スマホのバッテリーがウイルス感染で損傷!?対処法と原因を解説!

セキュリティ・ウイルス

スマホでwebを閲覧中に出てくる「悪質なウイルスにより損傷が・・・」という警告メッセージ!
ページを消せなかったり、そのまま何もできなくなって焦ってしまうかもしれません。

Androidスマホでウイルス感染の心配や影響のバッテリーの損傷も問題ありません。
これから対処法と原因についてわかりやすく解説しますので参考にすれば安心してまた利用できますよ。

ウイルスはまったくのウソ!

「○個のウイルスが検出され・・・」とGoogleのページが表示され「バッテリーが感染され破損していることがわかりました」とありますがまったくのウソです。信じてタップしてはいけません。

どんなコンピューターウイルスでも物理的なバッテリーを攻撃することは不可能です。また、バッテリーに関するプログラムに介入したとしても「初期化」で解決できます。スマホの「アプリ」である以上はまったく心配のいらないことなので無視するのが1番です。

何もせずにこちらの方法で解消しましょう。

これで解決!対処法を紹介

ほとんどはブラウザアプリでweb検索やインターネットを利用しているときに起きているはずなので、こちらの方法で解決できます。

警告ページの削除する方法
  1. ブラウザアプリの上部にある検索バー隣の□をタップ
  2. 警告ページのxをタップして

以上で警告は消えます。

念のために警告ページのアクセス情報も消去しましょう

アクセス情報のキャッシュを消去
  1. ブラウザの「︙」ボタンをタップしてメニューを表示
  2. 「設定」をタップして「プライバシー」をタップ
  3. 「閲覧履歴データを消去する」をタップすれば完了

再発するようなら「設定」の下のデータを消去で完全に消せますのでご安心下さい。

使っている機種名なども個人情報じゃない

「お使いの〇〇で~」と機種名などが表示されても個人情報ではなくアクセスから簡単に把握できる情報なので焦る必要はありません。

GoogleのロゴやAndoridのキャラクターも勝手に使っているだけなので、信用性はゼロです。

Android自体がもともと無料のOSだったので、広く利用できる利点を悪いように使っているのです。

心配なら無料のセキュリティアプリでチェック

どうしても心配なら無料で使えるセキュリティアプリでスキャンしましょう。

おすすめはこちら

  • avast Mobie Security(無料)
  • AVL(無料)

2つとも無料で高い信用度のスキャン機能を備えています。

セキュリティアプリを常駐させる必要はないので、影響ないことが確認できたらアンインストールしても大丈夫です。

ウイルスとセキュリティアプリについて詳しくご紹介した記事があるので、ぜひご覧ください。
アプリが起因の場合でもこちらで紹介した方法で全て解決できます。

スマホがおかしい?ウイルスを確認する方法と対処法を紹介

誘導されたアプリをインストールしてしまったら!?

焦らずアンインストールすれば大丈夫です。関連して違うアプリまでインストールしている場合もあるので、こちらの方法で探しましょう。

怪しいアプリを探してアンインストールする
  1. スマホの下にある全てのアプリの表示画面を開く
  2. 上部「アプリケーション検索」横の「︙」をタップしてメニューを開く
  3. 「アプリの並べ替え」タップして「日付順」を選択

この方法で見覚えのないxをタップすればアンインストールができます。
使っていないアプリもアンインストールすればスマホがサクサクに動作するようになりますよ。

原因と今後の対策を紹介

バッテリーの警告やウイルス感染のメッセージはほとんどブラウザアプリでweb閲覧をしていたときに起こります。

控えればいいのですが、好奇心を満たすためにいろんな情報を見てみたくなるのは当然のことでしょう。

怪しげな情報を閲覧する場合には通常と別のブラウザアプリを利用しましょう。もし何かあっても最悪アンインストールが気軽にできます。

Chorome以外のおすすめブラウザアプリは

  • セキュリティの高い「Firefox(ファイヤフォックス)」
  • データ節約のできる「Opera Mini(オペラミニ)」
  • 軽量で高速と人気の「Smooz(スムーズ)」

こちらは実際に、利用してみて確認していますがどれも評価も高く信用できる便利なアプリです。

最後に

よく「Android機種はセキュリティが心配」と言われますがスマホのシステム上で本体のプログラムまで侵入するウイルスは現在、まったく不可能です。
逆にアカウントを忘れただけで持ち主が利用不可能になるiPhoneのセキュリティのほうが問題ではないでしょうか。

例外があるとすれば「GooglePlayストア」を利用せず、ブラウザからインストールするアプリは高い危険性を持っています。

ですが、そんな危険行為を犯すならよっぽど「Androidスマホ」の可能性を信じてやることでしょう。失敗を恐れては未来のクリエイターは育ちません。

開発者やプロは失敗してもいい「捨て機種」で行いますが、自分のスマホを使うしかないのであれば、バックアップをクラウドやSDカードなど本体に依存しない場所にしておきましょう。

Andoridスマホの不具合は最悪でも初期化すれば99.9%問題なく治るので、心配はありません。過剰に心配せず紹介した方法で解消して可能性の高いAndroidスマホを活用していきましょう。

物理的にバッテリーに問題がある場合は、こちらの記事でもくわしくまとめてご紹介しています。
ぜひ参考にご覧ください。

プロもやるスマホのバッテリーを復活させる方法3選!対処法も紹介