システムアラート!?スマホに現れた警告や請求はどうすればいい?対処法を紹介!

セキュリティ・ウイルス

スマホの操作中に突然あらわれる警告表示は、文面や内容を変えて度々ユーザーを困らせます。

度々、Androidスマホにあらわれる警告からの被害ですが、最近「システムアラート!」の表示での警告が報告されています。

誘導されるアプリがセキュリティではなく「クリーナーアプリ」というのも新たな特徴です。最新の情報なのでこれからのためにも原因や対処法をご紹介します。

システムアラート!の警告ページとは?

2018年7月に報告の増えている警告ページはこちらのような文面で表示されているようです。

警告のタイプ
  • システムアラート! 今すぐお客様のシステム・エラーを修正してください
  • お客様の携帯電話は深刻なダメージを受けています!
  • 危険なウイルスに感染しています・・・

警告画面の内容では「キャッシュデータのオーバーロードが原因のため・・・」と表示され、従うとウイルス対策アプリやスマホクリーナーのアプリへ誘導されてしまいます。

当然ですが、まったくのウソですしアプリのダウンロードは思う壺なので、まったく無視して絶対にアプリをインストールしてはいけません。

警告画面の原因は?

主な原因はウェブでサイトを閲覧していると見えないようにポップアップ広告があったり、タップするとページが変わるように仕込まれているためです。

過去にも見られた架空請求なども同じ手法で行われているので、慣れていれば気づきますが初めて見た場合はあわててアプリをインストールしてします可能性もあります。

ウイルスの心配もまったくありませんし、システムアラートも全くのウソなので無視するのが1番です。

ブラウザアプリのページを表示してxをタップしてウェブの画面を閉じれば問題ありません。念のために直前に見ていたページも閉じておきましょう。

特定のページだけを消す方法
  1. ブラウザアプリの上部にあるアドレス横の数字の入った□をタップ
  2. 見ていたWebで閉じていないページが全て表示されます
  3. アラートなどの画面のページと原因になったページをxをタップして閉じる

この方法でページを消すことができます。

アクセス情報も削除するにはブラウザの閲覧履歴データとキャッシュデータも削除しておきましょう。

GoogleChromeの閲覧履歴データの削除方法
  1. GoogleChromeを表示して上部アドレスバーの隣の「︙」メニューをタップ
  2. 「設定」をタップして「プライバシー」をタップ
  3. いちばん下の「閲覧履歴データを消去する」をタップして消去したい項目にチェックを入れて右下の「データ消去」で完了 

完了したら、スマホの再起動もしておきましょう。

目的は?アプリをインストールするとどうなる?

このような警告でユーザーを焦らして、さもAndroidやGoogleの公式な警告やアラートに見せてアプリへ誘導することが目的でウイルスなどではありません。

ですがアプリの連携によって、電話帳やSNSアプリから個人情報を収集したりすることが可能になってしまいます。

セキュリティアプリやクリーナーアプリの場合は、全てのアプリに対してのアクセスができるように許可を求めるため、気づきにくいのでこういったアプリを利用しているようです。

アプリをインストールしてしまった場合は、こちらの方法で確実にアンイストールしておきましょう。

アプリの確実なアンイストール手順

設定を開いて「アプリ」をタップ

インストールしたアプリを探し出して「アンインストール」をタップすれば完了です。

アプリ情報の「許可」に連携しているアプリや項目が表示されます。怪しいアプリなどは連携をオフしておくとさらに安心です。

無料のゲームなどで意外と「連絡先」の連携がオンになっていることが多くあります。有名なゲームでも心配になりますよね。オフにしてゲームに影響がないか様子をみてみましょう。

最後に:ウェブ閲覧はアプリを違うアプリを利用すると便利!

突然あらわれてユーザーを困らせる警告画面や架空請求ですが、基本的には怪しいウェブページを閲覧しているときに起こります。

必要な情報を得るためにいろいろ調べ物をする場合は、「Google Chrome」以外のブラウザアプリを利用すると便利です。

怪しいページ検索用のアプリを用意しておけば、何かあってもすぐデータ消去で問題なく利用できますし、アンインストールして再インストールでかんたんに初期化できます。

おすすめはセキュリティの高い「FireFox」、動画やページの軽量化をしてくれる「Opera mini」最近では「Smoooz」も軽くて使いやすいのでおすすめです。

用途に応じていろんなブラウザアプリを使い分けて便利なスマホを活用しましょう!