4月30日20時まで、かつチャージ総額100億円に達するまでチャージ金額増額キャンペーンを実施中です。

【チャージ金額の10%が残高に追加チャージされる】という内容です。上限は20000ポイントのチャージとなるので、最大2000円増額となります。

注意点としてはポイントチャージが条件となるのでややユーザーが限定されますが条件を満たせば2000円貰えると考えればかなり大盤振舞いです。

参考:au WALLET ポイントつかえる!たまる!キャンペーン | au

「三太郎の日」にau PAY利用で最大20%ポイントバック

3が付く日の「三太郎の日」でau PAYを利用する事で最大20%のポイントが還元されるという内容です。(4月は既に終了していますが5月以降もしばらくは続く見込みがあるという事です。)ただこのキャンペーンは条件が少し複雑です。

  1. 「au スマートパスプレミアム」会員である。
  2. 上記を満たすと、200円毎に40P付与となる。
  3. 月間上限が5000Pである。(25000円分相当)
  4. au PAY決済である。(WALLETカード決済は対象外)

スマートパスプレミアムが有料コンテンツで月額499円(税抜)という事で少しだけ敷居が上がります。

しかし、25000円の決済で上限の5000Pが付与されるので実質20000円となるので普段は安売りしない商品の購入にはうってつけです。

au PAY決済対応店舗は徐々に増えるので今後に期待だが、一部店舗を除きauショップ店頭でも利用可能なのでいっそスマートフォンを買うのも手かもしれません。

参考:三太郎の日 | au

総評

「100億円」という単語を使ったり、auユーザーには嬉しい特典があるのも魅力的だが筆者としては「遅すぎるわりに普通。」というのが感想でした。

auユーザーなので勿論利用する事もあると思いますし、今後も利用したいとは思いますがこの手のサービスとしては「LINE PAY」「PayPay」が先行したり爆発力があったと感じてしまいます。

とはいえ、auユーザーならまず利用して間違いありません。ポイントの利用用途が増えるのはユーザーとしては素直に嬉しいですし今後もキャンペーンに期待したいと思います。