丸亀製麺アプリの特長と使い方(クーポン、スタンプ、機種変更の引き継ぎなど)

未分類

丸亀製麺に公式アプリがあるのはご存じですか?このアプリを利用すれば、丸亀製麺のメニューがおとくに食べられます。

無料アプリなうえに、クーポンがたくさんもらえていいこと尽くしです。アプリを使って、お得に丸亀製麺で食事をしましょう。

本記事では、丸亀製麺アプリの機能と使い方、設定方法までわかりやすく解説していきます。

丸亀製麺アプリのメリット!お得がたくさん!

丸亀製麺ファンなら、ぜひダウンロードしてもらいたいアプリです。

惜しみなくクーポンを発行してくれるこのアプリは、安く食べられるのはもちろん、無料のクーポンまで発行されるから驚き。

それでは丸亀製麺アプリのメリットについてご説明します。

その1:【初回限定】スペシャルクーポンをプレゼント

はじめてアプリダウンロードすると自動的にスペシャルクーポンがもらえます。

釜揚げうどんの半額クーポンや、丸亀製麺の人気メニューが無料になるクーポンと太っ腹な企画です。

どのクーポンが発行されるかは、ダウンロード後のお楽しみです。

その2:スタンプためてクーポンゲット

スタンプカードの役割も果たすアプリ。丸亀製麺に来店すると、スタンプが1つたまる仕組みになっています。

スタンプが10個たまれば、もれなくクーポンが発行されます。人気の「かしわ天」1個が無料でもらえるクーポンが発行されます。

スタンプをためる方法ですが、レシートのQRコードを読み込むか、現在発行されているクーポンを利用することで、自動でたまっていきます。

原則、こちらのクーポンは有効期限がありませんので、食べたいときに利用できるというメリットもあります。

スタンプのため方について注意点です。
丸亀製麺アプリのスタンプは、いわば来店スタンプと同じようなもの。そのためレシートのQRコードの読み取り、もしくはクーポン利用が対象なので、両方使ったからといって2つスタンプがたまるわけではありません。あくまでも1来店に1つスタンプがたまる仕組みです。

その3:毎月届くおとくなクーポン

アプリをダウンロードしている人だけの特典として、おとくなクーポンが毎月配信されます。

どのクーポンが届くかはお楽しみ。お目当てのメニューがおとくに食べられるチャンスです。

その4:レシートのQRコード読み取りでクーポンがもらえる

会計後にもらうレシートにはQRコードが掲載されています。こちらのQRコードを読み取ると、クーポンがもらえます。

どのクーポンになるかはわかりませんが、次回に使えるので、来店するたびにクーポンを取得できます。

その5:招待コードをシェアしてクーポンがもらえる

アプリの設定機能のなかに「招待コード」という項目があります。こちらのコードを友達にシェアすることで、招待した人にクーポンをプレゼント。

友達もおとくに食べられ、招待した人もクーポンをもらえ、お互いWinWinですね。

丸亀製麺アプリの設定と使い方

丸亀製麺アプリは、年齢問わずとても使いやすいのが特徴です。フル活用すれば、たくさんクーポンを取得できますよ。

本記事の検証環境は、下記の通りです。

■検証環境
・Xperia XZ1 compact(Androidバージョン:9)
・丸亀製麺アプリバージョン:4.1.5

Google Playからアプリをダウンロード

まずはGoogle Playから「丸亀製麺アプリ」をダウンロードしましょう。

丸亀製麺
「丸亀製麺」アプリ
提供元:Toridoll. Corporation
初期設定をする
  1. ダウンロードできたら、アプリを起動させてください。
  2. 最初にアプリの説明が表示するので読み進めて下さい。
  3. 「新規会員としてはじめる」をタップ。アカウントをお持ちの場合は「アカウントを引き継ぐ」をタップして下さい。
  4. アンケートに回答します(丸亀製麺への来店頻度について)。答えたくない場合はスキップする事もできます。
  5. 会員登録の画面が表示します。こちらもスキップ可能です。
丸亀製麺アプリチュートリアル

クーポンをゲットしよう

アプリ画面下にある「クーポン」をタップすると、次のような画面に切り替わります。

クーポン選択画面

クーポンにはそれぞれ有効期限が設けられています。使いたいクーポンが見つかったら、該当のクーポンの「クーポンを使う」をタップしてください。するとQRコードが表示されます。

会計時クーポン画面

会計のときに、このクーポンを表示さすことで割引、または該当商品を無料でいただくことが可能です。

クーポンは1人に付き1クーポンまでしか利用できません。お連れ様がおられる場合は、それぞれアプリのクーポンを所持していないといけません。

会計が終わったらスタンプを獲得しよう

アプリ画面右上の「スタンプ」をタップしてください。こちらはスタンプカードの役割を果たし、来店するごとにスタンプをためられます。

スタンプ画面

スタンプのため方は、会計後にもらうレシートのQRコードを読み込みます。すると翌日にスタンプが反映します。10個たまると、おとくなクーポンに交換できます。

このレシートのQRコードには有効期限を設けています。レシート発行日から7日間。それ以降は無効となりますので、注意してください。

これ以外にも、店舗にてクーポンを利用した場合もスタンプはたまります。ただし重複ではたまりません。

QRコードの読み込み方法

スタンプをためるためにQRコードを読み込みますが、この方法もとても簡単。
アプリ画面下の「スキャン」をタップしましょう。

レシートスキャン

自動でQRコード読み込み画面に切り替わるので、レシートに記載されてあるQRコードをかざすだけで、読み込みは完了します。

万が一、画面が白くQRコードをかざせない場合は、カメラ機能がOFFになっている可能性があります。アプリの権限でカメラをONに切り替えれば、読み込みできます。

友達に招待コードを送る

先ほどメリットの部分でもお伝えしましたが、友達に招待コードを送ることでクーポンをもらうことができます。

アプリ右上のその他をタップしましょう。

その他設定画面

次に「友達を招待する」をタップします。

招待コード画面

すると、招待コードが表示された画面になります。
その後は、シェアをタップしTwitterやメールなどで友達にシェアしてください。

ちなみに、シェアした後もらえるクーポンも確認できます。
シェアボタン下の「いまもらえるクーポンはこちら」をタップしましょう。

招待時のクーポン

私が確認したときは、「お好きなうどん一品限り100円引」のクーポンが表示されました。
画面にもあるように、有効期限はクーポン取得から45日間です。

このクーポンが使えるタイミングは、招待した友達が丸亀製麺アプリ内で招待コードを入力したとき。単に招待コードを送信しただけではもらえませんので、注意してください。

クーポン利用日に注意!毎月1日はすべてのクーポンの利用が不可

丸亀製麺では、毎月1日を「釜揚げうどんの日」に設定しています。この日は、人気商品である釜揚げうどんがクーポンを利用しなくても半額で食べられます。

よって毎月1日は、アプリ内にあるすべてのクーポンの利用が不可。たとえサイドメニューであっても利用できません。

毎月1日は、おとくに釜揚げうどんを食べ、他の日にうまくクーポンを利用しましょう。

機種変更するときは必ずアカウント引き継ぎ設定をする

機種変更するときは、アカウントの引き継ぎ設定は忘れずに行いましょう。こちらを忘れてしまうと、今までためたスタンプはもちろん、クーポンも消滅してしまいます。

①アプリ右上の「その他」をタップ

②機種変更コード発行をタップ

その他設定画面

③任意の4桁の数字(パスコード)を入力

機種変更コード発行

④発行をクリック

機種変更コード発行する

ここまで行ったら、新しい機種で再度「丸亀製麺アプリ」をダウンロードします。

初期画面で「新規登録」もしくは「アカウント引き継ぎ」を聞いてきますので、アカウント引き継ぎを選択し、先ほど入力したパスコード4桁を入力して完了です。

丸亀製麺アプリはクーポンを使えばおとくに食べられる

丸亀製麺アプリは、とにかくクーポンがたくさん発行されるおとくなアプリです。丸亀製麺ファンはもちろん、たまにしか利用しない人でも常におとくに食べられるチャンス。

無料アプリなのでダウンロードしておいて損はありません。ぜひ一度、丸亀製麺アプリを試してみてください。