Galaxy S20のスペック・発売日・価格を解説!S20+やS20 ultra、AQUOS R5Gとの比較も!

最新機種情報

2020年2月11日(米国時間)に発表されたGalaxy S20。

最先端のカメラや5G対応などの充実したスペックで、早くも話題となっています。

今回は、そんなGalaxy S20の特徴やスペックを、詳しくご紹介します。日本での発売日やキャリアについても言及しますので、ぜひ購入の参考にしてみてください。

Galaxy S20の特徴

まずは、Galaxy S20の特徴を解説します。

最先端のカメラ

Galaxy S20シリーズは、無印のGalaxy S20で3つのカメラを備えており、ズームや暗い場所での撮影に今まで以上に強くなりました。

画素数も最大6,400万画素とかなり高レベルです。

動画は8K

Galaxy S20では、なんと8Kの動画が撮影できるようになりました。もちろん、AIによる手振れ補正も完備。

さらに撮影した8Kビデオから、3,300万画素の静止画を取り出すことも可能です。

5G対応

Galaxy S20も含めた3モデルは、全て5G対応であることが大々的に発表されています。一部地域では4G LTE版も発売されますが、メインは5G版と考えて問題ないでしょう。

日本においても、5G版が発売される可能性が高いものと思われます。5G対応のAndroidを待っていた方にとっては、まさに待望の機種といえそうです。

Galaxy S20シリーズのスペック

つづいて、Galaxy S20のスペックを解説します。

Galaxy S20シリーズには、無印/+/ultraの3モデルがあり、後者ほどハイスペックかつ画面の大きいモデルとなっています。違いが分かりやすいよう、スペック表にまとめました。

他社製品との比較の対象として、5Gで話題になったAQUOS R5Gのスペックもあわせて記載しておきます。

機種名 AQUOS R5G Galaxy S20 Galaxy S20 + Galaxy S20 ultra
メーカー SHARP Samsung
ディスプレイ 6.5インチ

Pro IGZO

6.2インチ

Dynamic AMOLED

6.7インチ

Dynamic AMOLED

6.9インチ

Dynamic AMOLED

サイズ(幅×縦×厚さ) 約162×75×8.9mm 151.7×69.1×7.9mm 161.9×73.7×7.8mm 166.9×76.0×8.8mm
カラー アースブルー、ブラックレイ、オーロラホワイト コズミックグレー
クラウドブルー
クラウドピンク
コズミックブラック
コズミックグレー
クラウドブルー
コズミックブラック
コズミックグレー
重さ 約189g 163g 186g 220g
OS Android10
CPU Snapdrogon865 オクタコア 2.8GHz+1.8GHz Exynos990 オクタコア 2.7GHz+2.5GHz+2GHz
または
Snapdragon865 オクタコア 2.8GHz+2.4GHz+1.8GHz
内臓メモリ RAM:12GB
ROM:256GB
RAM:12GB
ROM:128GB
RAM:12GB
ROM:128/256/512GB
RAM:12GB(ROM512GBのみ16GB)
ROM:128/256/512GB
外部メモリ micro SD 最大1TB
アウトカメラ 4,800万画素+1,220万画素+1,220万画素+ToFカメラ  1,200万画素+1,200万画素+6,400万画素 1,200万画素+1,200万画素+6,400万画素+ToFカメラ 1,200万画素+10,800万画素+4,800万画素+ToFカメラ
インカメラ 1,640万画素 1,000万画素 4,000万画素
バッテリー容量 3,730mAh 4,000mAh 4,500mAh 5,000mAh
防水・防塵 IP68
生体認証 顔認証・指紋認証
その他の機能 8K動画撮影対応

Galaxy S20シリーズは、3モデルとも共通で、高い防水・防塵性能や有機ELディスプレイ、高性能なCPUを備えています。

3モデルの中で最もスペックの低い無印のGalaxy S20でも、ハイエンド機種と呼ぶには充分でしょう。

なお、今回記載したGalaxy S20シリーズについてのスペックは、全てSamsungのグローバル公式サイトを参照しています。日本発売時に一部スペックが変更となる可能性もありますので、あらかじめご了承ください。

Galaxy S20・S20+・S20 ultraを比較

無印/+/ultraの3モデルにおいて、最も大きな違いはカメラ性能です。無印のGalaxy S20が望遠・広角・超広角の3カメラであるのに対して、Galaxy S20+とGalaxy S20 ultraはToFレンズを追加した4カメラ。

さらに、無印のGalaxy S20とGalaxy S20+の画素数は同じですが、Galaxy S20 ultraは最大10,800万画素とふりきっています。

その他、内部ストレージやバッテリー容量などが、スペックの差となります。

AQUOS R5GとGalaxy S20を比較

AQUOS R5GとGalaxy S20を比較すると、防水・CPUなどは同程度であるものの、ROMやカメラの数ではAQUOS R5Gの方に優位性があることが分かります。

AQUOS R5Gのスペックは、どちらかというと、Galaxy S20よりもGalaxy S20+に近いものです。

Galaxy S20のスペックは、現状の5G対応機種の中では、少々控えめといえそうです。そのぶん、コストパフォーマンスに期待したいですね。

Galaxy S20・Galaxy S20+・Galaxy S20 ultra どれを買うべき?

先ほども解説したとおり、無印のGalaxy S20であってもハイエンド機種と呼ぶのに十分なスペックです。前モデルのGalaxyから買い替えるなら、無印のGalaxy S20を選んでも充分満足できるでしょう。

画面の大きさに魅力を感じるなら、カメラスペックが底上げされたGalaxy S20+もおすすめです。

振り切ったスペックのGalaxy S20 ultraは相応の価格が予想されますが、カメラを重視する方などは手を伸ばす価値があるかと思います。

3モデルとも発売されるカラーが違うので、色に注目して選ぶのも面白いかもしれません。

Galaxy S20の発売日・取り扱いキャリア

Galaxy S20は、2020年2月14日時点、まだ日本での取り扱いが発表されておらず、取り扱いキャリアもはっきりとは分かっていません。

ただし、前モデルであるGalaxy S10が2019年の5~6月に発売されていることを考えると、2020年の夏モデルとして5~6月頃に発売される可能性が高いものと思われます。

キャリアに関しては、Galaxyシリーズを積極的に発売してきたauとdocomoでの取り扱いが濃厚でしょう。Galaxy S10を発売した実績を考慮すると、楽天モバイルが取り扱う可能性も高いと思われます。

Galaxy S20の価格

Galaxy S20は、2020年2月14日時点、日本での取り扱いが発表されていないため、まだはっきりとした価格が分かっていません。

ただし、アメリカで発表された価格は999ドル、日本円では約11万円相当です。多少の変動はあるでしょうが、11万前後で購入できる可能性が高いものと思われます。

昨今のハイエンド機種は10万以上のものが多いことを考えると、5G対応で11万前後なら妥当な価格ではないでしょうか。

Galaxy S20は5G対応のハイエンド機種!続報に期待

Galaxy S20は、5G対応・高性能カメラ・8K動画と、Samsungの最先端を詰め込んだハイエンド機種です。

価格や発売日などは未定の部分が多いですが、2020年の夏モデルとして11万前後で発売されるものと思われます。

発売まで、楽しみに続報を待ちましょう!

source:Samsung Galaxy S20, S20+ & S20 Ultra