1月中旬になってからドコモ決済が使えないスマホはどれか?原因と対処法まとめ

トラブル

1月半ばから一部のドコモのスマホにおいて、ドコモ提供の決済サービス(ドコモ払い/d払い/spモード コンテンツ決済)が利用できない状態になっています。

年末年始まで使えていたのに急に使えなくなってしまったとの声もありますが、今回はドコモ決済が使えなくなった原因と対処法をご案内したいと思います。

ドコモ決済が使えなくなった原因はセキュリティの仕様

接続エラー:安全な接続を確立できませんでした』といった文言がドコモ決済を利用しようとするとスマホに表示されるのが今回の症状です。

まずお伝えしたいのはドコモ決済が利用出来なくなったのは、障害でも故障でもなく2019年1月11日よりセキュリティの仕様が変わった為という点です。

セキュリティの仕様が変わった関係で、古いスマホによる一部通信だとセキュリティの安全性が一部確保できない可能性が発生しました。

決済はお金にかかわるので安全性が確保できない以上、ドコモ側で受け付ける訳にはいきません。

ただし今はドコモ決済が使えなくても、後程紹介する方法を使えばドコモ決済が使えないスマホでもドコモ決済が再度利用できるようになります。

症状が起きる要素は2つ

ドコモ決済が使えなくなったスマホは、次に記す2点の条件を満たした場合にドコモ決済が利用できなくなります。

その条件を見てみましょう。

条件1 Androidバージョンが4.4未満の機種が対象

Androidバージョンが4.4未満のドコモ発売スマホが、1月11日以降にドコモ決済が利用できない機種になっております。

Androidバージョン4.4未満、即ち4.3.1よりも前の機種ですがこれらの機種はおおよそ2012年前半よりも前に発売された機種です。

今の機種は2016年以降のAndroid7以降が主流なので、2019年の時点では相当数は少ないAndroidバージョンです。

要は古すぎる機種だとドコモ決済が利用できないという事ですが、実はこれも後述の原因と対処法が分かれば現段階でドコモ決済が利用可能になります。

条件2 Wi-Fiを使った通信でドコモ決済を利用時

Android4.4未満の機種でドコモ決済が利用出来なくなる条件2点目として、Wi-Fiを使った場合によるドコモ決済が使えないというのがあります。

逆に言えばWi-FiをOFFにした通信、ドコモのspモード通信であれば今まで通り利用可能になっています。

古い機種を使っていてドコモ決済が1月11日以降に利用出来なくなっても、Wi-FiをOFFにすれば引き続き利用できるわけです。

今後は古い機種ではネットが使えない可能性もあるので注意

ドコモ決済が利用出来なくなる現象と対処方法をご案内させていただきました。

  • Android4.4未満の古い端末且つWi-Fi接続時のみ症状が発生する
  • Wi-FiをOFFにしてドコモ回線で利用すれば引き続き利用可能

となりますので、料金未払いやアプリの不具合等も無く同様の症状が出てきている方は一度お試しください。

余談になりますが、セキュリティの仕様が最新版になるにつれて古すぎるスマホではウェブサイトの閲覧やアプリの利用が出来なくなる可能性が高まってきています。

昨年にはYahoo!のホームページがセキュリティの安全性確立の為Chromeか本体OSのアップデートをしないと、Android端末で見られないという事も起きました。

今まではアプリ側アップデートでほとんどの機種が対応できましたが、今後はアップデート対象にならずウェブの閲覧が出来なくなる機種も出てくる可能性が高いです。

一つの機種を使い続けるのは物持ちの良さの証明でもありますが、可能であればAndroid8以降の機種にMNPや機種変更等で早めに換えておいた方が無難と言えるでしょう。