スマホの初期化やメモリ開放にも!クラウドサービスの活用法

データ転送・バックアップ

音楽に動画でスマホの容量がいっぱい!そんなときは「クラウドサービス」に預ければいいですよ。写真や動画を無制限に預けられる神アプリ「Googleフォト」は有名ですね。

ほかにもデータをネット上に預けられるクラウドサービスは無料でたくさんあるんです。せっかく無料で使える便利なサービス、利用しないともったいない。

スマホの初期化や機種変更に役立つ利用法や便利な活用法をご紹介します。うまく利用すればうっかりの忘れ物が無縁になるかもしれませんよ!

使わなきゃ損!クラウドサービスとは

GoogleDriveはスマホにプリインストールされていることも多いのでご存知ではないでしょうか?写真などをアップロードしたりする場合に、知らずに利用していることもあります。

冒頭で出した「Googleフォト」は有名ですね、写真と動画を無料で無制限に預けられるので、ストレージがいっぱいになったスマホに助かるアプリです。「Googleフォト」は写真と動画専用のクラウドサービスなんです。

写真を預けることは全てのクラウドサービスで可能なのですが、おすすめしたいのはマイクロソフトの提供している「OneDrive」!

無料で5GB預けることができるのですが、写真を一覧でみるサムネイル(見本の小さいピクチャ)が一番キレイでプロのカメラマンが使っているほどです。

容量が少なめなので、人に見せたい写真を選んで預けたりするとこだわりのアルバム風になります。といった感じでいろんなクラウドサービスの優れた部分で使い分けるとより便利になります。

忘れ物がなくなる?ビジネスにおすすめの利用法

よく使う書類ってありますよね?私は過去のケータイスタッフ時代にも活用していました。私は「委任状」や「親権者同意書」など、忘れがちな書類をクラウドに預けてプリントアウトしてました。

忘れたり無くなりがちな書類をクラウドにストックしておけば、イザという時に助かります。作成中のエクセルデータやワードなども預けて、自宅や会社で続きもできますし途中で紛失などもまずありません。

エクセルとワードなどと同じ機能が使えるGoogleの「gドキュメント」や本家マイクロソフトの「Office Online」と組み合わせれば、移動中にスマホで作業もできます。

アプリで「Office」を入れておいてもいいのですが、オンラインならインストール不要でも使えるのでかなり便利です。

サークルや仲間同士のシェアを「共有」でやりとり

昔は友人の結婚式の動画をわざわざDVDに焼いて送ったりしてましたが、今ならクラウドに預けて「ダウンロードしてね」だけで渡せます。

SNSのアップでは誰かの目に触れる危険性もあるので、クラウドサービスの共有で動画をやりとりする方法がおすすめです。

サークルなどの計画表や写真、動画などをやりとりに便利です。私はバンドをやっているので、作った曲をクラウド経由でメンバーとやりとりして編曲したりに使っています。ボイスメモや譜面、作曲アプリなど今は便利になりましたね。

スマホの初期化の前のバックアップに使う

怪しいアプリをインストールしてしまったりして、スマホの動作がおかしくなったり、動きが悪くなったりした場合に「初期化」が一番有効的な方法です。

ショップなどで修理を依頼した場合にも、まず「初期化」を先にするのですが、それでスマホの不具合は治る場合がほとんどです。

でも、データが消えると面倒。もし無くなったらどうしようと思う前にまずは、Androidスマホで簡単に使えるGoogleアカウントでバックアップを保存しましょう。

まずは連絡先の保存

クラウドに保存しておけばSDカードに対応していないスマホでも大丈夫です。無くなることもないので活用しましょう。

「本体の電話帳」からGoogleアカウントに移行する方法です。

  1. 電話帳アプリを開いて右上の3点メニューを開きます。
  2. 連絡先のエクスポートをタップ
  3. 保存を本体かSDカードを選択します。

これで保存が完了しました。これから移行の手順です。

  1. 同じように「電話帳アプリ」を選択して右上の3点メニューを開きます
  2. 連絡先のインポートを選択
  3. インポート先は内部ストレージでもSDカード選択OK
  4. 保存先でGoogleアカウントを選択

これでGoogleアカウントに電話帳が移行されました。スマホが変わっても、パソコンでもGoogleアカウントの同期だけで電話帳の移行が完了します。

番号など登録が二重に出る場合は「メニュー」の選択先フィルターで本体かGoogle片方の選択にすれば元通りです。

今後の登録もGoogleにしておけば、常に新しいデータを移行できます。

アプリの「Google電話帳」や「J’sバックアップ」でも簡単に移行できます。

写真と動画は「Google+」でもOK!

Googleフォトに預けていてもOKですが、「Google+」で自動的にバックアップをとる方法もあります。

アプリをインストールすると「写真のバックアップ」の選択でwi-fi経由のみにしておくとwifi接続時に自動バックアップをしてくれます。

「Googel+」はSNSアプリではありますが、バックアップデータは保存のみで共有も閲覧されることもありませんのでご安心ください。

ゲームなどの情報は?

基本的にGooglePlayでダウンロードしたアプリは同期した時点で再ダウンロードされてログインで引き継げます。FaceBookで引き継ぐアプリもあるので、アカウントは持っておきましょう。

ただし、アプリによってバックアップ方法は異なるので、事前にしっかり確認しておいてください。

初期化の前に

バックアップをとったら、初期化ですがその前に「セーフモード」で試してみることもおすすめです。インストールした外部アプリが原因であれば、確認できるのでやってみてください。

初期化をすれば、余計なキャッシュやメモリ開放にもなり、問題のあったプログラムもなくなるので、スマホがサクサク動きます。動きがおかしく感じたら定期的に初期化をすればスマホも長持ちできますよ!