「Google Pixel3」をおすすめしたい理由。特徴や販売価格について

最新機種情報

最近、筆者の知人を含めて周りでも購入報告があがっている「Google Pixel3」。

テレビではCMも流れていたり、携帯売り場においても独立して展示されていたりと機種変更で来店された方ももしかしたら目にしているかと思います。

Googleが設計・開発を行ったリファレンス機である本機種の解説をしたいと思います。

「Pixel3」とは

Googleが設計開発を行っている「Pixel(ピクセル)」シリーズの最新機種で日本発売は本機種が初めてですが海外では「Pixel2」と呼ばれる前モデルも販売されておりました。

日本での販売形態では、GoogleストアでのSIMフリー購入かdocomo、Softbankのキャリアでの購入です。

キャリア販売モデルではSIMロックがかかっている以外の相違点はありません。既に2018年11月に発売済みで、レビュー記事やその他の詳細については各種メディアにて取り扱われてると思うので詳細は省きます。

最大の「ウリ」について

ハードスペックについては同時期発売の他メーカーフラグシップ機に比べると劣る点もありますが、本機種の大きな特徴は「Googleが提供する様々なサービスをいち早く楽しめる」という点だと考えます。

まずはOSのバージョンアップ保証は最低3年ある点です。一般的なスマートフォンは2年間、下手をすれば1度も更新されないままというの珍しくないスマホ業界。

セキュリティ上の観点からも好ましくは無いですが、本機種はそれが3年間は保証してくれるとうのが強みです。

現在、Androidバージョンが9ですが3年後という事はAndroid 12までは保証してくれます。端末の性能自体は現時点でもトップクラスなのでハード的には3年利用は問題無いと思います。

次に「Googleレンズ」と呼ばれるカメラで写したテキスト、商品、建物、植物などをAIが判定して写っているに対しての詳細情報を表示してくれるサービスを利用出来る。こちらはCMでも紹介されているのを見た事があるかもしれません。(一部の機種では本機種以外でもダウンロードが出来て体感出来る様になりました。)

こういった最新サービスが常に楽しめるのも飽きが来なくて良いと思います。

端末ラインナップについて

本機種には「Pixel3」「Pixel3 XL」と2モデルあります。

pixel3本体ラインナップ

(画像はPixel3の本体とカラーバリエーション。)

「Pixel3」はディスプレイサイズが5.5インチで、「Pixel3 XL」は6.3インチです。

画面サイズによる筐体の大きさが相違点で、後者はインカメラ部分が切り抜けれているノッチがあります。バッテリー容量にも僅かな差があります。

本体容量は各モデルに64GBと128GBの2種類が用意されています。(ドコモで販売されているモデルのみラインナップに限りがあります。)

オススメしたい理由!

本機種を購入する上で決め手となるであろう2つの理由があります。

スマホに詳しい層からすればGoogleが設計したスマホを使いたい!が一番の決めてかもしれませんがあまり詳しく無いユーザーが選ぶ基準としてお話致します。

カメラ機能はとにかく推したい!

本機種を購入した理由を男女問わずで知人に聞いてみると「SNS上で夜景がキレイに撮れると評判だから」と返す人が多かったです。

iPhoneを初め、各社が販売するスマートフォンは背面がデュアルカメラを採用しているモデルが多い中この機種はシングルレンズです。

実はGoogleが「AI」を用いてシングルカメラでもデュアルカメラ並の性能を再現しておりハードとソフト、両方からのアプローチで他社に匹敵するカメラ性能を引き出しているというのが驚きでした。

Twitterや価格.comといったユーザーによるクチコミを見ても、カメラについて言及している事が多いです。

不要なアプリが導入されていない!

メーカーがスマホへ導入している各種便利機能や、キャリアによって導入されているアプリなど様々なあります。

実はドコモ版、ソフトバンク版ともにキャリアメールアプリすら導入されていません。(要設定)勿論ここは人によりデメリットと感じる事もあります。

不要なアプリが入っていないので余計な電池消耗もありませんし、キャリアアプリのアップデート促進もありません。ピュアなAndroidシステムを利用する事になります。

ただキャリアメールの設定は、知人の場合はショップ店員さんで設定してくれた様なので実際はそこまで気にしなくても良いかと思います。

購入先について

冒頭でもご説明しましたが、GoogleストアでSIMフリーモデルが購入出来ます。ドコモやソフトバンクからも、同時期に発売されています。

3大キャリアで唯一取り扱っていないauですが、ネット上の報告ではSIMの差し替えとプラン変更で接続が確認出来ている様です。auユーザーはSIMフリーモデルの購入か、他社への乗り換えで購入する形となります。

販売価格について

iPhoneと同じくキャリアが販売している・メーカーストアから直接買えるという形態ですが販路により価格が異なります。

モデル ドコモ ソフトバンク Googleストア
Pixel3 64GB 93,312円 87,600円 95,000円
Pixel3 128GB (無し) 98,160円 107,000円
Pixel3 XL 64GB (無し) 108,720円 119,000円
Pixel3 XL 128GB 126,360円 120,240円 131,000円

※ドコモ:オンラインショップSPECIAL特典適用時
※ソフトバンク:Google Pixel 3 ハッピープライスキャンペーン適用時

上記の表は一括価格で購入した場合の本体価格です。

補足としてはドコモの場合は月々サポートと呼ばれる機種購入から2年間発生毎月の割引があるので実質負担金と呼ばれる見せ方だと最安値になります。

ソフトバンクの場合は半額サポートと呼ばれる分割48回払い時に2年利用時に回収を条件に残債を免除するサービスがあるのでドコモと同じく見せ方次第では半額となります。

いずれの場合も、指定キャリアでの契約が必要となり月々の基本料金が発生します。(本記事ではあくまで一括で端末を購入する場合の価格として記載します。)

Googleが提供する様々なサービスを利用出来る、カメラ性能を第一で考えている、不要なアプリはいらないと感じている方などにはオススメしたい端末です。

気になった方は一度ショップに行き、実際の機種を触ってみる事をオススメします。

画像引用:Google Pixel 3|Googleストア