熱暴走で故障修理の危険も!Androidスマホが熱くなる原因と正しい対処法

トラブル

スマホの熱暴走はとても身近な驚異

スマホは小さなパソコンと例えられるように多くの機能をもっています。

そして、パソコンと同じように、とても熱に弱い点も同じ。

しかし、スマホが熱に弱いと聞いてピンと来る方はパソコンに比べて少ないようです。

そこで今回はスマホの熱と、熱による障害の熱暴走の弊害についてまとめました。

特に春から夏は気温が高くなり、スマホが熱を持ちやすい季節です。

Androidスマホが熱をもつ原因とは?熱をもったらどんな事が起きるのか?対処法は?

それらの内容をまとめました。是非ご一読頂き、参考にしてみて下さい。

スマホが熱をもってしまう原因は何か

スマホの処理と発熱するバッテリーが大きな原因

まずスマホが熱を持つのは、スマホがアプリを動かすなどをして処理をする為です。人が動けば熱を持つように、スマホも動けば熱を、特にバッテリーが熱を持ちやすくなっています。

更にスマホは色々な動作を同時に並行できますから、ネットを見た後にメールのアプリを起動、更にゲームも…とすれば、当然、動作を一緒に行うことでその分処理も増えますから熱も持つのも当然です。

操作している手の体温もあります

またパソコン等と違い、スマホは直接手に持って操作しますから、操作している人の体温が伝わりやすいのが特徴です。

もちろん人の体温だけであれば影響はほとんどありませんが、夏の気温や、スマホの処理による発熱といった条件も重なれば、体温も決して侮ることは出来ません。

実は便利な機能が仇となることも…

スマホの便利な機能である防水機能。雨や汗などを防いでくれる便利な機能ですが、この機能はスマホの隙間を無くす事で実現しています。

隙間が無いという事は、その分、熱がこもりやすいとも言えます。便利な機能が熱暴走の要因になってしまう事もあるのです。

今や必須となったスマホケースも同様です。スマホはバッテリーのある裏面が熱をもちやすく、そして最も放熱しやすい部分ですが、そこがスマホケースで覆われていると、放熱できず熱がこもります。

もし熱暴走を起こしたらどうなる?

実際にスマホが熱暴走を起こしたら、大きく二つの障害が発生します。一つはスマホの動作が異常をきたします。そしてもう一つはバッテリーの劣化です。

スマホの動作がおかしくなる

スマホが熱暴走を起こすと正常な処理が出来なくなるので、スマホ全体の処理が非常に遅くなります。

アプリが起動しない、インターネットが非常に遅い。スマホをタップしても反応しない等、そういった様々な不具合が発生します。

それだけならまだしも、通話やネットが出来なくなる事もありますし、熱を感知すると、カメラを動作させず強制終了させる機種もあります。基本的に熱暴走中には、何かプラスの事が起こることはまずありません。

最悪、修理交換となることも…

スマホの動作がおかしくなる程度であれば、後述する熱を冷ます方法を行えば改善されるのがほとんどですが、最も恐ろしいのはバッテリーが劣化してしまう事です。

バッテリーは消耗品ですから、いずれ劣化は避けられませんが、熱を持つ事による過度な負荷が、劣化を更に速めてしまいます。

特にバッテリーが膨らんでしまった場合は、既に使用するのは危険な状態です。こうなってしまえばもはや修理、交換に出すしか対処法がありません。

もし熱をもってしまった時の対処法は?

まずは電源をシャットダウンする

スマホが熱をもってしまった、極端に処理が遅い等と感じたら、まずはスマホをシャットダウンして動きを止めましょう。

もしどうしてもシャットダウンするのが難しいのであれば、電源再起動だけでも改善する事があります。

日光の当たらない風通しの良い場所で放置がベター

スマホをシャットダウンしたら、日光が当たらず風通しの良い場所で、液晶画面を下に向けて2、30分ほど放置して冷ましましょう。可能であれば一時間ほど冷ませればベストです。

注意点として、充電中は熱を持ちますので、冷ます時に充電はNGです。充電器には接続しないようにしましょう。

置く場所さえあれば、電源を切って放置するだけ。実はスマホの熱を冷ます方法は、とても簡単です。

水洗いはNG

稀にスマホを水で洗って、急いで冷まそうとする方もいらっしゃいますが、言うまでもなくこれはNGです。

防水機能やアウトドア仕様、あるいは水洗いできるスマホも確かにありますが、元々そういった水で放熱する事は想定されていません。

万が一の故障もありえますので、水洗いは避けたほうが良いです。

最後に

スマホは精密機械で熱が弱点ですが、使用すると熱を持ちやすい機械です。特に夏場はお祭りやイベント等の外出先で利用する事は多いかと思われます。スマホの熱には特に気をつけて、大事に扱って頂ければ幸いです。