スマホを高値で買い取りしてもらう為に気を付けておく事

未分類

新しい機種に交換する時に今まで使っていたスマホをどうやったら高い値段で買い取ってもらうか?これは気になる所です。

買取金額が高ければ高いほど新しい機種に使えるお金も増えますし、買取金額次第ではワンランク上のスマホを購入する事も出来ます。

今回は高値で買い取ってもらうために普段から気をつけておきたいことや、いざ買い取りを申し込む時に抑えておきたいことをまとめました。

普段遣いで気をつけておきたい事

スマホが高く買い取ってもらう為にはスマホ本体に関わるトラブルや問題が置きていないことが重要です。

普段遣いで気をつけておきたい点を3つ紹介します。

気をつける点1 傷をつけないよう丁寧に使用する

スマホに限らず物を買い取ってもらう際には本体に傷がついていないかは重要な査定ポイントです。

当然ながら次に買いたい人の気持ちは、傷だらけのスマホよりも綺麗なスマホの方が良いに決まっています。

  • 普段遣いからスマホケースを取り付けておく
  • 液晶保護フィルムを貼っておき落とさないよう使用する

これらは普段から気をつけておきたいですね。

気をつける点2 分割支払なら全額支払っておく

買い取りの際に他に大きな査定ポイントとして、分割支払金が支払い済みか否かというのが大きな分かれ目です。

分割支払金が完済されていない場合に買い取りをした場合、赤ロムと呼ばれ買い取りしたスマホの通信制限がかかってしまうリスクを抱えた端末になります。

当然、いつ通信が止まるか分からないリスクを孕んでいる場合は買取金額は下がってしまいますしそもそも買い取り自体お断りという業者も少なくありません。

可能な限り、分割支払金は全額支払っておきましょう。

気をつける点3 分解・改造は避ける

最近のスマホは昔のスマホと違い分解することが出来ず、通常の使用では裏蓋を外せないようにしている機種も少なくありません。

そういった機種で分解や改造などをしてしまうと、動作保証端末外となりますのでまた買い取りの際にリスク要因となり値段は下がります。

スマホを素人が分解・修理する事はあまり見かけないケースではありますが値段が下がる要因として記載しておきます。

自分の機種の相場を知っておこう

買い取ってもらう前に自分の機種が中古市場でどれだけの価格になっているか知っておくのも重要です。

インターネット上から『機種名 中古』などで検索すると取扱店舗の値段がたくさん出てきますし、実際に中古端末を取り扱っている店舗を訪れる方法もあります。

基本的に購入した時が新しく、値段が高い機種ほど買取金額は高くなります。

またエクスペリアやギャラクシー等、中高価格帯のスマホであれば更に高くなります。

逆に低価格帯のスマホで購入してから数年経過している端末だと二束三文どころか買い取りすらされない所もあります。

そういった場合は買い取りを申し込まず、後述するキャリア下取りに出す方法もあります。

下取りに出したほうが結果的にお得になる事もある

au、ドコモ、ソフトバンクでは機種変更の際に今まで使っていたスマホを下取りに出すことで機種変更時に割引やキャッシュバックを受けられる事もあります。

中古ショップでの買い取りとキャリアの下取りでは、中古ショップでの買い取りの方が金額が高めの傾向にあります。

しかし数百円~数千円程度の買い取りであれば総合的に考えるとメーカー下取りに出したほうがお得になるケースもあります。

極端にスマホの買取金額が少ない場合はメーカー下取りも考慮すべきでしょう。

まずはスマホを丁寧に使おう

買取価格を少しでも高めにする場合は、スマホ本体に傷をつけず問題なく動作する事が最低限必要です。

動作しない、傷だらけでは買い取り自体断られてしまう事もありますので普段遣いから気をつけたい所。

またいざ買い取ってもらう時には様々な店舗やメーカーでの下取りを考慮するのがオススメです。