光コラボの事業者変更とは?手続きの方法や手数料、内容など解説

2019年7月よりコラボ光の事業者変更が出来るようになりました。

以前はコラボ光からコラボ光へ変更する場合、手続きがかなり手間だったのですが、事業者変更が出来るようになり簡単に切り替えをすることが可能となりました。

ですが、まだ聞き慣れない言葉であると思う方が多いと思います。

この記事ではコラボ光や事業者変更の内容、必要なものなどについてお伝えしていきます。

目次

光コラボと事業者変更

光コラボって何?

光コラボとは一言で言うと「NTTフレッツ光の回線を別の事業者が借りて提供している光回線」の事です。

代表的なところで言うと

  • docomo光
  • SoftBank光
  • ぷらら光
  • OCN光
  • ビッグローブ光
  • so-net光
  • nifty光

などがあげられます。聞いたことがある名前もありますよね。

au光や電力会社の光回線、ケーブルTVの光などはフレッツ光とは違う線を使用しているのでコラボ光ではありません。

コラボ光は基本的にプロバイダー事業者が提供しており、支払いを1本化出来たり、独自のサービスを受けたりすることが出来るといったメリットがあります。

例えば、SoftBank光だとスマホとセットにする事で「おうち割光セット」という値引きを受けることが出来ます。

転用と事業者変更

コラボ光に申し込む際、手続の方法は3つあります。

  1. 新規契約
  2. 転用
  3. 事業者変更

1の新規契約は名前の通り新たに契約をすることです。光回線の導入から始まるので、基本的に立ち合い工事が発生します。

2の転用とは、フレッツ光からコラボ光へ契約を変更することを言います。

前述した通りコラボ光はフレッツ光の回線を借りており、同じ回線を使用する為立ち合い工事は発生しません。

ひかり電話を利用している場合、電話番号やプランも引き継ぐことが出来ます。

また、フレッツ光の解約金なども免除されますが、工事費の残債などは大抵の場合引き続き支払いが必要になります。

以前まではこの2つの方法だけでしたが、2019年7月より3の事業者変更が追加されました。

事業者変更は、コラボ光からコラボ光へ契約を変更することを言います。

フレッツ光の回線を使っているコラボ光からコラボ光への変更なので、こちらも工事費は発生しません。

転用と同じくひかり電話の情報も引き継ぐことが出来ます。

しかし、2年契約などの解除料は発生するという点は転用と異なります。

2019年6月30日以前は手続きが面倒だった

事業者変更が出来るようになる以前では、コラボ光からコラボ光への切り替えはとても手間がかかりました。

流れとしては以下の図のようになります。

手続き流れ

要は同じ線を使っているにも関わらず、解約して撤去工事をしてから再度光回線を引き直すというものです。

撤去した線と同じものを引き直し、更に立ち会い工事が必要で工事費までかかるというとても面倒な事になっていました。

また、固定電話の番号もNTTのアナログ電話に一度戻さなければ引き継ぐことが出来なかった為、NTTの加入権がないと固定電話の番号が変わってしまいました。

ですが、事業者変更が出来るようになってからは工事もいらなくなり、ひかり電話をアナログ戻しする必要もなくなった為とてもシンプルになりました。

事業者変更の手続に必要な情報

事業者変更承諾番号

現在契約中の事業者から「事業者変更承諾番号」を取得する必要があります。

言わば引き継ぎ番号みたいなもので、この番号を次の事業者へ伝えることで契約を引き継ぐ事が出来ます。

事業者変更承諾番号

事業者変更承諾番号は、FもしくはTから始まる10桁の英数字です。

①はNTT東日本であればF、NTT西日本であればTから始まります。

②の数字は有効期限です。発効日を含め15日間が有効期限となります。

画像の数字だと、10月31日までが有効期限ということですね。

③のユニーク番号は完全にランダムに払い出される数字です。

主なサービスの問い合わせ先は以下のとおりです。

サービス名 電話窓口 営業時間 即時発行 通知方法 カスタマーIDの通知方法 ガイダンス番号
ドコモ光 0120-800-000

ドコモ携帯から:151

9:00-20:00 口頭 マイドコモ 7→1→4
ぷらら光 固定電話:009192-33

ひかり電話:0120-971391

携帯電話:050-7560-0033

10:00-19:00 × 数日後にコールバック

※webからの申込なら即時

番号と同時に通知 1→2
So-net光 0120-45-2522 9:00-18:00 × 2時間後にメールorマイページから
確認
番号と同時に通知 直通
OCN光 0120-506506 10:00-19:00 口頭 番号と同時に通知 1→2
ビッグローブ光 0120-907-505 9:00-18:00 数分後にメール 番号と同時に通知 直通
nifty光 03-6625-3265 10:00-17-:00

土日祝は休み

× 2〜7日ほどでコールバック 番号と同時に通知 直通

事業者によっては即時発行ではないので、前もって手続きを進めておく必要があります。

また、ドコモ光は契約IDの確認を自分でする必要があります。

ですが、携帯のMNP予約番号を発行した後ではマイドコモから見られなくなります。

ドコモ光から事業者変更する時は携帯も乗り換えるタイミングだと思うので、先にマイドコモからカスタマーIDを忘れずに控えておきましょう。

以前、転用をしたことがあれば似たような「転用承諾番号」を取得したことがあると思いますが、それと同じようなものです。

契約IDまたは電話番号

事業者変更をする際に、現在の契約内容を確認できるものも必要になります。

地域や事業者によって変わるのですが、契約ID、ひかり電話番号、契約者の連絡先番号のいずれかが必要になります。

契約IDは基本的に「CAF」から始まる10桁の数字になっており、事業者変更承諾番号を発行する際に一緒に払い出される事が多いです。

NTTからの情報開示承諾

コラボ光はNTTから直接オプションに加入している場合があります。

ほとんどの場合がこうなので、NTTに契約者から電話をして情報開示の承諾をとる必要があります。

やり方は電話もしくはネットからですが、NTTの東西で問い合わせ先が違います。

NTT東日本

電話:0120-112335 (9:00〜17:00 土日祝も可)

ネット:NTT東日本 フレッツ光  (8:30〜22:00 土日祝も可)

 

NTT西日本

電話:0800-200-1057 (9:00〜17:00 土日祝も可)

ネット:NTT西日本 フレッツ光 (7:00〜25:00 土日祝も可)

事業者変更の手続きをする前に承諾をとっておかないと登録が完了しないので、事前に確認しておきましょう。

事業者変更の手続き方法

必要情報を持って変更先の事業者で登録すればOK

事業者変更の手続きには、前述した必要なものを取得してから変更先の事業者で手続きをすれば大丈夫です。

店舗などで申込をするのであれば名義人の来店や、本人確認書類が必要になるので、ほかに必要なものがあれば事前に確認しておきましょう。

発生する費用

手数料

契約手数料として税抜き3,000円初月の料金と併せて請求されます。

また、ひかり電話の番号を引き継ぐのであればもう3000円、 新規発番であれば1000円の手数料が発生します。

工事費 電話工事費 手数料
費用(税抜) なし 新規発番:1,000円

ナンバーポータビリティ:3,000円

3,000円

現事業者の解約金

現在の事業者に年間契約がついていて、 更新月ではない場合は解除料が発生する場合があります。

転用では解除料は発生しませんが、事業者変更になると発生するという違いがあるので注意しましょう。

基本的には税抜9,500円ですが、長期の年間契約だったり特別な値引きがついていたりすると、それ以上の金額になることもあります。

事業者変更承諾番号を取得する際に金額の確認は出来るので、忘れずに聞いておきましょう。

まとめ

以上、コラボ光の事業者変更についてでした。

今まで出来なかった事が不思議ではありますが、かなり手続きの手間を減らすことが出来るようになったので、今まで以上に好きな事業者を選べるようになりました。

契約を変更するのが面倒だった方も、これを機に見直してみてはいかがでしょうか?

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

モバイル業界やIT業界の経験者など、Androidに精通するプロライターがアンドロイドの使い方やトラブル時の対処法などスマホに関する記事をお届けします。初心者から上級者向けの内容までわかりやすい解説を心掛けています。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次