Androidスマホ カメラで選ぶなら画素数じゃない!?本当の選び方は○○を見るべき!

新しいスマホを購入するときに、機種選びのポイントの一つとなっているカメラの性能。

最近はデュアルレンズや2,000万画素以上というスペックを搭載したデジカメ・キラーと呼ばれる機種も多く発売されました。

でも高機能なカメラのはずなのに、思ったような撮影ができない、なぜ?という事もあります。

そこで、今回はAndroidスマホのカメラ機能について、カタログ数値の本当の見方をデジカメを例にして解説していきます!

本当に求めているカメラ機能のスマホを選べるようになります。わかりやすーーく紹介しているのでぜひ参考にして下さいね。

目次

スマホのカメラ性能を画素数で選ぶのは間違い?

スマホに限らずデジカメにも購入の決め手となる「画素数」、過去の1,000万画素以下だった発展途上時代と違って、現在は2,000万画素を越える機種さえ現れています。

おさらいとして「画素数」とは何か?というと、「ドットの数」ということ。

表示するサイズに対して「画素数=ドットの数」で写真などの画像を表示しているということなんです。

ディスプレイ性能とカメラ性能の矛盾とは?

興味深い内容として「表示できるディスプレイ性能」ということになるのですが、

フルHDディスプレイを搭載しているスマホは、

「1,920×1,080ドット」なので207万3600画素を表示しています。

4Kでも「3,840×2,160ドット」なので、829万4,400画素ということになります。

・・・インカメラの800万画素程度でもスマホの表示や、TVくらいの表示なら十分ということなんです。

実際に2,000万画素を越えるカメラ性能を発揮するためには、「ポスターサイズ」くらいのプリントアウトでやっとわかるというくらいです。

逆に多すぎる画素数はノイズを発生してしまい、画質を落としてしまう場合もあります。

カメラの画素数は1,000万画素程度あれば十分。そしてこれから解説する数値に注目していきましょう。

カメラ機能はf値に注目!

スマホのカメラ機能を説明するときにある「F値」に注目しましょう。一般的に「絞り値(しぼりち)」と呼ばれ、f1.8やf2.4と表示してある光を取り込める量の値のことです。

f値が小さいほど
  • 暗い場所でも明るく撮れる
  • 速い動きでもブレにくい

というメリットがあるので、F値が小さいほどいいと覚えておきましょう。プロが撮影したような背景ボカしも、F値が小さい方が有効的です。

デュアルカメラ機種は「mm」に注目!

望遠レンズを採用しているデュアルカメラ機能搭載のスマホが増えています。

レンズの性能をみるポイントは「mm」で表示されている画角の数値です。

画角とは
  • 人間の視界に近い写真を撮影する「標準」
  • 小さいほど広い範囲を移せる「広角」
  • 大きいと遠くのものがはっきり撮れる「望遠」

カタログなどによく「広角」レンズのmm数はよく見かけますが、どんな撮影に向いて標準とどのように違うのでしょうか?

広角・標準・望遠レンズの違いとは?

  • 広角レンズ

パノラマ写真のように広い範囲を撮れるのは、「広角レンズ」でmm数値は小さいほどよく、高級カメラでは25mm以下が選ばれています。

被写体としては、パノラマ写真や大きな建物、風景などや大人数の集合写真で性能を発揮します。 

  • 標準レンズ

主にスマホのカメラとして採用されている「標準レンズ」は、眼で見ている光景を撮影することに向いています。

デジカメで選ばれるレンズ数値は35~80mm以下が良いとされています。 

  • 望遠レンズ

スマホでは、デュアルレンズの高機能機種に搭載されている「望遠レンズ」。遠い場所や動物に気付かれないように撮影することに向いています。

デジカメでは100mm以上が選ばれますが、スマホでは望遠レンズがあるだけでも十分スゴイと言えます。 

それぞれの数値は高級デジカメの値なので、これに近い数値をもっているカメラ機能のスマホを選ぶといいでしょう。

最強デジカメ機能のスマホを例えにみてみよう!

例として高級カメラメーカー「ライカ」製の3眼レンズを搭載したファーウェイの「P20 PRO」のカメラ数値をみてみましょう。

「ファーウェイ P20 PRO」

トリプルカメラ 4000万画素+2000万画素+800万画素

4,000万画素(40MP/広角): f値1.8/広角27mm

2,000万画素(20MP/広角): f値1.6

800万画素(8MP/望遠): f値2.4/望遠80mm、光学3倍ズーム・ハイブリッド5倍ズーム 

さすがスマホ界最強カメラと呼ばれる「P20 PRO」、高級デジカメに近いくらいの数値です。

カメラ機能が向上しているスマホカメラではf値2.0が多く、それでも一眼レフデジカメ並の数値と言えるのですが「P20 PRO」はそれ以上です。

望遠レンズも光学ズームの3倍とハイブリッドズーム5倍、プロカメラマンも絶賛の機能を搭載しています。

10万円する高級スマホですが、高性能スマホ+高級デジカメと考えるとお買い得な価格と言えますね!

スマホの機能の選び方は

いかがでしたか。スマホのカメラ機能は、画素数ではなくf値と広角、標準のmm数に注目しましょう。望遠もついていれば最高です。

この点を確かめるようにすれば、お手頃な価格の機種でも機能のいいコスパに優れた機種を、きっと選べるようになりますよ。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

フリーライターとして活動。以前は大手家電量販店で某インターネット契約業務を担当し大会で優勝や県代表なども経験。
フックアップにより某キャリア携帯へ転職して販売数上位の成績を収め続けた。格安Simを含む全キャリアの販売も経験。スキルのためか顧客と同業の問い合わせの多さと人間関係の疲れにより副業としていたライターを専業に選択。在籍時に言えなかったことや踏み込んだ記事などが好評。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次